スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

Category : 徒然映画

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Comment:

死の宣告を受けた2人の男が破天荒な旅をするロード・ムービー。


タイトルからして重いテーマのストーリーかと思いきや、コメディあり、アクションあり、ドラマありのバラエティーに富んだ作品でした。


病院で検査を受けるマーチン・ブレストとルディ・ウルリツァー。健康であるかに見えたマーチンは脳に腫瘍が見つかり日々危険な状態、ルディはガン(骨肉腫)だと診断されてしまいます。


即入院させられた2人は同室となり、お互いの病名を知り意気投合。病室で見つけたテキーラを片手に塩とレモンを探しに厨房へ向かいます。


同じ頃、クラブを経営するマフィアの中ボスであるフランキーが子分のヘンクとアブドゥルに、大ボスのカーチスにベンツを渡しに行けと命令します。凸凹コンビのヘンクとアブドゥルは喧嘩しながら運転しますが、途中、少年を轢いてしまい病院に連れて行きます。


マーチンとルディはほろ酔い気分。ルディは海を見たことがないことを告白すると、マーチンは海を見に行こうとルディとともに病院から抜け出します。


ヘンクとアブドゥルのベンツを盗んで・・・。


いやぁ、面白い。こんなドイツ映画は初めて観ました。ハリウッドでリメイクしても良いくらいのキャラクターとストーリーでしたね。


自分勝手な行動ばかりするマーチンに翻弄される真面目なルディが次第にマーチンと同調していくさまが面白かったですね。「親友、仲間」と言うより「同志」と呼べる2人でした。


この2人を追いかけるヘンクとアブドゥル。しっかりしてそうでどこか抜けているヘンクと粋がってばかりのアブドゥルが大いに笑わせてくれます。


天国のドアを叩くほど死に近づいているマーチンとルディにとって恐れるものは何もありませんでした。彼らは車を盗むだけでなく、ガソリンスタンドの男を襲い3千マルクを強奪、さらに、銀行強盗で8万マルクを手にします。


さらに、盗んだ車には100万マルクが・・・。


そこで、警察が動き出します。シュナイダー警部とケリー刑事。この2人もお笑い組でしたね。


逃げるマーチンとルディ。

100万マルクを追うヘンクとアブドゥル。

強盗犯を追うシュナイダーとケリー。


凸凹コンビの壮大な追跡劇が始まります。


随所に散りばめられたコミカルなシーンがマーチンとルディの危機感をまったく与えず、テンポよくストーリーが展開していきますが、マーチンに発作が起き始めると一気に緊張感が高まります。


互いに書き留めた死ぬ前に叶えたい願い。


マーチンは良い奴でしたねぇ。それに対してルディときたら・・・でも、その願いも判らなくはないですけどね(^_^;


ラスト。


とうとうフランキー一味に捕らわれてしまったマーチンとルディでしたが、フランキーの脅しに失笑する2人・・・当たり前ですよね。


そこへ、登場する大ボスのカーチス。ここだけ、展開が飛躍し過ぎたかなぁ。なぜ、カーチスは2人を逃がしたのでしょうね。


海。


浜辺に立つマーチンとルディ。


ラストシーンからエンドロールに渡って流れるボブ・ディランの「KNOCKIN'ON HEAVEN'S DOOR」がラストシーンの余韻を残しています。


「kn-kn-knockin'on heaven's door~♪」の連呼に思わず一緒に口ずさみたくなりました。


「生」を象徴する海と「死」を待つ2人の対比・・・達成感と悲愴感が複雑に絡み合うシーンでした。



★★★★★★★★



Title:

KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR


Country:

Germany/Belgium (1997)


Cast:

(Martin Brest)TIL SCHWEIGER

(Rudi Wurlitzer)JAN JOSEF LIEFERS

(Henk - der Belgier)THIERRY VAN WERVEKE

(Abdul - der Araber)MORITZ BLEIBTREU

(Frankie 'Boy' Beluga)HUUB STAPEL

(Kommissar Schneider)LEONARD LANSINK

(Assistent Keller)RALPH HERFORTH

(Frau Brest - Martins Mutter)CORNELIA FROBOESS

(Curtiz)RUTGER HAUER


Director:

THOMAS JAHN



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

大好き~♪

きゃ~~!んもう大好きな作品です~~!
去年やっと観れた作品なのですけど、もっと早くに出逢いたかったと後悔したぐらいです(笑)
悲壮感をユーモアで包んだ、素晴らしい作品ですよね~
ラストは涙止まらなくなりました。
傑作ですね(^ー^)
主題歌自作動画記事ですが、トラバさせてくださいね♪


すごく

評価の高い作品なのに、私は実はまだ見てないんです・・。ティル・シュヴァイガーがどうも好きになれなくって・・でもひでさんのレビュー読んだら、ストーリー魅力的だし今度レンタルしてみえたくなりました~。食わず嫌いはいけませんよねぇ・ティルを見直すかもしれない?


