スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチのささやき

Category : 徒然映画

ミツバチのささやき


Comment:

辺境の村で暮らす幼い少女の物語。


生と死を純粋に受け入れる少女の可愛らしくも切ない物語です。


1940年頃のスペイン。カスティーリャのオユエロス村に映画をみせる巡回車がやって来ます。この村に娯楽は無いのでしょう。大はしゃぎで喜び、車に群がる子供たち。


今回の映画は「フランケンシュタイン」。


午後5時になり、公民館には子供たちだけでなく大人たちも自前の椅子を持って集まってきます。


ここまでは、「ニュー・シネマ・パラダイス」のようなストーリーなのかなぁと思ったのですが・・・。


一方、養蜂場で働く1人の男フェルナンド。仕事を終え、家に帰ると妻テレサは出かけ、イサベルとアナの2人の娘は映画を観に行ったと小間使いのミラグロスから聞かされます。


フェルナンドの家は名家なのか、家というより屋敷に近いですね。


美しい妻テレサは、駅にいました。相手の無事を祈りながらも自らの置かれた悲惨な状況を書き綴った手紙を送るために・・・。


この相手は誰だったのでしょうね。異国の地にいる愛する男へ・・・とか?


イサベルとアナは「フランケンシュタイン」に釘付けでした。


フランケンシュタインを作った博士と助手のシーン。

少女メアリーとフランケンシュタインが出会うシーン。

そして、フランケンシュタインはメアリーを殺してしまいます。


そこで、アナはイサベルに質問します。


「どうしてフランケンシュタインは少女を殺したの?」


そこから、アナの「生と死」の空想が膨らみ始めるのですが・・・。


とにかく、2人が可愛いです。いたずら好きなイサベルと純真無垢なアナ。この作品のタイトル「ミツバチのささやき」は、この2人の少女のイメージなのでしょうね。


イサベルからの「フランケンシュタインは村はずれの家にいる」という出まかせを真に受けてしまうアナ。2人は学校の帰りに廃墟となっているその家へ行きますが、もちろんフランケンシュタインはいません。


それでも、翌日にも見に行ってしまうアナ。しかし、アナには「何か」が見えているかのようです。それが、ただ遊んでいるだけなのか?アナの様子を隠れて見ていていたイサベルにも判りません。


そして、その廃墟と化した家に汽車から脱走した男が逃げ込んで、さらなる展開が待っていました。


アナにとっては、衝撃的な出来事だったに違いありません。空想?でしかいなかった人物が現実に目の前に現れたのですから。


しかし・・・。


父フェルナンドの制止を聞かずに森に逃げ込んでしまうアナ・・・そして、そのまま家には帰って来ませんでした。


村の人々が総出でアナを探します。


1人、森の中を彷徨うアナ。そして、出会います・・・空想上でしか会うことしかできなかった存在と・・・。


監督はヴィクトル・エリセ。この作品が長編デビュー作だそうです。観ている者を空想の世界へと導く演出が秀でていますね。高度なCG技術が無い時代でも、終盤になると「となりのトトロ」や「パンズ・ラビリンス」を思い起こさせるほどです。見事です。


アナの「想像」上の存在と対をなすように、「映画の中のフランケンシュタイン」や「人体標本」、「脱走した男との出会い」などから現実的な「創造」としてアナが感じ、「命の尊さ」をアナの視点から優しく伝えている作品です。



★★★★★★★★★



Title:

ESPIRITU DE LA COLMENA, EL


Country:

Spain (1973)


Cast:

(Fernando)FERNANDO FERNAN GOMEZ

(Teresa)TERESA GIMPERA

(Ana)ANA TORRENT

(Isabel)ISABEL TELLERIA

(Milagros, la criada)KETTY DE LA CAMARA

(Guardia civil)ESTANIS GONZALEZ

(The Frankenstein Monster)JOSE VILLASANTE

(The Fugitive)JUAN MARGALLO


Director:

VICTOR ERICE



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

無題

大好きな映画です。やっと再販される事になりましたけどまたすぐ廃盤になっちゃうんでしょうね。TBさせて頂きます。


>DAZZさんへ

実は、この作品。
DAZZさんのレビューを拝見して
レンタルしてみました。

DAZZさんがイチ押しなだけあって
素晴らしい作品でした。

コメント&TBありがとうございました。


話題がズレますが

ひでさん、こんにちは!
この映画の事は全く知りませんでしたが、
1940年ごろのスペインと、少女と空想の世界というのが、
今日観たばかりの「パンズ・ラビリンス」に似てるなあと
思っていたら、やはりタイトルが記事内に出てきてました。

それだけのコメントですいません(^_^;

「パンズ・・」のほうは、もう一度観たいなと思ってます。
それだけ印象的ないい映画でした。
ひでさんはご覧になってるんですね!


>YANさんへ

この頃のスペインは歴史的事件が多かったですから、
この年代のスペインを舞台にした映画作品としては
避けて通れないのでしょうね。

ちなみに、この作品はスペイン内戦が終わった後を描いているそうです。

「パンズ・ラビリンス」も素晴らしい作品でした。


今更ですが・・・

やっぱりひでさんもこれを観てたのね!ってことで、探しました^^v

高校のときに何の予備知識もなくビデオに録って、100回以上は観ました。
それでもはっきりと分からない所が多いんですが・・・。
頭より、感覚で観る部分が多いのかもしれませんね。

妙に印象に残っているのが、母親が音のはずれたピアノで弾く曲と、警察署長さんがヒゲを剃った後の表情です。


>cecileさんへ

はい。観てました(^-^)
おぉ~、そんなに繰り返し観ていたのですね。

現実と想像の世界を行き来するアナが
可愛らしい反面せつないというか・・・。

仰るとおり、考えるより感じる映画ですね。

>母親が音のはずれたピアノで弾く曲と、警察署長さんがヒゲを剃った後の表情・・・。
うぅ~、思い出せない~(T_T)
私は町外れの廃屋に逃げた男とアナのやり取りと
やはりクライマックスのフランケンシュタインとの出会いのシーンが印象に残りました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミツバチのささやき

ビクトル・エリセの最高傑作! 僕にとって無人島行きの10本の中に入る作品です。 1940年代のスペインの小さな村、 アナ(アナ・トレント)とイザベル(イザベル・テリェリア)の姉妹は、 養蜂場を営む父フェルナンド(フェルナンド・フェル

ミツバチのささやき再販決定!!!

アナ・トレントファン、ビクトル・エリセファン待望の「ミツバチのささやき」が遂に再販決定です!! 紀伊国屋さんがやってくれました♪ しかも何と「エル・スール」に加えてエリセ監督のデヴュー作「挑戦」の3本が一まとめになったBOXセット・
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。