スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この道は母へとつづく

Category : 徒然映画

この道は母へとつづく


Commnet:

孤児院で暮らす少年が実母を探す旅に出る感動作。


厳しい現実の中で生きる純真無垢な少年の姿に目頭が熱くなります。


極寒のロシア。辺境の地にある孤児院に1組のイタリア人夫婦がやって来ます。その目的は養子となる子供を選ぶことでした。それを知ってか、孤児院の子供たちはイタリア人夫婦の周りに集まってきます。


この貧しい暮らしから抜け出せる唯一の方法が養子として引き取られることだったからです。


今回、引き取られることになった少年の名はワーニャ。この日から、皆に羨ましがられるワーニャは「イタリア人」と呼ばれるようになりました。


しかし、引き取られる前に事件が起きます。


以前、養子として出て行ったムーヒンの実母が孤児院にやって来たのです。ムーヒンの母はムーヒンを捨ててしまったことに後悔し、ムーヒンの足跡を辿り、ここまでやって来ました。


しかし、院長は無情にも突き返してしまいます。


ムーヒンの母を通して、実母の愛を知るワーニャ。次第にワーニャは養子ではなく実子として本当の母親を知りたくなるのですが・・・。


まず、驚いたのが、この作品が事実を基にしているということでした。あんな人身売買を目的としているような孤児院が本当にあるのでしょうか。そして、あまりの孤児の多さにも驚かされます。経済情勢も絡んでいるとは思いますが、あまりに無責任過ぎるのではないでしょうか?


院長やマダムのような金の亡者ばかり裕福になってしまう・・・何だかやるせないですね。


また、養子として引き取られることなく孤児院で暮らしているカリャーンをリーダーとした年長者組が威張っているのに悲しくも見えました。ワーニャが実母を捜したいということを知ったカリャーンが制裁を加えるシーンは、カリャーンの嫉妬からではなく、もしワーニャが事件を起こすようなものなら、今後の養子縁組にも影響があるかもしれないことを危惧してのことだったからかもしれません。


しかし、ワーニャの実母を捜したいという気持ちこそ子供たちのあるべき姿。


ワーニャの気持ちに賛同した年長者の少女イルカは、ワーニャに字を教え、母を探す旅を手助けします。しかし、駅でイルカは男に取り押さえられ、ワーニャは1人で列車に乗り込み旅立ちます。


ことの次第を知ったマダムは、ワーニャを捕まえるために警察の手も借りて執拗に捜索します。


はたして、ワーニャは無事、実母のもとへ辿り着けるのか・・・。


ワーニャ役にはコーリャ・スピリドノフ。幼さの中にも強い意志を持つワーニャを好演しています。たまに、演技し過ぎ感もありましたが、1つ1つの仕草が可愛かったですね。もっと彼を自然に演じさせるべきだったかなぁ。実母の家の前で髪型を整えるシーンなんて可愛らしいシーンの1つですが、実際、幼い子供があんなことするのかと思ってしまいました(^_^;


監督はアンドレイ・クラフチューク。この作品がデビュー作だそうです。今後に期待ですね。


ラスト。マダムのパートナーであるグリーシャの追跡から逃げるワーニャ。


しかし・・・。


ワーニャの命を懸けた訴えにも感動より悲しみが込み上げてきてしまいました。なぜ、こんな幼い子供にこれほどまでのつらい想いをさせなければならないのか・・・。


ラストシーンの演出は良かったですね。一番観たいであろう感動シーンをあえて入れず、もしかしたら、物足りないとさえ思ってしまうラストシーン・・・。


しかし、それは「良かったね。感動した。」だけで終わらせたくなかったからなのでしょう。


「この道は母へとつづく」という感動の物語の背景には、ロシアでの増加する孤児人口を社会問題として提起しているようでした。



★★★★★★★☆☆



Title:

ITALIANETZ


Country:

Russia (2005)


Cast:

(Vanya Solntsev)KOLYA SPIRIDONOV

(Madam)MARIYA KUZNETSOVA

(Grisha)NIKOLAI REUTOV

(Headmaster)YURI ITSKOV

(Kolyan)DENIS MOISEENKO

(Sery)SASHA SIROTKIN

(Nataha)POLINA VOROBIEVA

(Irka)OLGA SHUVALOVA

(Anton)DIMA ZEMLYANKO

(Guard)RUDOLF KULD


Director:

ANDREI KRAVCHUK


Awards:

Berlin International Film Festival 2005

(Crystal Bear - Special Mention(Best Feature Film))ANDREI KRAVCHUK

(Deutsches Kinderhilfswerk Grand Prix(Best Feature Film))ANDREI KRAVCHUK



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

ワーニャを

応援してくれた、見た目(やることも?(^^ゞ)
ちょっとワルだった先輩孤児たちが良かったです。
みんな思ってることは一緒だったんですよね~・・。やりきれないです。
こんなにたくさんの孤児がいること自体、私も驚きでしたし。

いろいろな事情、お国柄などあるんでしょうが
ラスト、ワーニャがあのままずっと幸せに暮らしてくれるといいなぁ、とつくづく思いました。
なんで彼を捨てたのか、預けざるをえなかったのかってところは映画では描かれてませんでしたが、一度はそうしちゃったわけで、お母さん、頼むからもうしないでね、とちょっと心配だったりもしました。


>メルさんへ

年長組みさんたちは
ああでもしないと生きていけなかったのでしょうね。
院長とかも見放しているようでしたし・・・。

仰るとおり、あのまま幸せでいてくれるといいなぁと思いました。
母親も今は看護士として働いているみたいですし
大丈夫・・・だと信じたいですね(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「この道は母へとつづく」

ロシア。孤児院にイタリア人夫婦が養子を求めてやって来る。裕福な家庭の養子となる ことは、孤児たちにとって唯一の希望の光。孤児院にとっても、斡旋業者から渡される 手数料は大きな魅力。そして6歳の少年ワーニャ(コーリャ・スピリドノフ)が選ばれ、手続きが 済み次第
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。