スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONCE ダブリンの街角で

Category : 徒然映画

ONCE ダブリンの街角で


Comment:

ギタリストの男とピアニストの女の人生と愛の再起を描いた音楽映画。


口コミで全米に広まり、アカデミー賞歌曲賞まで受賞した作品です。


アイルランド、ダブリン。ストリートミュージシャンの男は穴の空いたギター1本で生活していました。昼はメジャーな曲を、そして、夜は自分のオリジナル曲を。


ある日の夜。オリジナル曲を熱唱していると、1人のチェコ人の女が聞いていました。曲のこと生活のことを執拗に質問してくる女に男は何とか取り繕います。


男は父との2人暮らし。父は修理店を営んでいました。女はちょうど壊れているという掃除機を修理してほしいと、明日また会うことを約束しますが・・・。


今まで観てきたアイルランドを舞台にした作品のほとんどは、戦争、不況、ドラッグと悲壮感が漂うものばかりでした。しかし、この作品にはその悲壮感がありませんでしたね。それでも、オープニングではストリートミュージシャンの男の少ないチップを盗む男もいましたが・・・。


そんな負の要素の多いアイルランド作品になくてはならないもの・・・それが音楽だったように思います。


この作品は、その音楽だけで描かれていると言っても過言ではありません。


ストーリーは至極、明快なものです。恋に破れた男がメジャーを夢見てロンドンに行く決心を決めあぐねているとき、チェコ人の女との交流ともに決意していく・・・。


ストーリーには派手な展開もなく、坦々と日々が過ぎていきます。


しかも、彼らはあまり語りません。自分のことを語るが下手すぎるのです。そんな口ベタな彼らを代弁してくれているのが、男のギターと女のピアノ、そして、彼らの詩でした。


男の詩は元の彼女への未練や届かぬ想いを、感情を顕わに歌い上げます。

女の詩は異国の地にいる夫との愛情のすれ違いを、悲しく囁くように歌います。


そんな2人が、初めて楽器店でセッションするシーンは体の震えが止まりませんでした。男の曲に女のピアノがアレンジを加えていきます。


そして、最後には楽器店で熱唱・・・。微笑む楽器店のオーナー・・・このシーンが良いですね。


男を演じたグレン・ハンサードと女を演じたマルケタ・イルグロヴァはプロのミュージシャン。さらに、監督のジョン・カーニーもグレン・ハンサードのロックバンドの元結成メンバーだったそうです。


グレン・ハンサードの歌声は魂を揺さぶります。


ラスト。楽器店でセッションした曲は男の曲なので、元の彼女に宛てた曲であったはずなのに、ラストシーンで再び同じ曲が流れたとき、なぜか男がチェコ人の女に宛てた曲であるかのように聞こえました。


2人が歌う「Falling Slowly」は、新たな一歩を踏み出すメッセージ・・・至極の名曲です。



★★★★★★★★



Title:

ONCE


Country:

Ireland (2006)


Cast:

(Guy)GLEN HANSARD

(Girl)MARKETA IRGLOVA

(Timmy Drummer)HUGH WALSH

(Lead Guitarist)GERARD HENDRICK

(Bassist)ALAISTAIR FOLEY

(Eamon)GEOFF MINOGUE

(Guy's Dad)BILL HODNETT

(Girl's Mother)DANUSE KTRESTOVA


Director:

JOHN CARNEY


Awards:

Academy Awards, USA 2008

(Oscar(Best Achievement in Music Written for Motion Pictures, Original Song))GLEN HANSARD

(Oscar(Best Achievement in Music Written for Motion Pictures, Original Song))MARKETA IRGLOVA


Los Angeles Film Critics Association Awards 2007

(Best Music Score)GLEN HANSARD

(Best Music Score)MARKETA IRGLOVA



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

震えるくらい

楽曲が良かったです~!
言葉を補うようなあの素晴らしい音楽・歌詞の数々が、胸に響きました。

そうそう、アイルランドといえば、もう映画的には
くら~いイメージばかりが付いてまわってますが
この映画は悲壮感がありませんでしたよね。
切ないけど、温かな気持ちになれたし、これで良かった、と思えるラストでしたし。

ほんと、グレン・ハンサードの歌声は魂を揺さぶりますね~♪
また歌声を・楽曲を聞いてみたくなりました。


>メルさんへ

私もこれで良かったと思えるラストでした。
あそこで妙に2人がくっついても
何も進展しなかったと思いますしね。

でも女性の方が少し思わせぶりな態度だったかなぁ。

男性の気持ちがすごく判ります(^_^;

楽曲は最高でしたね。
久しぶりに感動する曲に出会えました(^-^)


大好きな作品です^^

この作品のタイトルを見つけて、思わず反応してしまいました(笑)
これはホントに大好きな作品です^^
「音楽映画」として傑作だと思います~
彼らが作品のために書き下ろした曲たちは、作品にはなくてはならないものでしたね。
「Falling Slowly」の自作動画記事ですが、トラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

私も大好きな作品です(^-^)
音楽だけであれほど心が揺さぶられる作品も
めずらしいですよね。

「Falling Slowly」は名曲です。


良作

ひでさん、こんにちは!
本当に音楽のメロディ・詞ともに心に響くものでしたね~

この2人は運命の人と言えるくらいセンスが合っていて、
何も障害がなければ一緒に歩いて行けたはず。
でも互いに自分が来た道をそれぞれ歩いて行くのが、
またサラッと爽やかで、胸を打ちます。
好感の持てる良い内容でしたね!

>YANさんへ

素晴らしい作品でした。
夢と現実との葛藤も丁寧に描かれていたと思います。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ONCE ダブリンの街角で (2006年・愛)

前回の映画鑑賞日記以降に観た映画を数作飛ばして…一番最近観たイチオシ作品を。予告編を見て気になっていた作品「ONCEダブリンの街角で」何が気になっていたかというと、予告編で流れる音楽(主人公二人が歌うデュエットソング)が妙に耳から離れなくて、内容そっち...

「ONCE ダブリンの街角で」

ONCE ダブリンの街角で デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 男(グレン・ハンサード)はギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。 そんな男の前に現われ、あれやこれやと話しかける花売りの若い女(マルケタ・

◆「Falling Slowly」◆

[[attached(1,left)]] 映画『ONCE ダブリンの街角で』主題歌。 アイルランド・ダブリンを舞台に描かれた本作は、 ストリートミュージシャンをしていた‘男’と、 チェコからの移民で雑誌や花を売る‘女’が、 ダブリンの街で出会い、次第に惹かれあい、 音楽を通

ONCE ダブリンの街角で

切ないけど爽やか! こういう淡い結び付きって胸キュンだわ~ 音楽の力や魅力も溢れていました。サントラ欲しい~ 監督:ジョン・カーニ...

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。