スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4分間のピアニスト

Category : 徒然映画

4分間のピアニスト


Comment:

天才ピアニストの女囚と女性ピアノ教師の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。


心に突き刺さるというより、砕かれるような攻撃的な作品でした。


ルッカウ刑務所に足げに通う初老の女性クリューガー。若かりし頃、天才ピアニストと謳われた彼女でしたが、なぜか、この刑務所に固執し、囚人や刑務官たちにピアノを教えていました。


しかし、クリューガーを快く思わない刑務所長や職員たち・・・。ただでさえ経費がかかる上に、生徒数が少ないことも悩みの種になっていました。


今回、教える生徒は囚人が4人。しかし、1人が自殺したため3人になり、あとは唯一クリューガーを師として慕う刑務官のミュッツェだけでした。


ピアノなど触ったこともないような囚人たちに教えるクリューガーでしたが、最後の生徒ジェニーだけは違いました。


ジェニーにはピアニストとしての天性の素質があったのです。クリューガーはジェニーを鍛えてコンクールに出場させようとしますが・・・。


まぁ、ジェニーのキレまくりには驚かされました(^_^;


ミュッツェを半殺しにしたり、病院の窓から身投げしようとしたり・・・。彼女には守るものが何もないからなのでしょうね。自分自身すら守ろうとしていないのが、同じ囚人に対する態度にも表れていたような気がします。


でも、彼女にも守るものができました。それはピアノ。ピアノこそ自分を表現できる唯一の存在だったのではないでしょうか。そのピアノを弾くためにはクリューガーとのレッスンを受ける必要があり、さらに、クリューガーからの4つの規則を守らなければなりませんでした。


今までのジェニーであれば、守るはずもない規則でしたが、ピアノを弾くためにジェニーは承諾します。


一方、クリューガーはジェニーに何を見ていたのでしょうか。クリューガーが言うように、ジェニーへの個人的な関心は微塵もなかったように思います。


ジェニーが奏でるピアノの旋律。


それを聞くためだけにジェニーのレッスンを引き受けていたように感じました。ジェニーのピアノを聞くと、過去の自分が甦り、そして、愛するハンナに出会えると・・・。もしかしたら、ピアノの才能があったかもしれないハンナ・・・。


クリューガーは、ジェニーをハンナの生き写しだと思っていたのかもしれませんね。いくらジェニーが衝撃の過去を語っても、微動だにしないクリューガーには、ジェニーに対する情などないようでした。


ジェニーの過去は散々でしたね。あれだけ、いろんな人から裏切られれば人間不信になってしまうのも当然ですよね。無実と判っていながら刑務所暮しを選んだのは、亡くしたわが子への償いのためでもあったのかもしれませんね。


ラスト。コンクールの出場を決めたジェニーでしたが、ミュッツェの策略により、今度は同じ囚人の女性を半殺しにしてしまい刑務所ではジェニーの出場を辞退する動きが・・・。


嫌な奴に見えてしまうミュッツェでしたが、彼は純粋にピアノを愛し、そして、クリューガーを慕っていたんだと思います。最後にやってくれましたね。


ドイツ・オペラ座。


大観衆が見守る中、ジェニーの演奏が始まります。今まで裏切られてきたジェニーが、今度はクリューガーを裏切ります。でも、その時、初めてクリューガーはハンナのピアノではなく、ジェニーの心の叫びでもあるピアノを感じたのではないでしょうか。


あの4分間の演奏には、真実がありました。


スタンディングオベーション。

クリューガーの涙。

クリューガーに対するジェニーの礼・・・すべてが真実なのだと思います。


共感するには程遠い2人でしたが、ラスト4分間でモヤモヤを吹き飛ばすほどの爽快感を味わうことができました。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

VIER MINUTEN


Country:

Germany (2006)


Cast:

(Traude)MONICA BLEIBTREU

(Jenny)HANNAH HERZSPRUNG

(Mutze)SVEN PIPPIG

(Kowalski)RICHY MULLER

(Ayse)JASMIN TABATABAI

(Direktor Meyerbeer)STEFAN KURT

(Gerhard von Loeben)VADIM GLOWNA

(Nadine Hoffmann)NADJA UHL


Director:

CHRIS KRAUS



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

この作品・・

この作品・・見落としてました。モニカ・ブライプトロイ(息子モーリッツもよいが)は味のあるいい女優さんだわ。その辺にいそうなおばさんぽいけど実際見たらオーラをしょってるんだろうなぁ。ハンナ・ヘルツシュプルングも今注目の若手の1人ですね。


こんばんわ

コレは絶対来るだろうな、と思ってましたよ(^_^)v
ウチの「祭り」の対象作品でもありますが、まだ観てないんですよねー。
期待値がかなり高い作品なので後半に取っておいてます。
観たらまたお邪魔しますね!


