スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上5センチの恋心

Category : 徒然映画

地上5センチの恋心


Comment:

人気作家である男性と熱烈なファンである女性の日常を描いたラブ・コメディ。


観る者をハッピーにする世界観は「大人版アメリ」のようでした。


夫に先立たれたオデット・トゥールモンドは、息子ルディと娘スー=エレンを育て上げ、昼はデパートの化粧品売り場で働き、夜は羽飾りの内職で生計を立てながら自分の人生を謳歌していました。


彼女が最もハマっているのは人気作家バルタザール・バルザン。彼の本はすべて買い揃え、その世界に浸ることが至福の喜びであるかのようです。


そんなある日。彼の新作のサイン会があると聞き、会場へと向かうのですが・・・。


メルヘン。


オデットに最も当てはまる言葉だと思います。彼女は夢やあこがれを常に抱き、自分の溢れ出す幸せを周りの人たちにも与えることができる女性なのでしょうね。


そんな彼女の想いが「アメリ」同様、特殊効果で表現されています。「地上5センチの恋心」という邦題もそこから付けられていると思うのですが、5センチなんてとんでもない。彼女の「幸せバロメータ」はどんどん上がっていきます。


また、オデットの周りにいる登場人物も実に多彩です。


人気作家バルタザールは女性にモテモテでマッチョな男ですが、心は傷つきやすいナイーブな性格の持ち主。

オデットの息子ルディは美容師でゲイ。オデットの良き相談相手でもあります。

オデットの娘スー=エレンは気性が激しく、ニートの恋人ポロを2年間も家に住まわせています。


さらに、オデットの同僚で口が軽いナディーヌ。

オデットたちが住むアパートの向かい部屋に住んでいる筋トレ好きなフィリップ。

そして、オデットにしか見えない?イエス。


その中でも彼女が憧れている人気作家バルタザールは、とあるテレビ番組で新作を酷評され人気が下降気味。繊細なバルタザールは意気消沈する中、さらに妻とその酷評した批評家が密会している場面に遭遇してしまい・・・。


そして、オデットからのファンレターを読み涙したバルタザールがとった行動とは・・・。


こんなにも個性豊かな人物が登場すると、メインキャストの影が薄くなる場合もありますが、オデット役のカトリーヌ・フロとバルタザール役のアルベール・デュポンテルは存在感を失うことなく最後まで作品を盛り上げています。


監督は小説家エリック=エマニュエル・シュミット。この作品で監督デビューだそうです。次回作も楽しみですね。


演出としては、オデットがジョセフィン・ベイカーのジャズナンバーに乗せて口ずさみ、そして、踊り出すコミカルなシーンがこの作品を象徴しているかのようでした。


オデットの幸せが広がっていくイメージ。


終盤でのオデットとルディ、スー=エレン、バルタザールと息子フランソワでのダンスシーンには自然と笑みがこぼれてしまいました。


ラスト。


オデットにしか見えないイエス。彼はオデットの清らかな心そのものだったのでしょう。彼女は無理をして嘘を付くあまり、胸が苦しくなってしまったのでしょうね。


「幸せになるには自分を受け入れること。」


バルタザールのいかにも作家らしい口説き文句が心を和ませてくれました。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

ODETTE TOULEMONDE


Country:

France/Belgium (2006)


Cast:

(Odette Toulemonde)CATHERINE FROT

(Balthazar Balsan)ALBERT DUPONTEL

(Olaf Pims)JACQUES WEBER

(L'editeur)ALAIN DOUTEY

(Nadine)CAMILLE JAPY

(Rudy)FABRICE MURGIA

(Sue Helen)NINA DRECQ

(La dame seche)JACQUELINE BIR

(Isabelle Balsan)LAURENCE D'AMELIO

(Francois)JULIEN FRISON

(Filip)ERIK BURKE

(Florence)AISSATOU DIOP

(Polo)NICOLAS BUYSSE

(Jesus)BRUNO METZGER


Director:

ERIC-EMMANUEL SCHMITT



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

オデット・トゥールモンド

わ~これみたいなぁって思ってました。大人版アメリ・・・好きかもです。エリック・エマニュエル・シュミットって、「ムッシューイブラヒム」の原作者ですよね?オマーシャリフの老人とある若者の友情。ちょっとノスタルギッシュでメルヘンチックなお話でした。


>sarahoctavianさんへ

>エリック・エマニュエル・シュミットって、「ムッシューイブラヒム」の原作者ですよね?
はい。仰るとおりです(^-^)
未見ですが、映画化もされていますよね。

>ちょっとノスタルギッシュでメルヘンチックなお話でした。
この作品も同じイメージかもしれませんね(^-^)


多彩

ほんとに彼女のまわりに入る人も多彩でしたよね~。
彼女がいろんな人を受け入れる体勢ができてたお陰?!(^^ゞ
ほんとに魅力的で人間臭い人情味のある・わかる人だなぁって思いました。

>「幸せになるには自分を受け入れること。」

そうですね~、ほんとに。
でも、あまりにもオデット、オデット、と見ていたので、彼のその重要な言葉をすでに忘れかけてましたわ(^^;;)
(やっぱり女性と男性、見るところが違うのかな^^)
良かった~、ひでさんの記事でこの言葉を読ませてもらって。
そうじゃなかったら、なんだか彼の存在が希薄になるところでした(^^;;) こういういい言葉も彼はちゃんと言ってたんですよね。

そうそう、この監督さんの次回作がとっても楽しみですね~♪
エリック=エマニュエル・シュミット・・・忘れそうだから、どっかに書いておかなくっちゃ^^


>メルさんへ

良い言葉ですよね。
自分もそうありたいと思います。

彼、結構良いこと言ってましたよ~(^_^;

オデットが入院中のときに
亡き夫を引き合いに出して告白するシーンでも
歯の浮くような口説き文句でしたが
作家である彼が言うとしっくりきてしまうので不思議です。
・・・ていうか、羨ましい・・・(^_^;


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「地上5センチの恋心」

早くに夫を亡くしたオデット(カトリーヌ・フロ)は、昼はデパートの化粧品売り場で働き、夜は 羽根飾りの内職をして2人の子どもを育てている。つつましい生活ながらも、持ち前の明るさで 楽しい毎日を送っている。そんな彼女の一番のお気に入りは寝る前に読むロマンス小説
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。