スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ビューティー

Category : 徒然映画

アメリカン・ビューティー


Comment:

アメリカの一般的な家庭に潜む歪んだ感情と崩壊を描いたシニカル・コメディ。


その年のアカデミー賞の話題を集めたセンセーショナルな作品です。


ごく一般的な家庭のバーナム一家。家族構成は父レスター、母キャロリン、娘ジェーンの3人家族。しかし、この家族はうわべだけの会話、うわべだけの団欒。お互いに心から繋がってはいませんでした。


レスターは42歳。妻キャロリンやジェーンとは話が咬み合わず、すべてにおいて無気力な男。

キャロリンは家族を盛り上げようと必死に喋るもそれは表面上だけ。空回りばかりで自分だけを大事にしている女。

ジェーンはそんな両親を冷めた目で見る多感な時期の女の子。


そんな3人に変化が訪れます。


レスターはジェーンの親友アンジェラに一目惚れ。

キャロリンは商売敵の不動産王バディと不倫。

ジェーンは隣家に引っ越してきた盗撮癖のあるリッキーと只ならぬ仲に。


家族の絆を取り戻すのではなく、最悪な状況へと進展していきます。


それなのに、なぜか笑えてしまいます。


レスターはアンジェラと寝るために体力づくり。

キャロリンは不倫でストレス解消。

ジェーンは理解しえる人と出会えたからでしょう。


崩壊に向かって、逆に以前のような陰鬱な雰囲気が消え失せていきます。


崩壊していく喜び。


シニカル?シュール?そんな言葉が浮かんできます。


レスター役のケヴィン・スペイシーは、この作品でオスカーを受賞しています。キャロリン役のアネット・ベニングも好演しています。2人の会話が崩壊する家族の象徴であるかのようです。


脚本はアラン・ボール。この作品で最も注目された脚本家です。その後、TVドラマ「シックス・フィート・アンダー」で製作総指揮・監督・脚本を務め「アメリカン・ビューティー」と同様にセンセーションを巻き起こします。このドラマが個人的に好きなんですよね。退廃的な世界の中でポッと灯る暖かさを感じることができます。


この斬新な脚本を監督サム・メンデスが見事に映像化しています。バラの花びらを使った演出が印象に残ります。


ラスト。この作品のオープニングで語られるレスターの第一声によって、観る者はラストを知りながらその過程を楽しみます。


人が愛することの素晴らしさ。


その形がどうあれ、人の数だけさまざまな愛の形があり、そして、その形は皆、美しい。


「アメリカン・ビューティー」は、人には見せたくない、心の奥底に眠った純粋な美しさを覗くことができる作品です。



★★★★★★★★



Title:

AMERICAN BEAUTY


Country:

USA (1999)


Cast:

(Lester Burnham)KEVIN SPACEY

(Carolyn Burnham)ANNETTE BENING

(Jane Burnham)THORA BIRCH

(Ricky Fitts)WES BENTLEY

(Angela Hayes)MENA SUVARI

(Col. Frank Fitts, USMC)CHRIS COOPER

(Buddy Kane)PETER GALLAGHER

(Barbara Fitts)ALLISON JANNEY

(Jim Olmeyer)SCOTT BAKULA

(Jim Berkley)SAM ROBARDS


Director:

SAM MENDES


Awards:

Academy Awards, USA 2000

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))KEVIN SPACEY

(Oscar(Best Cinematography))CONRAD L. HALL

(Oscar(Best Director))SAM MENDES

(Oscar(Best Picture))BRUCE COHEN

(Oscar(Best Picture))DAN JINKS

(Oscar(Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen))ALAN BALL


Golden Globes, USA 2000

(Golden Globe(Best Director - Motion Picture))SAM MENDES

(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))

(Golden Globe(Best Screenplay - Motion Picture))ALAN BALL


Los Angeles Film Critics Association Awards 1999

(LAFCA Award(Best Director))SAM MENDES



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

当たった!

おもしろい映画でしたね。このアカデミー賞受賞はイイと思いました。
私は現代アメリカの歪みのようなものも感じました。

それにしても、ケビン・スペイシーはキモワルかったです(笑)。
これ以降私の中で、彼にはすっかりこのイメージが定着してしまいました!


>saryaさんへ

お見事!!
この作品はレビューしなきゃと思っていました。

仰るとおり、現代アメリカの歪みを感じましたね。

ケヴィン・スペイシーはキモワルでしたね(^_^;
新境地開拓!?って感じです(^-^)


トラバありがとうございました^^

これは傑作ですね~
無駄なセリフが一つもない。キャストの演技も素晴らしいです。
『サンセット大通り』の手法もお見事でしたね~
これは劇場で観れたのですけど、ラストは何故か涙が溢れ出ました。
当時は、こういう作品がよくぞアカデミー賞獲ってくれた!と喜んだ記憶があります(笑)
こちらからもトラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

コメントしたのにTBが遅れてしまいまして・・・(^_^;

何回かチャレンジしたのですが、
なぜかTBできなかったんですよねぇ。

昨日、やっとできて一安心でした(^-^)

この作品を観たとき、
おっ、また新たなジャンルが登場してきたなぁ。
と新鮮な感覚だったことを覚えています。

コメント&TBありがとうございました(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカン・ビューティー

監督:サム・メンデス 音楽:トーマス・ニューマン 脚本:アラン・ボー 撮影:コンラッド・L・ホール 出演者:ケビン・スペイシー 、アネット・ベニング 、ソーラ・バーチ 、ミーナ・スバーリ 、クリス・クーパー 、ウェス・ベントレー 、ピーター・ギャラガー 製作年

☆アメリカン・ビューティー

あらすじ 広告代理店に勤め、シカゴ郊外に住む42歳のレスターは一見幸せな家庭を築いているように見える。 しかし不動産業を営む妻のキャロラインは見栄っ張りで自分が成功することで頭がいっぱい。娘のジェーンは典型的なティーンエイジャーで、父親の事を嫌っている。自

アメリカン・ビューティー

1999 アメリカ 洋画 ドラマ コメディ 作品のイメージ:笑える、切ない 出演:ケビン・スペイシー、アネット・ベニング、ソーラ・バーチ、ウェス・ベントレー 一度レンタルをした後に、気に入ってDVDを購入。日本にあまりこういう感じの作品はないので最初入って行き辛か

アメリカン・ビューティ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン アメリカン・ビューティー (1999) 出演 ケヴィン・スペイシー (レスター・バーナム)     アネット・ベニング (キャロリン・バーナム夫人)     ゾーラ・バーチ (ジェーン・バーナム)     ウェス
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。