スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Category : 徒然映画

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国


Comment:

考古学者インディ・ジョーンズの冒険を描いたアクション・アドベンチャー。


なんと19年ぶりの製作されたインディ・シリーズの第4弾は、インディも18年の年齢を重ねた設定で始まります。


もう、観る前からハリソン・フォードはまだアクションできるのか?という心配が頭をよぎっていたのですが、そんな心配は杞憂に終わりました。


オープニングでの登場シーンに「よっ!待ってましたっ!」と誰もが思ったことでしょうね。


帽子と影の演出がニクイですねぇ。


1957年、ネバダ州。軍の兵器実験基地をロシアの秘密組織KGBが襲撃します。その組織の捕虜となっていたインディと相棒のマック。ロシアの女性士官イリーナ・スパルコ大佐はインディに「クリスタル・スカル」の保管場所を聞き出そうとしていました。


頭の尖ったクリスタルの頭蓋骨。明らかに人間のそれとは異なる神秘な頭蓋骨には伝説がありました。


その頭蓋骨を「アケトー(=エルドラド)」の神殿へ祀ると力を得ることができるというものでした。


はたして、クリスタル・スカルは誰の手に。そして、伝説の真実は・・・。


まず、印象に残ったのが、時代設定でした。当時のファッション、スタイルをアピールしているシーンが多かったですね。これは、制作総指揮であるジョージ・ルーカス監督の「アメリカン・グラフティ」を彷彿とさせます。


インディの前に現れる少年マットのクシでリーゼントを決める姿も昔ならではでしたね。


インディとマットの関係にはちょっと驚きでしたが、これは続編への伏線になるのでしょうか。マットを演じたスティーヴン・スピルバーグ監督の秘蔵っ子シャイア・ラブーフ。恵まれてますねぇ。


今回の悪役イリーナを演じたのはケイト・ブランシェット。ロシア人に見えてしまうから不思議です。彼女は何でも演じられるというか化けることができますよね。


さらに、インディの前に懐かしい女性が。マリオン役のカレン・アレン。シマッタ・・・。「レイダース」を再見しておくべきだったと後悔してしまいました(T_T)


彼らのキャラクターの個性がそれぞれ際立っていて、リズム感ある言葉の掛け合いにインディ・シリーズらしさは何も変わってなかったことが微笑ましくもありました。


さらに、アクションシーンが豊富に描かれていたこともうれしかったですね。密林でのインディ・チームとイレーナの激しい攻防は見応えタップリです。これがないと「インディ」ではないですよね。シャイア・ラブーフがお猿さんに見えてしまいましたけど・・・(^_^;


ただし、ここからがなぁ・・・。


インディにUFOですか・・・。さらに宇宙人ではなく異次元人ときましたか・・・。


何だかインディのイメージと違うような・・・(^_^;


ここだけ他の展開を魅せてくれたら抜群に面白くなっていたのになぁ・・・惜しい。


それにしても、ハリソン・フォードはすごいですね。60歳を過ぎてもあそこま動けるとは。彼のインディが見れただけで満足しましょう(^_^;


ちなみに、インディ・シリーズの中では「魔宮の伝説」がマイ・ベストです(^-^)



★★★★★★☆☆☆



Title:

INDIANA JONES AND THE KINGDOM Of THE CRYSTAL SKULL


Country:

USA (2008)


Cast:

(Indiana Jones)HARRISON FORD

(Col. Dr. Irina Spalko)CATE BLANCHETT

(Marion Ravenwood)KAREN ALLEN

(Mutt Williams)SHIA LABEOUF

('Mac' George Michale)RAY WINSTONE

(Professor Harold 'Ox' Oxley)JOHN HURT

(Dean Charles Stanforth)JIM BROADBENT


Director:

STEVEN SPIELBERG



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

息子が

クリスマスプレゼントに所望しておりました、これ。私もそのうち見るつもり。ケイトブランシェットがインディー映画に出ちゃうんですもんねぇ~。あ、私は楽しいコネリーお父さんとリヴァーフェニックスの幼少時代が出てくる3作目が一番好きです。


こんにちは!

ひでさん、順調に話題の大作を鑑賞されてますね~

この作品は、SF要素以外では、
これまでのインディシリーズの雰囲気をほぼ踏襲してましたね。
SFとは、行き着く所まで行ったって事でしょうか(^▽^;)

私も断然「魔宮の伝説」がジェット・コースター感覚で好きです。
だから、女優さんもこの時の人が一番印象に残ってるんですよ。
マリオンが出てきて、そうなんだ~って少々テンションが下がりました。

ダークナイトもTBしてみたんですが、また上手く飛んでないようですね。


>sarahoctavianさんへ

ご家族でも一緒に楽しめる娯楽作品ですね(^-^)

まさかのケイト・ブランシェットでした。しかも悪役で。

リヴァー・フェニックスは亡くなられて、
ショーン・コネリーは引退して・・・(T_T)

でも、ちょっとだけサービスシーンもありましたよ(^-^)v


>YANさんへ

はい。話題作を観まくっています(^-^)

インディの雰囲気が変わらなかったのが良かったです。
でもSFまでいっちゃいましたね(^_^;
終いにはタイムトラベルとかでてきそうで怖いです(T_T)

あっ、実は私もマリオンが出てきたのかぁと・・・。
「魔宮の伝説」でのヒロイン(名前忘れてしまいました)と
少年(こちらも忘れてしまいました)も出てきてくれたらと期待してしまいました。

TBなかったですね。
う~ん。なんでだろう???
宜しければ今一度トライして頂けますか?
宜しくお願い致します。


良いお年を

マリオンの事、ひでさんも同じように感じていたんですね~
この作品に関しては、感想が見事に一致しました(^^)
TBは2~3度試したんですが、どうも飛んでませんね。。。

珍しく記事が更新されてませんが、お正月休みに入りましたか。
私もしばらくブログをお休みします。

今年は、ひでさんとたくさんの作品について
お話ができて楽しかったです。ありがとうございました。
話題作しか観てない私なので、
話し相手として物足りなかったと思いますが、(^_^;
来年もまたどうぞよろしくお願いしますね★


>YANさんへ

あけましておめでとうございます。
コメントが遅れてしまい申し訳ございません。

一日、休んでしまったら
更新が滞ってしまいました(^_^;

こんな私ですが、
今年もどうぞ宜しくお願いします。

TBやっぱり来ていないですねぇ・・・(T_T)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。