ディランの曲

とても印象的でしたよね~。
それに「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ。雲の椅子に座って・・」という台詞もすごく印象に残りました。
島国日本だと、海を見たことない人は
少ないと思いますが、あちらではかなり行かないと見れないとなると、そういう人も結構いたりするのかな~・・と思ったりしたのを思い出しました。
銃撃戦で誰も死ななかったのも良かったです。


>じゅりさんへ

私もタイトルと評価が高いことは知っていたので
早く観たかったのですがなかなか巡り合えずにいました。

アクション映画だったとは知らなかったので、
先日、レンタル店で普段見ないアクション映画コーナーで見つけたときは、
「えっ!ここにあったの?」と驚いてしまいました(^_^;

高評価だけあって、存分に楽しめました(^-^)


>sarahoctavianさんへ

他の作品のティル・シュヴァイガーを観て
印象が悪くなったのかな?

私はこの作品がおそらく初見だと思うのですが、
まぁ、可もなく不可もなくって感じです(^_^;
でも、ラストシーンは迫真の演技でしたよ(^-^)

食わず嫌いは私も同じです(^_^;
レビューするジャンルが偏り過ぎてますよね。


>メルさんへ

そうそう、あの詩が印象に残りますよね。
なぜ、あの詩をマフィアのボスが
知っていたのかが気になってしまいましたが・・・。

なるほど。
内陸部の国だとなかなか海を観るなんてできませんよねぇ。
でも、実は私も日本の中で海に面していない県に住んでいるので、
実際に海を観た回数なんて片手で数えられるくらいだったりします(^_^;
そう考えると、彼らが海を観たときの感動も共感できるかも。

銃撃戦もありましたが、バイオレンスというより
アクション、いやコメディっぽかったところが笑えました(^-^)


こんにちは!

命だけは助けてやる・・・
(こんな脅し文句は全然怖くない。もう助からないんだから)
こう言った小ネタが面白い大好きな作品です。

海をあんな詩的に表現するなんて、
ゴツい男に似合わずステキでしたよね~★
笑って、ホロッとする粋な作品でした。
確かにドイツ映画では珍しいタイプのような気がします。


>YANさんへ

印象に残るセリフが多かったですよね。
とことん楽しませて最後に泣きをいれるなんて
ほんと、「粋」ですよね。

コメントありがとうございました(^-^)


天国では‥

「天国では海の話をするんだ」という台詞がとても好きでした。
お笑いアクションまで加わって思った以上にドタバタでしたが、二人に差し迫る死という刹那感との対比も良かったです。
TBさせてくださいね。


>PU-KOさん

カッコいいセリフですよね。
そして、それがキッカケで海を目指す2人もカッコよかったです。

中盤までドタバタ劇だった分、
ラストがグッときましたね。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆「Knockin' on Heaven's Door」◆

[[attached(1,left)]]映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』主題歌   '''ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア/ゼーリッヒ''' 末期患者を収容する病院で、同室になった二人。 脳腫瘍のマーチン(ティル・シュヴァイガー)と、骨髄腫の ルディ

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア東芝デジタルフロンティアこのアイテムの詳細を見る 余命わずかと宣告され、たまたま末期病棟の同室に入院させられたマーチン (ティル・シュヴァイガー)とルディ(ヤン・ヨーゼフ・リーファース)。二人は死ぬ前に 海を見るために病棟を抜け

ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア

{{{ 1997年(ドイツ) 監督:トーマス・ヤーン 出演:ティル・シュヴァイガー/ヤン・ヨーゼフ・リーファース/ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ    モーリッツ・ブライブトロイ/フープ・スターペル/レオナルド・ランジンク/ラルフ・ヘアフォート 【スト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。