スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーカントリー

Category : 徒然映画

ノーカントリー


Comment:

逃げる男、逃げる男を追う男、追う男をさらに追う男の恐怖と狂気を描いたサスペンス。


コーエン兄弟がオスカーを受賞した話題作です。


いったい何人、劇中で殺せば気が済むのか判らないくらいにバッサバッサと人が殺されます・・・(^_^;


この作品はもう殺し屋アントン・シガーを演じたハビエル・バルデムの映画でしたね。彼の存在感がこの作品のすべてだと思います。保安官エド・トム・ベルを演じたトミー・リー・ジョーンズがトップクレジットだったため、ハビエル・バルデムが助演扱いになりましたが、ほとんど主役級の活躍をしています。あの髪型に恐怖すら覚えてしまいます。


テキサス州。狩りをしていたルウェリン・モスは、数台の車と倒れている男たちを発見します。危険を察知したルウェリンは銃を構えながら、車の中を確認します。そして、まだ生きている男を発見します。しかし、ルウェリンは見捨ててしまい、この殺戮で生き延び、逃走した男の後を追います。逃走した男も傷を負い死に絶えていました。ルウェリンは男の持つ鞄の中身を確認します。


その中には200万ドルもの大金が・・・ルウェリンはそれがヘロインと取引するはずだった危険な大金と知りながら盗んでしまいます。


消えた大金を取り戻すためボスは最悪最凶の殺し屋アントン・シガーを雇い、大金の奪取を命じます。


はたして、ルウェリンの運命は・・・。


ルウェリンの追われる恐怖が伝わってくるのも、追う相手がアントンだから尚更です。アントンの前では、命乞いなど何の意味もありません。唯一の救いはコインの裏表を当てるだけ・・・。


ルウェリンの場所をアントンに教えない中年の女性の態度・・・何も知らないって恐いですね。


また、アントンの武器もユニークでした。銃よりも恐怖感が伝わってきます。


そして、そのアントンを追う保安官エドは、引退を考えていました。そんな中でのこの事件。エドは追われている男がルウェリンで、追っている男が一流の殺し屋だと見抜きます。エドはルウェリンを助けるために2人の後を追うのですが・・・。


3人の追いつ追われつの逃走劇に、新たな殺し屋の出現やルウェリンの妻カーラとエドの取引も絡めて、予想だにしないラストへと展開していきます。


ただ、どうしてもアカデミー賞作品賞を受賞したということで、期待大で観てしまうためなのか、どうも観終わった後のスッキリ感はイマイチだったような・・・。トミー・リー・ジョーンズが演じたエドがもう少し前面に出てもよかったかなぁと・・・。


それでも、ハビエル・バルデムの怪演ぶりが強烈な印象を残すこの作品・・・それだけでも観る価値アリです。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

NO COUNTRY FOR OLD MEN


Country:

USA (2007)


Cast:

(Sheriff Ed Tom Bell)TOMMY LEE JONES

(Anton Chigurh)JAVIER BARDEM

(Llewelyn Moss)JOSH BROLIN

(Carson Wells)WOODY HARRELSON

(Carla Jean Moss)KELLY MACDONALD

(Deputy Wendell)GARRET DILLAHUNT

(Loretta Bell)TESS HARPER


Directors:

ETHAN COEN

JOEL COEN


Awards:

Academy Awards, USA 2008

(Oscar(Best Achievement in Directing))ETHAN COEN

(Oscar(Best Achievement in Directing))JOEL COEN

(Oscar(Best Motion Picture of the Year))SCOTT RUDIN

(Oscar(Best Motion Picture of the Year))ETHAN COEN

(Oscar(Best Motion Picture of the Year))JOEL COEN

(Oscar(Best Performance by an Actor in a Supporting Role))JAVIER BARDEM

(Oscar(Best Writing, Screenplay Based on Material Previously Produced or Published))JOEL COEN

(Oscar(Best Writing, Screenplay Based on Material Previously Produced or Published))ETHAN COEN


Golden Globes, USA 2008

(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture))JAVIER BARDEM

(Golden Globe(Best Screenplay - Motion Picture))JOEL COEN

(Golden Globe(Best Screenplay - Motion Picture))ETHAN COEN


New York Film Critics Circle Awards 2007

(NYFCC Award(Best Director))JOEL COEN

(NYFCC Award(Best Director))ETHAN COEN

(NYFCC Award(Best Picture))

