スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠された記憶

Category : 徒然映画

隠された記憶


監督:ミヒャエル・ハネケ

キャスト:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ

製作:2005年、フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア


書評番組の人気キャスター、ジョルジュと出版社に勤める美しい妻アンは、息子ピエロと共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、ジョルジュ宛てに子供が描いたようなイラストとビデオテープが届く。ビデオはジョルジュの家を外から延々と定点観測しているだけで、イラストは人の首から血が噴き出している不気味なものだった。


ビデオとイラストはその後も送られてきて、その内容もよりプライベートなものになっていく。犯人は皆目検討が付かず怯えるアンだったが、ジョルジュは心当たりがあると言い出した・・・。それは幼少の頃の隠された記憶・・・。


はたして隠された記憶とは何なのか。そして、犯人はいったい誰なのか。


Comment:

「衝撃のラスト」と銘打った推理サスペンス。

ものすごく斬新な切り口です。これは好き嫌いがはっきり分かれるのではないでしょうか。


「衝撃のラスト」の意味は、「このシーンでラストなのという意味での衝撃」、「犯人がわからずじまいでラストを迎えた意味での衝撃」、またはその逆で「ラストシーンで実は真犯人を教えている意味での衝撃」とさまざまな解釈が取れると思います。


ラストシーンを観ると、アジッドの息子とジョルジュの息子が話しています。雰囲気から以前からの知り合いで仲も良い感じです。その証拠に会話が終わるとジョルジュの息子は何気ない態度で学校の友達と話しながら帰っていきます。


すると、真犯人はこの2人なのでしょうか。ビデオはアジッドの息子が撮影していつの間にか届いているビデオはジョルジュの息子の仕業だとすればつじつまが合います。イラストはアジッドの息子がジョルジュの息子に指示しながら描いたものでしょう。


動機は、アジッドの息子はジョルジュが幼少の頃に父アジッドにした「無邪気な悪意」に対する復讐。ジョルジュの息子は大好きな父ジョルジュに対する母アンの浮気への嫌がらせではないでしょうか。


主犯はアジッドの息子ではじめは1人でジョルジュの家庭事情を調べたりビデオで定点観測したりしていたが、母アンが友人のピエールと浮気していることを見抜き、ジョルジュの息子にそのことを告げ共犯者に仕立てたとか。ジョルジュの息子はまさかアジッドの息子が父ジョルジュを復讐していることなんて知る由もありません。ただ母アンをイラストとビデオで恐がらせて浮気させないようにしていただけでしょう。そして、ラストシーンでアジッドの息子はジョルジュの息子に「お母さんの浮気は終わった」などと告げたのかもしれません。


しかし、アジッドの息子の唯一の誤算は父アジッドの自殺です。この辺りがアジッドが共犯ではなくアジッドの息子が1人で企てた計画であると考えられます。


でも1つ問題があります。アジッドはジョルジュを自分の家まで呼び出し目の前で自殺しているため、まずビデオに撮影されていると考えて良いでしょう。なぜなら、アジッドの息子は自分の留守中にも自分の家にビデオカメラを隠して録画しているのですから。また、自殺シーンではカメラワークも一切無く定点観測しているビデオ撮影のようにも見えます。でもそのビデオはジョルジュの家やテレビ局へは届けられませんでした。アジッドとジョルジュしかいない部屋の中での自殺はジョルジュを現在の地位から陥れる格好の材料になるはずのに・・・アジッドの息子は真犯人ではないのか。


ではこのビデオで一番困る人物とは・・・ズバリ、ジョルジュしかいません。ジョルジュには謎めいたところが随所にありました。妻アンが怯えていても常に冷静に対応していたり、アンがピエールらにビデオのことを話すとバツが悪そうに説明したり、中々アジッドについて語ろうとしなかったり。そして何よりも「無邪気な悪意」を持つ人物であることが挙げられます。動機は幼少の頃と同じで、アジッドを自分の目の前から消し去ること。そして現在の自分の名声を汚さず殺害するには、アジッドを自殺に追い込めばいいと用意周到にジョルジュは被害者であるということを知人や警察に植え付け、アジッドに幼少の頃と同じように狂気を持たせるように仕向けたのでしょう。ビデオとイラストはもちろん自作自演。


でもここでも1つの問題があります。アジットの家でのビデオテープです。隠し撮りされたこのビデオはジョルジュでは準備できそうにもありません。う~ん、困った。


ということは、やっぱり普通に考えて、犯人はアジッドとアジッドの息子なのでしょうか。アジッドは身体が弱そうなので、実行犯はアジッドの息子が担当し、ビデオの撮影、および、ジョルジュの息子に近づいてビデオとイラストを届ける係を任せます(近づくきっかけは母親が浮気していることを教える)。


しかし、アジッドはじっとしていられず、ジョルジュを呼び出し自殺を図ります。これはジョルジュを困らせたいから、または、ジョルジュの「無邪気な悪意」によるものかもしれません。


しかし、この様子もビデオに撮られていました。ビデオを観たアジッドの息子はジョルジュの会社に押しかけ、ジョルジュに話があると詰め寄ります。しかし、ジョルジュは相手にしません。アジッドの息子は強硬手段に訴えてジョルジュと話す機会を得ました。ジョルジュは悪態をつきアジッドの息子を脅迫します。そしてアジッドの息子は一言「やましい」と言うのです。


そしてラスト、アジッドの息子は、ジョルジュの息子に会いに行きます。この後どうなるのかは描かれていませんが、このラストシーンも定点観測のようなカメラワークであることから、このシーンもアジッドの息子が準備した隠し撮りビデオである可能性が高いと言えます。そして、このビデオをジョルジュに渡すことでアジッドの息子の復讐がはじまるのでは?


