スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシードライバー

Category : 徒然映画

タクシードライバー


Comment:

タクシードライバーの男が理想とする社会を築くために狂気へと走るバイオレンス作品。


ロバート・デ・ニーロの神懸かり的な演技に戦慄が走ります。


1973年5月、ニューヨーク。海兵隊を栄誉除隊した男トラビスはタクシー会社の常勤ドライバーとして働き始めます。不眠症であるトラビスは昼夜問わず働き、また、その守備範囲も危険を顧みず貧民街であろうと走ります。


トラビスは思います。


夜の街を歩く奴らはみな悪だ・・・彼らを流す雨はいつ降るんだ。


序盤は、正義を重んじ人生を前向きに生きようとするトラビスが描かれています。それに相反するように、不眠症であるのと悲観的思想も持っているは海兵隊での過酷な日々が原因であり、それを次第に克服していくのかなぁと思っていたのですが・・・。


淡々と仕事をこなすある日のこと。トラビスは1人の美しい女性に目を留めます。次期大統領候補パランタイン議員の選挙事務所で働くベツィでした。


毎日のようにタクシーから窓越しにベツィを見つめるトラビス。ベツィもトラビスのことに気付いていました。ベツィは同僚のトムにトラビスを注意してもらいます。


それでもトラビスのベツィへの想いは募るばかり。翌日、選挙事務所へ入って行き、ベツィの仕事を手伝いたいと申し出ます。ベツィもまんざらでもない様子。今まで巡り合った男性とは異なるタイプのトラビスが気になり始めます。


そして、トラビスはベツィとデートするのですが・・・。


その夜。タクシーを走らせていると、客にあのパランタイン議員が。トラビスはパランタイン議員に腐敗しきった社会を雄弁に語ります。


パランタイン議員はトラビスの主張に同意しながらも尻込みしている様子。トラビスが思い描く社会にするのは容易ではないと返答しタクシーを降ります。


自分の中の正義を語り、気を良くしていたトラビスでしたが、突然、少女アイリスが乗り込んできました。しかし、すぐに「スポーツ」ことマシューがアイリスをタクシーから降ろしてしまいます。


そして、トラビスにクシャクシャの紙幣を渡してアイリスを連れ去ります・・・。


今まで、タクシーから覗いていた汚れきった街や人を目の当たりにしたトラビス。しかし、何もできず嵐のように過ぎ去ってしまいました。トラビスにとっては屈辱的な出来事だったのでしょう。クシャクシャの紙幣を自分のポケットにしまったのは、自分を戒めるためでもあるかのようでした。


そして、トラビスは気付き始めます。


結局、自分が目の前に現れた人はこの街の悪だったことを・・・。

自分の理想を分かち合える者などこの街には誰もいないことを・・・。


自分の理想を実現できる者など誰もいない。


なら、自らの手で理想の社会を築き上げようとトラビスは決意するのです。


トラビスの中で次第に燃え上がる狂気。トラビスにとってはその行為は「浄化」であったのでしょうね。悪からの狂気ではなく、善からの狂気。しかし、どちらからであっても狂気であることに変わりありませんでした。


トラビス役にはロバート・デ・ニーロ。狂気へと変貌していく難しい役を見事に演じています。あのモヒカン刈りにした姿は画面から観ていても近寄りがたいものがあります。


アイリス役にはジョディ・フォスター。当時13歳とは思えないほどの存在感があります。今にして思えば、彼女が主演した「ブレイブ ワン」は「現代版タクシードライバー」だったのかもしれませんね。


ベツィ役にはシビル・シェパード。NHKで放送していた「こちらブルームーン探偵社」しか知らなかったので、彼女が登場したときは、ちょっと驚き、ちょっと懐かしく思いました。


スポーツ役にはご存じハーヴェイ・カイテル。彼も若い。皺が無い。しかも髪がロング。そして、小指だけに真紅のマニキュア。デ・ニーロの相手として申し分ないですね。やってくれます。


監督は巨匠マーティン・スコセッシ。街のネオンやサックスが作品の世界観を演出していましたね。


ラスト。


トラビスは2つの浄化に挑みます。


1つは悪を消し去ることができない社会の象徴を浄化すること。

もう1つは自分が見逃してしまった悪を浄化すること。


デ・ニーロがこめかみに人差し指を当てるクライマックスには鳥肌が立ちました。


さらに、アイリスの父からの手紙にも驚愕しました。「必要悪」と呼べばいいのでしょうか。あれだけでトラビスの心が満たされたとは思えないのですが・・・。


オープニングとラストには同じ街のネオンが・・・街は何ら変わっていないことを物語っているようでした。



★★★★★★★★★



Title:

TAXI DRIVER


Country:

USA (1976)


Cast:

(Travis Bickle)ROBERT DE NIRO

(Iris)JODIE FOSTER

(Tom)ALBERT BROOKS

(Sport)HARVEY KEITEL

(Charles Palantine)LEONARD HARRIS

(Wizard)PETER BOYLE

(Betsy)CYBILL SHEPHERD


Director:

MARTIN SCORSESE


Awards:

Cannes Film Festival 1976

(Golden Palm)MARTIN SCORSESE


Los Angeles Film Critics Association Awards 1976

(LAFCA Award(Best Actor))ROBERT DE NIRO

(LAFCA Award(Best Music))BERNARD HERRMANN


National Society of Film Critics Awards, USA 1977

(NSFC Award(Best Actor))ROBERT DE NIRO

(NSFC Award(Best Director))MARTIN SCORSESE

(NSFC Award(Best Supporting Actress))JODIE FOSTER


New York Film Critics Circle Awards 1977

(NYFCC Award(Best Actor))ROBERT DE NIRO



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。