(NYFCC Award(Best Screenplay))JOEL COEN

(NYFCC Award(Best Screenplay))ETHAN COEN

(NYFCC Award(Best Supporting Actor))JAVIER BARDEM



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

確かに

すっきり感はありませんでしたね~。なんだかもやもやしたカンジで終わってしまったような気がします。宇宙人ジョーンズ(あっ、失礼!うちではトミー・リー・ジョーンズをこう呼んでいるので)がなぜかとても寂しげでしたね~。
バルデムさんはどの作品でも存在感がすごいですが、本作では圧巻でした。
とにかくわたくしも最近見た作品で、一番怖かったものといったら、間違いなくこれだと思います。


>ぬーさんへ

ハビエル・バルデムは存在感は強烈でしたね。

宇宙人ジョーンズさんの立ち位置がイマイチ掴めませんでした(T_T)

それにしてもトミー・リー・ジョーンズは
あのCMの内容を理解して引き受けているのでしょうか・・・(^_^;


まだ

観ていないのですが、そもそも観れるかどうか・・・。
劇場予告が強烈でしたよね!ハビエル・バルデムの顔怖っ。あの予告で、劇場観賞は心臓がもたないかもと思ってスルーしました。
でもアカデミー賞も受賞したし、ひでさんの“観る価値アリ”のお墨付きだし、やっぱりここは観ないと!


>saryaさんへ

ハビエル・バルデムは凄かったですよ~。
特に前半のシーンは強烈です・・・心臓持たないかも(^_^;

心して観てくださいね。レビュー楽しみにしています(^-^)


命乞い・・

有無を言わさず・・だったので、命乞いも容赦なしだったですよね~。
もう彼に狙われたら最期・・と言うか。
この映画を見て、しばらくして「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を見たんですが、どちらもすごいもん
見せてもらいました~・・という感じだったんですが、映像の雰囲気とかはこちらの方が好きだったです。
でも、私ももうちょっと老保安官を前面に出してくれてた方が良かったなぁ、って思いました。
もう自分の時代は終わったのかも、老兵ただ去るのみ・・という心境になってる彼がなんだかとても愛しい感じがして好きでした。


>メルさんへ

>もう自分の時代は終わったのかも、
>老兵ただ去るのみ・・
>という心境になってる彼が
>なんだかとても愛しい感じがして好きでした。

そうですね。ラストの奥さんとのシーンとか
未練があるようでないような・・・。

引退する前に、アントンとの死闘を繰り広げて
もう一花咲かせて欲しかったです(^-^)

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」はまだ未見なので
早く観てみたいです(^-^)


こんにちは!

ひでさん、またお邪魔します(^^)

私は「海を飛ぶ夢」が大好きで、ハビエル・バルデム見たさに
これを鑑賞したんですが、予想以上に強烈なインパクトがありましたね~!
ただ、終わり方は、たしかにスッキリ感がイマイチでしたよね。

この作品で、シガーは「逃れられない理不尽な死」として
象徴的に描かれていて、
主役はエド保安官なんだろうな・・・って思ったんですが、
ちょっと理解するのが難しくて、自信はないです。(^_^;

こちらもTBをやってみますが、届くでしょうか。
「アメリカン・ギャングスター」のTBも再チャレンジしてみましたよ。


>YANさんへ

「海を飛ぶ夢」も素晴らしい作品ですよね。
ハビエル・バルデムの圧倒的な存在感は見応えがあります。

シガーの「逃れられない理不尽な死」に対して
エド保安官がどのように繋がっていくのかが
ちょっと判りづらかったですね。

コメント&TBありがとうございました。

アメリカン・ギャングスターのTBは
また反映されていませんでした・・・ゴメンナサイ。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ノーカントリー」

テキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたモス (ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、 危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、非情な殺人者シガー(ハビエル・バンデ

ノーカントリー

うちの近くのレンタル店では、 新作でも当日返却なら143円だと知ったので、 今回、それで借りてみました。 でも、こういう時に限って、...

【ノーカントリー】生々しく変質したアメリカの黄昏

『ノーカントリー』は不思議な映画だ。アクションでもなく、クライム・サスペンスでもない。ましてや社会派の問題提起の映画というわけではない。製作者のコーエン兄弟のことはよくしらない。いままで関わった映画のリストを見ても、知った映画はなかったからだ。いろいろと.
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。