スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースタン・プロミス

Category : 徒然映画

イースタン・プロミス


Comment:

ロンドンを拠点とするロシアン・マフィアの裏側を描いたバイオレンス。


数々の映画賞で注目されたこの作品。重厚なストーリーと世界観に引き込まれます。


ロンドンで恐れられているロシアン・マフィア「法の泥棒(ヴォリ・ヴ・ザコネ)」の一員アジムの理髪店にやはり一員であるソイカがアジムの甥エクレムに殺されてしまいます。


同じ頃、街の薬局に裸足で助けを請う少女タチアナ。妊娠していたタチアナは出血して倒れてしまいます。


トラファルガー病院。


タチアナは亡くなってしまいますが、お腹の赤子は一命を取り留めます。助産師アンナは身元不明なタチアナの所持品から日記と名刺を見つけます。ロシア語で書かれた日記は翻訳を叔父のステパンに頼み、名刺を手にして、記されているレストラン「トランス・シベリアン」へ行くのですが・・・。


雨、霧をイメージさせるロンドンだからなのでしょうか。重い作品でしたねぇ。


主役は助産師アンナではなく、「法の泥棒(ヴォリ・ヴ・ザコネ)」のボスで「トランス・シベリアン」のオーナーでもあるセミオンの息子キリルの相棒ニコライでした。


どこか影のある男ニコライ。キリルの命令は絶対服従で運転手から死体の後始末まで眉一つ動かさず坦々とこなします。しかし、ニコライには大きな秘密と密かな野望を胸に秘めていました。


描かれていませんが、きっと、ニコライは初めの頃は演じていただけなのに、キリルやセミオンの近くまで這い上がる過程で、悪の心に染まってしまったのでしょうね。


でも、善の心も忘れていませんでした。アンナとの出会いによってニコライ自身がそれに気付かされているようでした。


ニコライ役のヴィゴ・モーテンセンが迫真の演技で魅せます。彼の映画と言っても過言ではないくらいの存在感を放っています。特に「法の泥棒(ヴォリ・ヴ・ザコネ)」の一員になるための儀式やサウナでの乱闘シーンなどは圧巻ですね。


サウナでの乱闘シーンは全裸であそこまで描いていいのかというくらいの死闘でした。ナイフで切られた肌に戦慄が走ります。


ニコライが気になる女性アンナは、相手がマフィアであることが判っていたのに、なぜあそこまで強気でいられたのかが少し説得力に欠けていたようにも感じましたが、流産の経験からあの赤子を我が子のように思っていたのかなぁ。


アンナ役にはナオミ・ワッツ。う~ん、ちょっと配役ミスだったような気が・・・。無名でもいいからロシア人女優のほうが良かったかなぁ。ちなみに、今回は一度も絶叫していません(^_^;


ニコライに無理な命令ばかりするキリル役にはヴァンサン・カッセル。「エリザベス」でもそうでしたが、彼はキリルのようなダメダメな男がよく似合いますね。


ニコライは完全にキリルを手玉に取っていましたね。セミオンもキリルよりニコライを信用しているようでしたし・・・。でも、キリルも自分がニコライより劣っていると判っていたから嫉妬し、無理な命令ばかり下しますが、その反面、憧れを抱き愛するようになっていたのでしょうね。


監督はデヴィッド・クローネンバーグ。ホラーのイメージが強い監督だったので、ちょっと意外でしたね。


ラスト。


警察も絡んだマフィアでの骨肉の争いのシーンかと思いきや、良い意味で、期待を裏切るラストシーンでしたね。あのラストから察するに、キリルとニコライがセミオンを殺してボスになったのかなぁ。


また、あの赤子は正規の手続きでアンナの子になったようには思えないのですが・・・。


目的を達成するために手段を選ばないのは、ニコライだけでなくアンナもそうだったということなのでしょうか。似た者同士の2人だったからこそ、お互いに意思疎通できたのかもしれませんね。



★★★★★★★★☆☆



Title:

EASTERN PROMISES


Country:

UK/Canada/USA (2007)


Cast:

(Nikolai)VIGGO MORTENSEN

(Anna)NAOMI WATTS

(Kirill)VINCENT CASSEL

(Semyon)ARMIN MUELLER-STAHL

(Stepan)JERZY SKOLIMOWSKI

(Helen)SINÉAD CUSACK

(Azim)MINA E. MINA

(Ekrem)JOSEF ALTIN

(Soyka)ALEKSANDAR MIKIC

(Tatiana)SARAH-JEANNE LABROSSE

(Tatiana (voice))TATIANA MASLANY


Director:

DAVID CRONENBERG



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

遅くなりましたが

新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

この映画はヴィゴの熱演がほんとに迫力ありましたね~。サウナのシーンはとても印象に残っています。
暗という言葉が似合う映画で、裏社会の沈んだ怖さが出ているなーと思いました。


>saryaさんへ

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します(^-^)

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」でのダニエル=デイ・ルイスも存在感がありましたが、
この作品のヴィゴ・モーテンセンも負けていませんでしたね。

オスカーにノミネートしただけのことはあります。


同感

ひでさん、こんにちは!
私も、ラストの解釈はひでさんと似ています。
ロンドンの王の座を狙っていたような発言をしていたから、
セミオンを殺したか警察に逮捕させたかは分かりませんが、
新ボスの座に就いたと思います。
普通の世界の人間でいようと思うなら、
ボスを逮捕させて組織を壊滅させるだけでいいはずですよね。
でも、ニコライは権力や富の魅力に捉われたんだと思います。

アンナの事は、ちょっと違う感じ方で、
ボスがいなくなったせいで、伯父も戻ってこれたし、
赤ちゃんも養子として迎えたんじゃないかな・・・と。
一途だったけど、したたかな女性には見えなかったです。
なんて、いろいろ語り合える作品ですね~(^^)
TBもトライしてみます。


>YANさんへ

ニコライはどっぷりとマフィアの世界に浸かってしまいましたね。

アンナは普通の女性に見えなかったんですよねぇ。
普通の女性ならまずマフィアのアジトに単身で
乗り込むことなんてしませんしね。
病院で亡くなった人の遺品を盗んだりもしていたし・・・。
一途というより執着に近いものを感じました。

TBできませんでした?
承認制は解除しましたので、
成功したらすぐに反映されます。
何度かチャレンジしてみてくださいね。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。