スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル

Category : 徒然映画

エンジェル


Comment:

上流階級を夢見た女性の生涯を描いた作品。


フランソワ・オゾン監督が「8人の女たち」以来、原作があるストーリーで制作した意欲作です。しかも、舞台は1900年代のイギリス。今までのオゾン作品とは一味違いました。


田舎町ノーリーに住むエンジェル・デヴェレルは、想像力豊かな女性。エンジェルは、いつも豪華絢爛な屋敷「パラダイス」の門から中の様子を伺い憧れを抱いていました。


エンジェルが暮らす家は亡き父が遺した食料品店の2階・・・。「パラダイス屋敷」とは程遠いものでした。しかし、エンジェルは学校での課題「自分の家」についてのレポートを、まるで「パラダイス屋敷」に住んでるかのように発表してしまいます。


皆からそして先生からも馬鹿にされるエンジェル。


エンジェルは自らの力で上流階級への夢を掴もうとします。エンジェルは得意の想像力を使って本を書きあげ出版社へと送ります。


そして、見事エンジェルの本は出版することになるのですが・・・。


まぁ、このエンジェルはかなりの自信家ですね(^_^;


すべては自分のものとでも思っているような性格です。富、名声、そして、愛。すべてを本で得た財産で解決してしまいます。エンジェルの夫となるエスメもそれを判っていたから、初めはエンジェルに批判的だったと思うのですが・・・。


やっぱり、お金や地位に目が眩んでしまったのかなぁ。この作品に登場する人たちは、皆、心が弱いというか、何か後ろめたさを持った人たちだらけだったように思います。


エスメの姉でエンジェルの秘書となるノラもエンジェルを支えるというよりは、エンジェルに付き添うような自分の才能に自信のない人でしたし・・・。


また、出版社の編集長セオも本心を隠しながらエンジェルとのビジネスを続けていたようです・・・。


エスメも次第に落ちぶれて、エンジェルから離れるように他の女性と・・・。


そして、エンジェルもまた弱い人でした。彼女はノーリーの食料品店での2階で暮らした日々など無かったかのように、「自分は元々貴族の血を受け継いでいる」とあることないことを記者たちに語ります。しかも母の死の取材のときでさえ・・・。


でも、本当に貴族の血は継いでいなかったのでしょうかね。エンジェルの母と伯母との会話で「どこで知ったのかしら「あのこと」について」という何とも意味深な会話があったのですが、「あのこと」とは結局なんだったのでしょうか。貴族の血を継いでいるいうことなのでしょうか・・・。


その真偽は判りませんが、結局エンジェルは自力で上流階級へと昇りつめ、売りに出されていた「パラダイス屋敷」さえも手に入れてしまいます。


しかし・・・。


夢ばかり追い続けた代償は、現実を見ることができなくなるというものでした。


現実を見失ったエンジェルは悲惨でしたね。


エンジェル役はロモーラ・ガライ。表情やメイク、衣装などで女子学生から晩年までを演じています。最盛期の全裸での執筆シーンが悩ましいです(^_^;


あと、セオの妻ハーマイオニー役にシャーロット・ランプリング。オゾン監督作品の常連ですね。彼女が演じるハーマイオニーは、エンジェルとは対照的な現実に生きる女性でした。エンジェルに対する批判にも説得力があります。


しかし、オゾン監督作品としては、今までの作品と色が違いすぎて、正直、物足りなさを感じてしまいました。1900年代でイギリスという舞台設定もオゾン監督の良さを消してしまっいるような・・・。やはり、現代のフランスを舞台にした作品が観たいなぁと改めて思った次第です(^_^;


あと、クロマキーを使ったワザとらしい演出や出版した本がクルクルッと回りながら登場するシーンなどは、古い映画作品を意識しているかのようでしたね。衣装もそれほど派手さがなかったので、どうせならカラーではなくモノクロで撮影すれば、また印象も変わったのかなぁと・・・。


ラスト。社会、世論、そして、愛。目に見えないものでも、それは現実に存在し、また、1人で動かせるものであったり、1人で求めるものではありませんでした。


それでも、エンジェルは幸せだったのかなぁ。夢を実現できたのだから幸せだったとは思うのですが、なぜか心からそのように思えることができませんでした。


エンジェルが夢の中だけで生き続けたように思えたからなのかもしれません・・・。



★★★★★☆☆☆☆



Title:

ANGEL


Country:

UK/Belgium/France (2007)


Cast:

(Angel Deverell)ROMOLA GARAI

(Theo)SAM NEILL

(Nora Howe-Nevinson)LUCY RUSSELL

(Esme)MICHAEL FASSBENDER

(Hermione)CHARLOTTE RAMPLING

(Mother Deverell)JACQUELINE TONG

(Aunt Lottie)JANINE DUVITSKI

(Lord Norley)CHRISTOPHER BENJAMIN

(Marvell)TOM GEORGESON

(Clive Fennelly)SIMON WOODS

(Angelica)JEMMA POWELL


Director:

FRANCOIS OZON



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。