この映画、好きです

ピアニスト第2弾、今のところ予想していた2本がきて、密かに上機嫌な私です♪
『僕の~』は未見なので、読むのは控えさせていただきました。

ひでさんが“自分自身すら守ろうとしない”と書かれている、そんなジェニーがとても痛々しかったです。
でも、ピアノは感動的でした(T-T) ジェニーにもクリューガーにも、それぞれの良さがありました。
おもわずサントラを買ってしまいました!


>sarahoctavianさんへ

モニカ・ブライブトロイを実際に見たら・・・オーラはあるでしょうねぇ(^_^;

先日コメントを頂いた「眺めのいい部屋」での
マギー・スミスやジュティ・デンチも
その辺にいそうなフツーのオバサンだけど
実際に見たらオーラしょってんだぞータイプですね(^-^)

ハンナ・ヘルツシュプルングは
やはりドイツで大注目なのですね。
この作品では強烈な個性の持ち主の役だったので
他の作品では、どのように演じられるのか興味がありますね。

あっ!あと、現在、↑でコメントを頂いている
馬面冠者さんのブログで
「勝手にドイツ映画祭」が開催中ですよ(^-^)


>馬面冠者さんへ

はい。絶対でした(^-^)
馬面冠者さんが祭りの最中だったので、
合わせてレビューしようかなぁと思っていたのですが・・・。
お先に申し訳ないです。

馬面冠者さんのレビューを楽しみにしています(^-^)


>saryaさんへ

「僕の~」は前回の特集で、
saryaさんからおススメして頂きましたね(^-^)

良かったですよ~。こういう作品は和みますねぇ。

「4分間の~」は痛かったです(T_T)
でもジェニーが刑務所で奏でるオリジナル曲?は良かったですね。
作品やジェニーのイメージと異なりますが、
勇気や希望が湧いてくるようでした。

ラストの4分間は、凄かったですね。
鬼気迫るとはまさにあの状態なのでしょうね。


僕のピアノコンチェルト

とは、また全然違う作品でしたが、私は
ピアノコンチェルトの方はいいわ~♪だったんですが、こちらはどうも痛すぎてあまり好きになれませんでした(^^ゞ
私の記事のコメントバックにも書きましたが、最近、攻撃的な、痛い、暗い、でも胸に突き刺さる、ズーンと響く映画が苦手になりつつあって困ったもんです(^^;;)
以前はこういう映画すごく好きだったんですけどね~。
最近は、じんわり温かな感じで、ほのぼの胸に響く映画が好きになってきちゃいました(^^ゞ
この映画では、2人の主演の女性たちに、どうも感情移入できなかったし・・。
でも、やはりあのラストの演奏は素晴らしかったです♪


>メルさんへ

私も共感することはできませんでしたね。
逆にミュッツェに共感してしまいました(^_^;

痛すぎる作品でしたね。

ラスト4分間の演奏が
クリューガーの教えどおりに演奏していたら
また感じ方が異なったかもしれませんが・・・。

でも、あのラストの爽快感は良かったです(^-^)


良かったです

ひでさん、こんにちは!
この作品、ひでさんが書いているように、
攻撃的で痛い作品でしたね。
とてもピアニストの映画とは程遠い雰囲気でしたが、
それがまた強い印象を残したと思います。

最後にああいう演奏をもってくるとは、それも意外でした。
観客の心理と同じで、最初は驚き、だんだん凄い・・って
ジワジワきましたよ。

>YANさんへ

ラストの展開に驚きましたね。
普通なら更生した姿を演奏で表現してハッピーエンド・・・みたいな展開だと思うのですが・・・。
個性がぶつかり合う攻撃的な作品でした。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「4分間のピアニスト」

4分間のピアニストギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る ピアノ教師として刑務所を訪れたトラウデ・クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、机を鍵盤代わりに 無心で指を動かしている女性に目を留める。彼女の名はジェニー(ハンナー・ヘルツシュブルン

4分間のピアニスト

ピアニストの映画と言うと、哀愁とか格調高さが どこかにあるものじゃないです? それがない。 この映画の一番の印象は「激しい!」 主人...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。