スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミス都へ行く

Category : 徒然映画

スミス都へ行く


Comment:

政治家にさせられてしまった青年が正義を貫き通す社会派ヒューマン・ドラマ。


社会派といっても難しい話はなく、社会や政治のことより、むしろ「勇気」や「正義」をテーマにしている作品です。


フォーリー上院議員が亡くなり、1議席空いたところからストーリーは始まります。


フォーリー議員を看取った次期大統領候補でもあるペイン議員は、地元のホッパー州知事に連絡。ホッパーはさらにテイラーに連絡します。


このテイラーという男がこの街の裏のボスであり、すべての企業を裏で掌握することができる実力者でした。もちろん、ホッパーやペインもテイラーの力無くして今の地位を築くことはできず、テイラーに刃向かうことなどできませんでした。


現在、3人はダム建設に向けての法案を通そうと必死です。


そこで、空いた1議席を自分のコマとするために、候補者選びをするホッパー州知事でしたが、子供たちからジェファーソン・スミスを推薦されます。


スミスは少年警備隊の隊長であり、少年たちのヒーローでした。新聞「ボーイ・スタッフ」を出版する経営者でもあるスミスは、先日起きた山火事の消化でも大活躍。大統領にもなれる人物だと子供たちから言われたホッパーでしたが・・・。


あんな運任せのような方法で、スミスを選んでよかったのでしょうかね(^_^;


何の相談もせず候補者を決めてしまったホッパーを罵るテイラーでしたが、ペイン議員を使ってスミスを手なずけようとします。影でそんなやり取りがあることも知らず、上院を汚す真似だけしないと高らかに誓ったスミスは、信頼するペイン議員とともに政治の都ワシントンへ行くのですが・・・。


序盤は設定こそ違えど、「オペラハット」と同じようなシチュエーションでしたね。さらに、ペイン議員の心の葛藤などは「我が家の楽園」のアンソニー・カービーのようでした。


前二作と同じテーマもある中、他の作品にはないものもありました。それは、主人公の脆さと逞しさでした。若さと呼ぶべきなのかなぁ。


今までのフランク・キャプラ監督作品の主人公は、どちらかというと、流れに任せてしまうのですがクライマックスだけはしっかりと主張するような人物像でした。


スミスも初めは流れに任せてしまうのですが、次第に自分から積極的に行動しはじめます。そして、キャンプ場の設立法案を立案し議会に提出するまでになるのですが、なんとそのキャンプ場の予定地がテイラーらのダム建設の予定地と同じ場所だったのです。


驚くペイン議員はすぐにテイラーに連絡します。そして、テイラーはスミスを失脚させようとしますが・・・。


政治の闇と現実に打ちのめされるスミス・・・。そんな彼に手を差し伸べる女性が・・・。


スミスの秘書クラリッサ・サンダースでした。彼女も初めはスミスのような田舎者に政治などできはしないとバカにしていたのですが、スミスの誠実さと熱心さに次第に心が傾いていきます。


スミス役にはジェームズ・スチュワート。情に脆いスミスにピッタリでしたね。この作品でフランク・キャプラ監督作品になくてはならない存在になったのではないでしょうか。「アメリカの良心」とまで言われる所以が彼の演技からも伝わってきます。


クラリッサ役には、またまたジーン・アーサーが。「我が家の楽園」から続けてのジェームズ・スチュワートとのコンビになりますね。新聞記者、大企業の秘書、そして政治家の秘書とキャリアのある女性の役ばかりですが、それだけフランク・キャプラ監督から信頼を得ているのでしょうね。


再び、勇気と正義を取り戻したスミスはクラリッサの助けを借りて最後の議会へと乗り込みます。


こんな議会があったら、視聴率100%とれてしまうかも・・・(^_^;


スミスの頑張りを観るべきなのですが、議長が面白かったですね。あの議長は完全に面白がっていましたからね。しかも、スミスを影で指示しているクラリッサのことまで百も承知で議会を進めていましたね。まぁ、あれだけ大声で指示すれば誰でもわかってしまうとは思いますが・・・(^_^;


最後のほうではスミスの意見より、クラリッサの意見のほうに耳を傾けていたようにも見えましたが・・・(^_^;


映画としては、議会の後の展開も観せて欲しかったなぁと思ったりしたのですが、スミスの勇気と正義が観ている者にまで力を与えるエネルギッシュなラストシーンだったので、そのまま興奮の余韻に浸れるのかもしれませんね。



★★★★★★★★★



Title:

MR. SMITH GOES TO WASHINGTON


Country:

USA (1939)


Cast:

(Jefferson Smith)JAMES STEWART

(Clarissa Saunders)JEAN ARTHUR

(Sen. Joseph Harrison Paine)CLAUDE RAINS

(Jim Taylor)EDWARD ARNOLD

(Gov. Hubert 'Happy' Hopper)GUY KIBBEE

(Diz Moore)THOMAS MITCHELL

(Chick McGann)EUGENE PALLETTE

(Ma Smith)BEULAH BONDI

(Sen. Agnew (Senate Majority Leader))H.B. WARNER

(President of the Senate)HARRY CAREY

(Susan Paine)ASTRID ALLWYN


Director:

FRANK CAPRA


Awards:

Academy Awards, USA 1940

(Oscar(Best Writing, Original Story))LEWIS R. FOSTER


New York Film Critics Circle Awards 1939

(NYFCC Award(Best Actor))JAMES STEWART



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。