スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・アイデンティティー

Category : 徒然映画

ボーン・アイデンティティー


Comment:

記憶を失った男が追っ手を振り払いながら真実へと近づいていくアクション大作。


「ボーン・シリーズ」の第一作。「ジェイソン・ボーン」という新たなヒーロー像が生まれた作品です。


マルセイユの南100キロ地点の地中海。大荒れの海に浮かぶ1人の男。漁船の漁師たちに助けれられたその男の背中には、弾痕とマイクロカプセルが埋め込められていました。


さらに、目が覚めた男は自分のことだけが思い出せませんでした。記憶喪失になってしまった男はマイクロカプセルの情報からスイスの銀行へと向かいます。


チューリヒ相互銀行の貸し金庫を開けると、そこには自分の写真が貼られた合衆国発行のパスポートが・・・。


「ジェイソン・ボーン」


それが、自分の名前だと知り、さらに他の情報を探ろうとすると、なんと、他の国で発行された違う名前のパスポートが・・・。さらに拳銃まで・・・。


理由がわからないボーンは、パスポートの住所からパリへ向かおうとするのですが・・・。


序盤は謎だらけで始まりますが、アクションシーンが魅せますね。慌てることなく物事に対処しながら難なく逃げてしまうボーン。しかし、記憶がない彼がそこまでできるのは、無意識に身体が反応してしまうからなのでしょうか。只者ではないボーンの秘密に期待が高まります。


ボーンはパリへ行くためにお金に困っていた女性マリーに、車でパリまで連れて行ってくれたら2万ドル払うと取引します。


マリーは取引に応じますが、ここはちょっと強引でしたかね。いくら何でも、普通、断るでしょ。まぁ、旅好き?放浪好き?なマリーという設定でしたからOKなのでしょうか(^_^;


2人でパリへ向かうのですが、2人を追うCIAの魔の手が・・・。CIAがなぜボーンを追うのか・・・それが判らないまま進むので、CIAとボーンのどちらが悪者なのかにも興味が注がれます。そして、ボーンは苦悩し、マリーも判らぬまま次第に巻き込まれてしまいます。


しかし、CIAの情報網はすごいですね。情報捜査がこの作品のみどころの1つでもありますね。


さらに、アクションシーンも凄いです。ボーンと同じ動きで襲い掛かる殺し屋たちとの死闘には躍動感がありました。


もう1つ、見所なのがカーチェイス。フランスの市街地でのカーチェイスは迫力満点でしたね。


ボーン役にはマット・デイモン。他の作品より何倍もカッコいいですね。頭脳派と行動派の両面を持つボーンにピッタリでした。


ラスト。


なぜ、瀕死の状態で地中海に浮かんでいたのか。

なぜ、CIAから追われるのか。


そして、そこに隠されたキーワード「トレッドストーン」とは?


アクション、カーチェイス、そして、謎。


テンポある展開でアクション映画のすべての要素が活きている作品です。



★★★★★★★★☆☆



Title:

THE BOURNE IDENTITY


Country:

USA/Germany/Czech Republic (2002)


Cast:

(Jason Bourne)MATT DAMON

(Marie)FRANKA POTENTE

(Conklin)CHRIS COOPER

(The Professor)CLIVE OWEN

(Ward Abbott)BRIAN COX

(Wombosi)ADEWALE AKINNUOYE-AGBAJE

(Zorn)GABRIEL MANN

(Nicolette)JULIA STILES


Director:

DOUG LIMAN



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。