スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌーヴェルヴァーグ

Category : 徒然映画

ヌーヴェルヴァーグ


Comment:

容姿が似ている2人の男性と富豪の女性とのラブ・サスペンス。


1950年代後半から1960年代前半にかけて全盛を極めたヌーヴェルヴァーグ。この作品はそれから十数年も後に製作されたジャン=リュック・ゴダール監督の1990年の作品です。


なぜ、この作品のタイトルを「ヌーヴェルヴァーグ」にしたのでしょう・・・。ゴダール監督は、この作品に「新しい波」を感じたのでしょうか。


作品の内容は、正直に申し上げると難しいです。難し過ぎます(T_T)


セリフが少ないので、人物像や舞台背景の設定も把握できません。さらに、シーンも途切れ途切れ・・・。「えっ!何がどうなったんだ」の連続です(T_T)


仕事をバリバリこなすキャリアで、かつ富豪でもある若い女性エレナが、1人で車で出かけると1人の男性ロジェが倒れていました。


交通事故に遭ったロジェは記憶を喪失していました。エレナは自分の屋敷へロジェを連れ帰ります。2人の関係に愛が芽生え始めますが、ロジェは仕事もせず、ただエレナに付き従うだけ・・・。エレナはロジェとの関係にストレスを感じ始めます。


そして、2人でボートで湖に漕ぎ出します。エレナは冗談でロジェを湖へと落としてしまいますが、ロジェはカナヅチでした・・・エレナはロジェに手を差し伸べませんでした。


1年後の春。エレナの前に突然、リシャールと名乗る男性が現れます。驚くエレナ。リシャールはロジェの瓜二つだったのです。


というのが前半のストーリーです。・・・でも、よく判らない・・・(T_T)

とりあえず、撮りたいシーンだけ撮って、後で繋ぎ合わせているような・・・。


後半に入ると立場が逆転します。


ロジェと違いリシャールは行動的でした。エレナの仕事にも手を出し確固たる地位を築こうとします。エレナはリシャールとロジェとのギャップに戸惑い、仕事からは身を引いてしまいます。


そして、またあの湖に今度はリシャールと共にボートで漕ぎ出します。


そこには、絶望が・・・それとも・・・。


ストーリーだけ書き出すと面白そうなのですが、如何せん判り辛かった(T_T)

全編、詩的なイメージで観客の想像力を試されているようですらありました。


リシャールはロジェの弟として現れますが、本当に弟だったのでしょうか・・・。リシャールとロジェは実は同一人物だったのでは?と考えてしまいました。


でも、ゴダール監督はそういう視覚的・物理的な物事より、エレナやロジェとリシャールの精神的・心理的な要素を表現したかったのかもしれませんね。


・・・う~ん。やっぱり、難しい・・・。



★★★★☆☆☆☆☆☆



Title:

NOUVELLE VAGUE


Country:

France/Switzerland (1990)


Cast:

(Lui:Roger Lennox, Richard Lennox)ALAIN DELON

(Elle:Elena Torlato-Favrini)DOMIZIANA GIORDANO

(Le PDG)JACQUES DACQMINE

(Raoul Dorfman, l'avocat)CHRISTOPHE ODENT

(Jules, le jardinier)ROLAND AMSTUTZ

(La serveuse)CECILE REIGHER

(Cecile, la gouvernante)LAURENCE COTE


Director:

JEAN-LUC GODARD



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

こんにちは

はっきりいってよくわからないですよねえこれ(笑)アランドロンが二役ってのすら理解するのが難しく。
まあ生まれ変わりだか別人だか本人だかわからないところがミソなんでしょうけれども。

しつれいしました~


>manimaniさんへ

アラン・ドロンの二役も判り辛かったですね(T_T)

哲学者向けの作品なのでしょうかねぇ・・・。

コメント&TBありがとうございました(^-^)


(´Д`;)…安心…

どなたがご覧になってもわかりにくいということがわかって、少し安心しています。
わたくしもこのDVD購入しました(しかもけっこういい値段で!)が、たぶん2度と観ないかも…。


>ぬーさんへ

判り辛かったですねぇ(T_T)
ゴダール監督のファン、あるいは、哲学論者でないと
判らないのでは!?

DVDで購入していたとは!
というよりDVDで販売されていたことに軽く衝撃を受けていたり・・・。
私はVHSでレンタルしました・・・。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャン=リュック・ゴダール「ヌーヴェルヴァーグ」

ヌーヴェルヴァーグ紀伊國屋書店このアイテムの詳細を見る 1990フランス/スイス 監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール 出演: アラン・ドロン、ドミツィアーナ・ジョルダーノ Amazon評では「ゴダールのなかではわかりやすい」とあったけれど、全然そんなことはない
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。