スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンス・コンチネント

Category : 徒然映画

セブンス・コンチネント


Comment:

ある一家の終末を描いた衝撃作。


ミヒャエル・ハネケ監督の長編デビュー作は、衝撃の連続でした。


1987年。夫ゲオルクは研究所員。妻アンナは眼鏡屋を弟と経営。愛娘エヴァは小学生。他愛もない日常が始まります。


1988年。まったく変わらない日常がありました。


そして、1989年・・・。


なぜ?


完全に観ている者を無視しています。


それでも、少なからず予兆はあります。


まずは妻アンナ。彼女の弟は重度のうつ病でアンナの看護なくして弟の復帰はありませんでした。しかし、今なお食事中に突然泣き出したりと完全な回復には至っていません。また、度々アンナが病院へ薬をもらいに行くシーンがあるのですが、それは弟のではなくアンナ自身の薬だったように見て取れます。


次に娘エヴァ。彼女は小学校での問題児でした。目が見えなくなったり、急にお腹が痒くなったりと嘘を付くばかり。しかし、嘘を付く理由、また、それが本当に嘘なのかどうなのかも判断できかねます。


そして、夫ゲオルク。彼がこの家族の中で一番しっかりしているようでした。でもその分、疲れた表情が多かったようにも思います。家族のこと、会社のこと、悩みは尽きなかったのではないでしょうか。


また、それ以外にも、


ガソリンスタンドでの洗車。

ラジオから流れる衝撃的なニュース。

眼鏡屋の顧客が語る少女時代。

交通事故現場の遺体。


彼らの見たもの聞いたものすべてが要因となり、終末を迎えているようにも見えますが、はたして、それらが直接的な原因だったのでしょうか・・・?


また、演出にも特徴がありました。彼らのセリフが少ないだけでなく、表情すらもあまり映しません。


映るのは「物」でした。


テーブルに運ばれた料理。

ラジオ。

車庫。

熱帯魚の水槽。

目覚まし時計。

電話。

テレビ。


この作品は「人」ではなく「物」が主役であるかのごとく映し出されます。


そして、「破壊」。


一見、幸せそうに見えるこの家族にいったい何が起こったのでしょうか。


ミヒャエル・ハネケ監督は、この作品について、このように語ります。


「3年と1日の間に何が起こったのか。」

「解答は観ている者に委ねる。」


「説明は・・・卑小化する。行為の持つ力を。」


「行為」というのは「破壊」のことなのでしょうね。確かに、あの「破壊」を説明されたら、これほどの衝撃は受けなかったかもしれません。


無知であることの不安や恐怖。


この作品を観た率直な感想です。


「セブンス・コンチネント」とは「第七の大陸」・・・それは地球上には存在しない大陸です。


誰からも確認されない・・・存在しない家族。


初めは彼らの辿り着いた場所が「セブンス・コンチネント」なのかと思いましたが、実は、彼らの家、彼ら家族そのものが「セブンス・コンチネント」だったのかもしれませんね。



★★★★★★★★



Title:

SIEBENTE KONTINENT, DER


Country:

Austria (1989)


Cast:

(Georg)DIETER BERNER

(Anna)BIRGIT DOLL

(Eva)LENI TANZER

(Alexander)UDO SAMEL


Director:

MICHAEL HANEKE



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。