スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ・レッスン

Category : 徒然映画

ピアノ・レッスン


Comment:

口がきけない女性の愛と苦悩の日々を描いた作品。


その年の映画賞の話題をさらったホリー・ハンター主演の官能ラブ・ストーリーです。


6歳で口がきけなくなった女性エイダ。人と話す代わりにエイダはピアノを弾くことで自分を表現していました。


大人になり、娘フロラを授かります。しかし、フロラの父親とは結婚せず、未婚のままフロラを育てていました。そんなある日、エイダは父親から縁談を持ちかけられ、エイダとフロラはスコットランドから、遠いニュージーランドにいる入植者スチュアートのもとへと嫁ぎます。


自分の分身でもあるピアノとともに・・・。


しかし、スチュアートは重いピアノは運べないと、ピアノだけ海岸に置いていってしまいます。


不信感を募らせるエイダ。ギクシャクした関係のまま生活が始まります。そして、スチュアートの仕事上のパートナーで原住民のマオリ族とも親交が深いベインズが、自分の土地と海岸の放置されたピアノの交換をスチュアートに申し出ます。さらに、ベインズはエイダからピアノを教えてもらおうとするのですが・・・。


俗世間から一切隔離された密林の奥深くで起きる愛憎劇・・・神秘的ですらあります。


ベインズの言動の発端は、やっぱり海岸でピアノを演奏していたエイダを見たときからなのでしょうね。それにしても、ベインズは仕事柄もあってから取引が巧いです(^_^;


スチュアートには物々交換のついでにエイダのピアノ教師を頼ませたり、エイダには鍵盤を使っての交換条件を迫ったり・・・。


エイダとベインズのピアノ・レッスン。それは名ばかりで、ベインズの欲望を満たすだけのレッスンでした。エイダは自分のピアノを取り戻すために、黒鍵の数だけベインズの命令に従うことを決意します。


キー2つで服を脱ぎ、

キー5つで横になり、

キー10個で・・・。


エイダもはじめは嫌がる素振りを見せますが・・・。なぜ、エイダはベインズを心から愛するようになったのでしょうね。スチュアートにもその気にさせるような素振りを見せますし・・・。スチュアートが可哀想だなぁ。


スチュアートは紳士でしたね。いずれは心を開いてくれるだろうとエイダにやさしく接し、さらに、身体を弄ばれながらも手出しできず・・・欲望を抑えるのに必死だったことでしょう(^_^;


しかも、エイダとベインズの情事を知りながらですから・・・。でも、ベインズの家の床下に隠れていたシーンは笑えましたけどね(^_^;


エイダ役のホリー・ハンターが神秘的な美しさで魅せます。セリフはなく、ほとんどが手話と身振り、そして、ピアノを演奏することで自らを表現していましたが、彼女の存在感は絶大でしたね。


ベインズ役にはハーヴェイ・カイテル。やっぱり「男の中の男」ですねぇ。見事な脱ぎっぷりです(^_^;


スチュアート役のサム・ニールも好演しています。紳士だったスチュアートがみせる狂気のシーンが1つのクライマックスですね。


そして、忘れてならないのがフロラ役のアンナ・パキン。これがデビュー作でしたか。幼いながらもホリー・ハンターらに負けないくらいの存在感をアピールしています。エイダとベインズの情事を覗いてしまうシーンやスチュアートの狂気を叫びながら辞めさせるシーンなどが印象に残ります。


ラスト。


ベインズを愛するエイダ。

エイダを愛するベインズとスチュアート。


ベインズとスチュアートがエイダを奪い合う構図かと思いきや、意外と違うことに気付かされます。それは、3人が欲望を抑えることに必死だったからなのでしょう。エイダとスチュアートは夫婦であり、ベインズとスチュアートは親友であったことも足かせになっていたようでした。


ベインズとスチュアートはエイダが自分を愛してくれることを信じて待つ・・・我慢の愛でしたね。


そして、エイダは・・・今までの自分を海に捨てたかったのでしょう。今までの自分とともに・・・。



★★★★★★★☆☆



Title:

THE PIANO


Country:

Australia/New Zealand/France (1993)


Cast:

(Ada McGrath)HOLLY HUNTER

(George Baines)HARVEY KEITEL

(Alisdair Stewart)SAM NEILL

(Flora McGrath)ANNA PAQUIN


Director:

JANE CAMPION


Awards:

Academy Awards, USA 1994

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))HOLLY HUNTER

(Oscar(Best Actress in a Supporting Role))ANNA PAQUIN

(Oscar(Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen))JANE CAMPION


Cannes Film Festival 1993

(Best Actress)HOLLY HUNTER

(Golden Palm)JANE CAMPION


Golden Globes, USA 1994

(Golden Globe(Best Performance by an Actress in a Motion Picture - Drama))HOLLY HUNTER


Los Angeles Film Critics Association Awards 1993

(LAFCA Award(Best Actress))HOLLY HUNTER

(LAFCA Award(Best Cinematography))STUART DRYBURGH

(LAFCA Award(Best Director))JANE CAMPION

(LAFCA Award(Best Screenplay))JANE CAMPION

(LAFCA Award(Best Supporting Actress))ANNA PAQUIN


National Society of Film Critics Awards, USA 1994

(NSFC Award(Best Actress))HOLLY HUNTER

(NSFC Award(Best Screenplay))JANE CAMPION


New York Film Critics Circle Awards 1993

(NYFCC Award(Best Actress))HOLLY HUNTER

(NYFCC Award(Best Director))JANE CAMPION

(NYFCC Award(Best Screenplay))JANE CAMPION



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

大好きです

この作品。ニュージーランドの神秘的な大自然や音楽がまた良かったですよね。え~っとマイケル・ニューマンという作曲家でしたか。


>sarahoctavianさんへ

大自然の中のエイダとフロラ、
そしてピアノのミスマッチさが
逆に神々しくもありました。

音楽も良かったですね。

ちなみに音楽担当は、
マイケル・ナイマンという作曲家だそうです・・・今調べました(^_^;


苦手でした

ひでさん、こんばんは!
どうもこれは残念ながら好感が持てませんでした。
エイダが白くて冷たい表情で病的に見えるばかりだし、
全体に色調も暗くて、観ているこちらが病気になりそうでした。
ラストは、自分の分身であるピアノとともに・・・
というシーンで、衝撃的でしたね。

マイケル・ナイマンの音楽は美しいと思いました。


最後には

おっしゃる通り、3人とも感情を押さえてた、我慢の愛でしたよね~。
でも、最後には感情が開放された・・という感じがして、救われた・・と思いました。

これを見た頃、徐々にファンになりつつあった
ハーヴェイ・カイテルが素敵で~♪^^
今はかなりなファンになっております(^ー^* )フフ♪

そうそう、それにアンナ・パキンですよね~!
そうか、これがデビュー作だったのか、とこの映画を見たとき知ったんですが、その後の活躍がわかる、という子供ながらに素晴らしい演技でしたよね。彼女はこの映画で結構重要な役回りでしたし。

かなり印象に残る、いい映画でした。


>YANさんへ

エイダは口がきけず
部屋でピアノを弾いてばかりの生活だったから
肌が青白かったのでしょうね。

それが大自然の対比で
さらに病的にみせてしまったのかもしれませんね。


>メルさんへ

ハーヴェイ・カイテルは
どの作品でも印象に残りますよね。

ベインズはエイダを奪うのかなぁと思っていたので
ちょっと意外な展開でした。
スチュアートだけでなくベインズも紳士でしたね。

アンナ・パキンは子役から見事に大人の女優になりましたよね。

自然と文化と愛情が交錯する不思議な作品でした。


衝撃的作品

公開当時に観たのですが、その頃はまだ若かった事もあって
かなり衝撃的な作品でもありました。
いろんな意味でやるせないお話で・・・。

私はエイダの夫のスチュアートには、まるで共感できなかったんですよね。
可哀相といえば可哀相だったんですが
立場的には一番強いわけだし。
ああいう屈折した愛情は、やはり苦手です・・・。


>エイガリアンさんへ

もちろん、家に閉じ込めたり、
斧で・・・は共感できませんよ(^_^;

ピアノを運ばなかっただけで
嫌われてしまったことが可哀そうだなぁと・・・。

エイダ=ピアノという解釈なんて知る由もないわけですしね・・・。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ピアノ・レッスン」

ピアノ・レッスン紀伊國屋書店このアイテムの詳細を見る 19世紀の半ば、スコットランドからニュージーランドへ写真結婚で嫁ぐエイダ(ホリー・ハンター)。 旅は娘のフロラ(アンナ・パキン)と一台のピアノと一緒。エイダは6歳の時から口がきけなく、 ピアノが彼女の言葉
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。