スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト

Category : 徒然映画

ダークナイト


Comment:

ゴッサム・シティから悪を滅ぼすために闘うバットマンの苦悩を描いたアクション大作。


「バッドマン ビギンズ」の続編となるこの作品。「続編のジンクス」など全く関係なく、さらにスケールアップした世界観と重厚なストーリーで観ている者を圧倒します。


特に説明する必要もないですね。やっぱりこの作品の成功の立役者は「ジョーカー」を演じたヒース・レジャーでした。オープニングでの銀行強盗のシーンから圧倒的な存在感を放っています。


人間の恐怖、狂気、憎悪を快楽に感じるジョーカーを文字通り怪演しています。


とても「ブロークバック・マウンテン」で寡黙なイニスを演じた男と同一人物だとは思えませんでした。


特殊メイクも恐怖を倍増していますが、


人を馬鹿にしたような喋り方。

相手の心を見透かしたような視線。

そして、躊躇のない卑劣な行動。


ヒース・レジャーが一挙手一投足、全身全霊で演じたからこそ、画面全体からジョーカーの怖さが伝わってきました。


このジョーカーが序盤から終盤のほぼすべてを引っ張っていきます。


バットマンことブルース・ウェイン役には前作同様、クリスチャン・ベイル。今回のバットマンも苦悩の日々が続きます。バットマンとして体力的に限界を感じ始めたブルース・ウェイン。しかし、辞めるにはゴッサム・シティを守るヒーローの存在が不可欠でした。


そこに現れた新任検事のハービー・デント。彼は「光の騎士」として、民衆から讃えられるようになります。バットマンは彼が未来のヒーローになれる人物ではとハービーに近づくのですが・・・。


ハービー・デント役にはアーロン・エッカート。彼も素晴らしい演技でしたね。特にトゥー・フェイス後はCGの効果もありますが、迫真の演技でした。


この作品は、ブルースの執事アルフレッド役のマイケル・ケインや影の科学者ルーシャス・フォックス役のモーガン・フリーマンらが出しゃばらずに、クリスチャン・ベイル、アーロン・エッカート、そして、ヒース・レジャーらが好演していたところも良かったですね。


ウェインとハービーの間で揺れるレイチェル役には前作のケイティ・ホームズからマギー・ギレンホールへ。照明のせいなのか、ちょっと老けて見えてしまったのは気のせいでしょうか。彼女、もっと可愛いはずなのにね・・・(^_^;


バットマンを唯一信頼する刑事ジム役は前作同様、ゲイリー・オールドマン。今回は前作より活躍していましたね。でも、彼が正義感のある真面目な男を演じているのには、どうしても違和感を覚えてしまいます。眼鏡と髭だけで、人ってあんなに変われるものですかね(^_^;


あと、バットマンが登場するシーンで、やはり前作同様、キリアン・マーフィが演じる「スケアクロウ」も登場していましたね。でも、ほとんどカメオ的な出演でしたが(^_^;


ラスト。


終盤でのジョーカーとバットマンの一騎打ち。バットマンの視界がデジタル化される索敵システム?が何度も登場したので目が疲れてしまいましたが、ジョーカーはバットマンに負けたのではなく、あの2隻の船に乗船していた一般客と囚人たちに負けたのでしょうね。


闇の騎士。ダークナイト。


「ダーク」という言葉は心の闇も意味しているのでしょうか。


決して光の騎士にはなれないバットマン。ラストの決断は「ダークナイト」だからこそできる所業なのでしょうね。


正義のために悪になるバットマン。

復讐のために悪になるトゥー・フェイス。

人の心に潜む闇を悪へと導くジョーカー。


3人とも異なる意味で「ダークナイト」と呼べるのかもしれませんね。


重厚なストーリーと迫力あるアクションで三者三様の「ダークナイト」を絶妙なバランスで魅せていました。紛れもない傑作です。



★★★★★★★★★



Title:

THE DARK KNIGHT


Country:

USA (2008)


Cast:

(Bruce Wayne / Batman)CHRISTIAN BALE

(The Joker)HEATH LEDGER

(Harvey Dent / Two-Face)AARON ECKHART

(Alfred Pennyworth)MICHAEL CAINE

(Rachel Dawes)MAGGIE GYLLENHAAL

(James Gordon)GARY OLDMAN

(Lucius Fox)MORGAN FREEMAN

(Scarecrow)CILLIAN MURPHY


Director:

CHRISTOPHER NOLAN


Awards:

Los Angeles Film Critics Association Awards 2008

(LAFCA Award(Best Supporting Actor))HEATH LEDGER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

俳優が皆いい!

ヒース・レジャーは、すさまじい狂気を発していて
震えが走るほどに見事な悪役を演じ切っていましたね。
もう涙ものでしたよ~ ひでさんも高評価でうれしいです!
出演俳優全員、個性的で良かったですよね~

一般大衆は、船のシーンでは救いがあって良かったんですが、
ちょっとした出来事で変わりやすい心を見せていて
怖い存在でもありました。

三人のダークナイトというひでさんの上手い表現に、
上の画像がピッタリとハマってますね★


間違いなく傑作です!

いつも劇場に行く時間のない私なのですけど、これはどうしても劇場で観たくて、深夜上映で観てきました(爆)
DVDも予約して、届いてからも何回も観てます(←あほ?)
ヒースの怪演は圧巻でしたねぇ。ほんとに凄かった。もうこんな演技が観れないかと思うと悲しくなります。
エンドロールで彼の名前が出た時には、涙が溢れて止まらなくなりました。
他のキャストもすばらしかったですね。
脚本が深いですね~アメコミエンタメ作品の枠を超えた傑作ですね(^ー^)
トラバさせてくださいね♪


>YANさんへ

ヒース・レジャー。凄すぎです。
もちろん高評価です!!!

あの船のシーンは、
逆もありえたかもしれないですし・・・。
光と闇をテーマにしたこの作品で
観ている者たちにも考えさせられるエピソードでしたね。

3人のダークナイト。
仰るとおりでして、あのポスターを見て思いつきました(^_^;


>じゅりさんへ

劇場で観られたのですね。
大画面に映るジョーカーはさぞかし怖かったでしょうね。

でも小さな画面からでも十分すぎるほど伝わってきました。

アメコミエンタメ作品の枠を超えた傑作。
ホント、その通りですね(^-^)

TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バットマン ~ダークナイト~

【Batman:The Dark Knight Returns】 アメリカの人気コミックのバットマン、そのシリーズの最新作。 原作で最強と言われてるジョーカーとの対決。 この映画はバットマンシリーズを知らない人でも純粋に楽しめる作品になってると思いま

ダークナイト

監督:クリストファー・ノーラン 製作:チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン 脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード、ハンス・ジマー 出演者:クリスチャン・ベール、マイケル・

真相は闇に溶けて

「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!

ダークナイト

2008 アメリカ 洋画 アクション ヒーロー 作品のイメージ:カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ、ためになる 出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲーリー・オールドマン 「バットマン・ビギンズ」でクリストファー・ノーラン監督の

『ダークナイト』 やっとみました

JUGEMテーマ:洋画こんばんは、あざらしです。何人かの友人から勧められて前からみたいみたいと思ってたんですけどねお金がなくってなかなか見る機会が。でも、やっと見ましたよ、ダークナイト。めちゃ格好よかったし、面白かった。実はバットマンのシリーズの前作であるバッ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。