スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

Category : 徒然映画

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ


Comment:

プロを目指すバンド「レニングラード・カウボーイズ」の珍道中を描くロード・ムービー。


アキ・カウリスマキ監督が届ける、大爆笑というより笑みがこぼれる笑いを誘うユーモアたっぷりの作品です。


極寒のツンドラ地帯。無人の荒野かと思われたその土地にひっそりと暮らす人々。そこで暮らす人々は皆、頭を尖がったリーゼントで固め、これまた尖がった靴を履いていました。


若者たちは「レニングラード・カウボーイズ」というバンドを結成し、プロを目指すため、マネージャーであるウラジミールがプロモーターを呼び寄せます。


しかし、あまりにひどい演奏・・・。プロモーターは「アメリカへ行けば何とかなるだろう。」とマンハッタンにいるいとこの連絡先を教えます。


早速、連絡するウラジミールはアポイントを取り、レンニングラード・カウボーイズを引き連れニューヨークへと旅立ちます。


しかし、マンハッタンでも「君らの音楽は古臭い。」「今の流行はロックン・ロールだ。」と酷評されてしまいます。それでも、仕事を貰うことができました。


その仕事とは、そのプロモーターのいとこの結婚式での演奏でした。


さらに、その場所は・・・なんとメキシコだったのです。


ウラジミールとレニングラード・カウボーイズの珍道中が始まるのですが・・・。


まず目を引くのが彼らの出で立ちでしょうね。曲げることができないカチカチのリーゼント。タイヤをパンクさせる尖った靴。これが、彼らだけでなく、マネージャーのウラジミールや村の老人、さらにはペットの犬までリーゼント。画面には映りませんでしたが、赤ん坊もきっとリーゼントなのでしょうね。


なぜなら、リーゼントでなければ、彼らの仲間にはなれないから。


彼らの仲間になりたい男イゴールは、彼らがニューヨークへ行くときに、ついて来るなとボコボコにされてしまいます。彼は残念ながらリーゼントにできない理由があるのですが・・・それは見れば一目瞭然です(^_^;


それでもレニングラード・カウボーイズに憧れるイゴールは密かに追い続けるのですが・・・。


同じ仲間同士でもウラジミールとレニングラード・カウボーイズの関係は微妙でしたね。ウラジミールの命令にただただ従うレニングラード・カウボーイズたち。ウラジミールがいなければ、何もできない彼らでしたから仕方ないのですが、犬よりひもじい思いをさせられてしまいます(T_T)


「ウラジミール=民主主義」という設定らしいのですが、どちらかというと「独裁主義」っぽく見えてしまいます(^_^;


それでも、忠実に従う彼らには「ウラジミールを信じて選んだのだから」という信念があったのでしょうね。ウラジミールは「民主主義の中の独裁者」なのでしょう。はじめはロシア民謡を取り入れたスカ・バンドだったはずなのに、ロックン・ロール、カントリーと、行く先々で多様な音楽を取り入れることを強制させらてしまいます。


でも、彼らも人間。沈黙の中でも我慢のボルテージは限界へ・・・。


アキ・カウリスマキ監督の「敗者三部作」で随所に見られる独特の「間」も、この作品の頃からでも見受けられます。でも、それよりこの作品に関しては音楽でしょう。「サイテー」「ヒドイ」と酷評される彼らの音楽は聴いていて楽しくなります。決して酷くはないと思うのですが。


実際、元々プロだった彼らは、この作品以降「レニングラード・カウボーイズ」と改名して活動しています。


ラスト。


ウラジミールの目的はいったい何だったのでしょうね。あの微笑みは「自分の役目は果たした」という満足感からなのでしょうか。


ウラジミールは、独裁者ではなく、彼らの夢を叶える神の使いだったのかもしれませんね。


続編でもある「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」も観たくなりました。



★★★★★★★★



Title:

LENINGRAD COWBOYS GO AMERICA


Country:

Finland/Sweden (1989)


Cast:

(Vladimir(Manager))MATTI PELLONPAA

(Igor(Village Idiot))KARI VAANANEN

(The Leningrad Cowboys)SAKKE JARVENPAA

(The Leningrad Cowboys)HEIKKI KESKINEN

(The Leningrad Cowboys)PIMME KORHONEN

(The Leningrad Cowboys)SAKARI KUOSMANEN

(The Leningrad Cowboys)PUKA OINONEN

(The Leningrad Cowboys)SILU SEPPALA

(The Leningrad Cowboys)MAURI SUMEN

(The Leningrad Cowboys)MATO VALTONEN

(The Leningrad Cowboys)PEKKA VIRTANEN

(Lost Cousin)NICKY TESCO


Director:

AKI KAURISMAKI



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

いいですねぇ~

アキ・カウリスマキ監督作品
最近観ていませんでした・・・

そろそろ観たくなってきたところです


>Dさんへ

VHSでしたけど、やっと観れました。
やっぱりアキ・カウリスマキ監督作品は良いですねぇ。
探した甲斐がありました(^-^)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。