全編を通して音楽がないのは、どのシーンが隠し撮りのビデオシーンなのかを曖昧にさせるためなのかもしれませんね。


・・・といろいろな考えが巡りまして、わけがわからない状態になってしまいました。

やっぱり犯人を教えてくれないとスッキリしませんね。でも、このように想像を働かせていろいろ推察してみるのも映画の楽しみ方の1つなのかもしれませんね。



第58回カンヌ国際映画祭 監督賞
第31回LA批評家協会賞 外国映画賞



★★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

感謝!

今日、スカパーの映画チャンネルで内容も知らず漫然と観ました。寝転がって適当に観る鑑賞態度がいけないのでありますが、「ええ? これでおしまい?」というのが正直な感想でした。

こうなると消化不良を起こしたみたいで、この映画の意味を知りたくなり、ネットでいろいろ検索してみましたが、この作品について書いている人は意外に多いけれど、ほとんどが消化し切れていませんでした。受け売りの二次加工、三次加工といった程度です。そしてこのブログに行き当たりました。「なるほど」と腑に落ちました。これで安眠できます。その鑑賞眼に敬服です。ありがとうございました。


>tokyojoeさんへ

コメントありがとうございます。

私もこれで終わりなのかとビックリしてしまい、
その後、もう一度観てしまいました・・・^_^;

私なりに考えてみたのですが、
支離滅裂なレビューで何だか恥ずかしい限りです。

あれこれと考えてみましたが、
結局、犯人を絞り込めていませんよね。

tokyojoeさんは誰が犯人だと思いましたか?
判ったらぜひ教えてくださいね(^_^)v


いきなり「か」

ひでさん、こんにちは!
この作品について、かなりいろいろ考えをめぐらせましたね~
その努力に敬服します★

私が思ったのは、ジョルジュ自身がやましさを隠すため、
自作自演をしてたのかな?って事ですけど、
それだと矛盾も出てくるんですよね。
子供二人が仲が良いようには、私には見えなかったんですが・・(^_^;

私は考えるのを途中で放棄しました(≧∇≦)ノ彡☆
多分、監督ははっきりとした答を用意してないんじゃないかと
思うんですよね。
私にとっては、本当に後味の悪い作品です。


>YANさんへ

きっとミヒャエル・ハネケ監督は
答えを用意していないでしょうね。

考えることを放棄したら
この作品はとてつもなくつまらない作品になるでしょうね・・・。

他の作品もご覧になると判りますが、
この監督は後味の悪い作品を創る天才です(^_^;

でも、なぜか観てしまいます。


そうか~・・・

ひでさん、こんにちは~♪

凄い!
ひでさんの推理をとくと読ませてもらって、何度も頷きましたです。
私も息子(ジョルジュの)せんを考えてたんですが、アジッドの家のカメラがわからん・・・と思って、却下したんですが(^_^;)二人の息子の共犯ね~!目からうろこ!

私はラストの映像は、ジョルジュの息子犯人説をすでに却下していたので(^^ゞ 不気味に忍び寄るアジッドの息子・・これは、今度はジョルジュの息子になんらかの手をだすのか?やはりアジッドの息子が犯人なのか?・・・というところで、プツリと終わってしまった・・という感じでした。

でも、あのタイミングでジョルジュの息子が友達の家に泊りに行ったあたり、かなり怪しいですよね~。やっぱり共犯?!

確かに、こういうことを後々考えるのもまた楽しいですね(^ー^* )フフ♪
特典映像の監督さんの、なにやら偉そうに(?と、私は感じた(^_^;))みんなが考えればいいこと、みたいに言い放ってたのを聞いて、ずる~~~~い、とちょっと反発したんですけどね、(^◇^;)

ひでさんの記事、凄く楽しませてもらいました♪ありがとうございま~す(^_^)


>メルさんへ

答えがないストーリーを
あれこれと考えるのも面白いですよね。

・・・スッキリはしませんけどね(^_^;

支離滅裂なレビューですが、
楽しんで頂けてうれしいです(^-^)

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「隠された記憶」

どうなるの?一体誰が・・??とハラハラドキドキ

隠された記憶

最新作『白いリボン』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した巨匠ミヒャエル・ハネケ監督の2005年公開作品。とあるブルジョア家族に送られてきた一本の奇妙なビデオテープから人種差別や利己心といった人間の醜い本質を浮かび上がらせたサスペンス。主演は『画家と...

隠された記憶

冒頭の、なんでもない日常的な光景。これが「テープ」であり、これがわかった時点での見ている側の不快感が凄く(これを狙っているのでしょうが)、なんでもない映像だからこその静かな不気味さがあります。全体に淡々としていて、不安感と緊張感が常にあります。 誰もが...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。