スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まわり道

Category : 徒然映画

まわり道


Comment:

作家志望の男が、自分探しの旅に出るロード・ムービー。


ヴィム・ヴェンダース監督の「ロード・ムービー三部作」の二作目です。


ドイツ北部の町。悶々とした日々を過ごす男ヴィルヘルムは、母親から旅に出ることを勧められます。作家志望であるヴィルヘルムは人間嫌い。母親はヴィルヘルムを追い詰めることで、作家に必要な不安感と憂鬱を与えようとします。


ヴィルヘルムは恋人ジャニーヌと別れ、自分を見つめ直す旅に出ますが・・・。


不思議な作品でした。主人公であるヴィルヘルムがストーリーテラーとなっているのですが、自らを一切語ろうとはしません。語るのは彼が出会う周りの人たち。


始めに乗る列車に同乗した鼻血が止まらないハーモニカ吹きの男ラエルテス。

ラエステスと同行する、何も語らない曲芸師の少女ミニョン。

ハンブルグ駅で出会う女優テレーゼ。

ボンのホテルで隣の席に座った、詩を嗜む男ベルンハルト。

そして、間違って訪れた屋敷で自殺未遂していた実業家の男。


彼らがヴィルヘルムに自らの想いをぶつけます。


ラエルテスは自らの過去を焦らしながら語ります。

ミニョンはヴィルヘルムへの恋心を態度で示します。

テレーゼはヴィルヘルムとの愛情のすれ違いにより激情に駆られます。

ベルンハルトは詩を創作する者同士、理解を深めようとします。

実業家の男は孤独について論じます。


彼らがヴィルヘルムに伝えた想いや感情は、ヴィルヘルムがこの旅で得ようとしていた答えだったのかもしれませんね。まるで、5人がヴィルヘルムの苦悩を映す鏡であるかのようでした。


ラエルテスからは過去の自分との決別を。

ミニョンからは人を知り、慕う心を。

テレーゼからは出会い、愛、そして別れ・・・揺れ動く感情を。

ベルンハルトからは作家としてあるべき姿を。

実業家の男からは孤独に耐える信念を。


彼ら5人は、これから作家となるヴィルヘルムに足りない作家としての決意や観察眼、忍耐などを教えていたようでした。ヴィルヘルムの旅に自然と連れ添い増えていった彼ら5人は、ヴィルヘルムの苦悩そのもの・・・ヴィルヘルムは1人で旅をしていたのと同じだったのかもしれませんね。


ヴィルヘルム役には、「都会のアリス」に引き続きリュディガー・フォグラー。苦悩する男がよく似合います。ロード・ムービーの主人公というのは能動的な人ではなく、受動的な人が主人公になることが多いなぁと思うのですが、そういう面では、彼は打って付けのキャラクターですね。


あと、ミニョン役にはナスターシャ・キンスキー。デビュー作だそうです。セリフのないミステリアスな少女を演じています。


ラスト。


最終目的地は、ドイツ南部のバイエルン州とオーストリア北部のチロル州との国境にあるツークシュピッツェ峰でした。ここでヴィルヘルムが出した答えは決して無駄ではないはずです。


今回の旅に彼ら5人は必要不可欠。


人生、まわり道があって当然。近道を知っている人、真っ直ぐな道を歩いている人などいるわけないのだから・・・。まわり道があるからこそ、さまざまな経験を得て、人に深みが増していくのではないでしょうか。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

FALSCHE BEWEGUNG


Country:

West Germany (1975)


Cast:

(Wilhelm)RUDIGER VOGLER

(Laertes)HANS CHRISTIAN BLECH

(Therese Farner)HANNA SCHYGULLA

(Mignon)NASTASSJA KINSKI

(Bernhard Landau)PETER KERN

(Industrieller/The Industrialist)IVAN DESNY

(Mutter/The Mother)MARIANNE HOPPE

(Janine)LISA KREUZER


Director:

WIM WENDERS



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

見ました

「昔のヴェンダース」ファンの夫の薦めで見ました初期ロードムービー三部作。子供がらみのせいかもしれないけど、アリスが一番好きかなぁ~私。リューディガー・フォーグラーはウェンダーズお気に入り俳優ですね・・。ナスターシャはこれが映画デビューとのこと、キラリと光るものがあったのに尻すぼみでした・・残念。
今調べて知ったんですけど、脚本はペーターハントケなんですね、これ?


渋いところで来ますねぇ~♪

ひでさんの作品選び好きです!!

私は・・ミーハーなくせに、ちょっとヘソ曲がりなので今現在人気!という作品は避けてしまうという
妙な感じで見ているのですが・・・(汗)

これは未見です!
またリストINですわ


>sarahoctavianさんへ

私はまだ「さすらい」を観ていないので何ともいえませんが、
今のところ私も「アリス」ですかね。

「昔のヴェンダース」ファンってところが面白いですね。
境界線はどの辺りなのでしょう?
都合良く古い作品から観始めたので、
どこで、作風が変わるのか楽しみです(^-^)


>Dさんへ

ヴェンダース監督作品は
かなり気になっていたので、
そろそろ観始めてみようかと
初期作品から鑑賞しています(^-^)

でも、一気に観ると勿体無いので
ちょっとずつですけどね。

人気作品も観たいのですが、
私の場合、
1週間レンタルになるまで待ってしまう
ケチケチ人間なのでした(T_T)


昔のヴェンダースって

夫にとって、パリテキサス以前アメリカの友達あたりまでだそうです。年代でみると1980年以前ってことかな?本人はもしかして、70年代のものが自分の青春と重なってノスタルギーしてるのかも・・と私は思いますが・・。そうそう、ヴェンダースの最新作Palermo Shootingが封切りになるそうです。TotenHosenのリードシンガー・カンピーノ(中々味のある男よ)主演のロードムービーだって。批評では5つ星と聞くとやっぱり気になりますね。


ワタシは

「さすらい」と「アリス」がよすぎて、ちょっとかすんでしまった作品ですが、今観ると面白いかも。
昔は「自分さがし」という便利な言葉がなかったのですが、この映画を表現するのにばっちりなことばですね(笑)
「さすらい」もぜひご覧ください。(ワタシは3部作では「さすらい」を一押しです~)


>sarahoctavianさんへ

なるほど。
もう少し、観てみないと違いが判らないのかもしれませんね。

おっ!最新作ですか!
5つ星とは期待大ですね。
情報ありがとうございました(^-^)


>manimaniさんへ

「さすらい」を観るのが楽しみになってきました。

そうですね。
「自分探し」なんて言葉は昔はなかったかも。

時代による言葉の移り変わりも面白いですね(^-^)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。