スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぐない

Category : 徒然映画

つぐない


Comment:

妹の過ちによって人生を狂わされた姉と男の物語。


久しぶりに大作を観た充実感を味わえる作品に出会いました。


1935年、イングランド。良家タリス家の子女ブライオニーは想像力が豊かな13歳の少女。イメージを文章にして表現できる彼女の夢は作家になることでした。


そんなある日。部屋の窓から見える噴水に美しい姉セシーリアと使用人の青年ロビーの姿に目が留まります。2人は喧嘩しているようでした。


その日は兄リーオンが帰郷する日。リーオンは親しいロビーにディナーへの同席を命じます。ロビーはこの機会に怒らせてしまったセシーリアへの謝罪文を書くのですが、もう一通、愛を告げる恋文も勢いに任せて書いてしまいます・・・。


しかし、ここで運命を引き裂く前兆が。何とロビーは謝罪文ではなく恋文を持参してしまい、さらに自分で直接渡さず、あろうことかブライオニーに頼んでしまうのです。


気になってしまうブライオニーはもちろん中身を見てしまいます。しかし、愛を語る恋文といえど、13歳の少女には少々刺激が強すぎたようです。ブライオニーのロビーへの嫌悪感は増すばかり・・・。


そして、セシーリアとロビーが愛し合う姿を目撃してしまったブライオニーの心の中で何かが弾けてしまいます。


小さな嘘。


しかし、それは大きな過ちとなってしまいます・・・。


ブライオニーは本当に何も知らないまま嘘を付いてしまったのか。それとも、すべてを知っていて嘘を付いたのか。ここですよね。


私の考えは後者でした。


所謂、嫉妬だったのでしょう。ロビーのことが好きだったブライオニーは、セシーリアを愛するロビーが憎らしかったのでしょうね。さらに偶然、遭遇してしまったいとこのローラとリーオンの友人ポールとの情事を目の当たりにすることで、ロビーへの嫌悪感とダブってしまい心が掻き乱されれてしまったのでしょう。


と、ここまでが前半のストーリーなのですが、後半になってからは舞台や世界観もガラリと変わり、その中でセシーリア、ロビー、そして、ブライオニーはどのように生き抜いていくのかが描かれていきます。


セシーリア役にはキーラ・ナイトレイ。美しいです。華があります。彼女の美しさがこのラブストーリーに深みを与えています。


ロビー役にはジェームズ・マカヴォイ。彼は出演する作品に恵まれていますね。そして、それに応えられる確かな演技力もあるのでしょう。身分は低いけれども紳士的なロビーを好演しています。


ブライオニー役にはシアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴの3人が時代ごとに演じています。髪型とホクロ?イボ?の位置だけであそこまで似てしまうのか?って感じです(^_^;


特にロモーラ・ガライは同じ年に公開されたオゾン監督の「エンジェル」と同様、作家志望の役を演じていますが、「エンジェル」とはまた違う女性を見事に演じ分けていました。


監督はジョー・ライト。セシーリアとロビーからの視点とブライオニーからの視点を微妙に時間をずらしながら描く構成は、初めのうちは判りづらかったものの、後になって来ると良い効果を出しています。


さらに、音楽とともに鳴り響くタイプライターの音もポイントでしたね。


微妙な時間のずれとタイプライターの音が伏線となっています。


でも、その伏線より、ブライオニーから語られる真実のほうが衝撃的でしたけどね。


つぐない。


ブライオニーは生涯をかけて、引き裂いてしまったセシーリアとロビーの愛に償おうとしました。


もし、この作品を観終わって、セシーリアとロビーは幸せだったと思ったら、ブライオニーの「つぐない」は叶ったことになるのでしょうか・・・。


もしかしたら、ブライオニーの「つぐない」はセシーリアとロビーにではなく、観ている私たちに是非を問っているのかもしれませんね。


私だったら・・・・・・2人は幸せでないと思ったので、あの「つぐない」では許せないかなぁ(^_^;



★★★★★★★★



Title:

ATONEMENT


Country:

UK/France (2007)


Cast:

(Cecilia Tallis)KEIRA KNIGHTLEY

(Robbie Turner)JAMES McAVOY

(Briony Tallis - Age 13)SAOIRSE RONAN

(Briony Tallis - Age 18)ROMOLA GARAI

(Older Briony)VANESSA REDGRAVE

(Grace Turner)BRENDA BLETHYN

(Leon Tallis)PATRICK KENNEDY

(Paul Marshall)BENEDICT CUMBERBATCH

(Lola Quincey)JUNO TEMPLE

(Emily Tallis)HARRIET WALTER

(Fiona Maguire)MICHELLE DUNCAN

(Sister Drummond)GINA McKEE

(Tommy Nettle)DANIEL MAYS

(Frank Mace)NONSO ANOZIE

(Interviewer)ANTHONY MINGHELLA


Director:

JOE WRIGHT


Awards:

Academy Awards, USA 2008

(Oscar(Best Achievement in Music Written for Motion Pictures, Original Score))DARIO MARIANELLI


Golden Globes, USA 2008

(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))

(Golden Globe(Best Original Score - Motion Picture))DARIO MARIANELLI


Venice Film Festival 2007

(Prize of the Forum for Cinema and Literature)JOE WRIGHT



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

ご無沙汰してました

ひでさん、こんにちは!

ブライオニーが全てを知っていて嘘をついたとする考えは
新鮮ですね~

2人は幸せじゃないし、ブライオニーも相当苦しんだし、
みんなが不幸で気の毒でした。
彼女は最後になっても、自分では償えていないと
思っているようでしたね。
最後まで苦悩が伝わってくるようでした。

>YANさんへ

お返事が遅くなりすいませんでした。

この作品の登場人物は
みんな不幸でしたよねぇ(T_T)
ブライオニーは許せん!と思いつつ、
作品にググッとのめりこんでしまいました。

私の中ではその年のアカデミー賞作品賞だった「ノーカントリー」より
作品賞らしい作品だなぁと思っていたのですけどね^^
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歌うタイプライター

移動サーカスでテントを次々と覘いてゆくような戦場の光景。引き揚げ船の到着を待つ兵士たち。長回しが効果をあげるなか、ダンケルクの場面は幻想味に溢れている。 シアーシャ・ローナンの透明感に驚いた。彼女の少女時代を切り抜いてフィルムに焼き付けたと云う一事をもっ

つぐない

少女のやった事は許されるものじゃないと思いつつ観てましたが、 予想していたのと違ったラストでズシンと衝撃を受け、 しばらく呆然として...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。