スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェシー・ジェームズの暗殺

Category : 徒然映画

ジェシー・ジェームズの暗殺


Comment:

ジェシー・ジェームズの暗殺を企てたロバート・フォードの人生を描いた作品。


主役はブラッド・ピットかと思いきや、ロバート・フォードを演じたケイシー・アフレックでしたね。


1880年代。アメリカにおいてジェシー・ジェームズの名は手下を率いて強盗、殺人とあらゆる犯罪を繰り返す恐怖の象徴でした。しかし、一方で貧困層ではない裕福な企業から略奪することを、マスコミがヒーローのように書き立てた結果、貧困層や若者の憧れの対象にもなっていました。


そんな若者の1人にロバート・フォードがいました。


ロバートはジェシーの熱烈なファンであり、ジェシーのいる強盗団に志願します。


しかし、強盗に成功してもその金額は少ないものでした。強盗だけでは生活できない時代になってきたのです。


強盗団は解散したものの、残ったのはジェシーに懸けられた多額の懸賞金。ジェシーとその家族は逃亡生活を余儀なくされます。


しかし、ジェシー以上に恐怖したのは強盗団の手下たちでした。彼らはジェシーの情報を知る人物。ジェシーにとっては、逃亡生活の障害になってしまいます。


ジェシーに殺されるかもしれない・・・。


その恐怖に怯えながら暮らすうちに仲間同士でも衝突が・・・。


ジェシー役のブラッド・ピットが主役であるはずなのに、焦点を手下たちに向けて、ジェシーに怯える様子を描いたことで、ジェシーの秘めた凶暴性を際立たせています。


特に、ジェシーに従いながら怯える暮らしを余儀なくされたロバート役のケイシー・アフレックとロバートの兄であるチャーリー役のサム・ロックウェルが好演しています。


そして、ついにロバートとチャーリーはジェシーの暗殺を企てますが・・・。


ジェシーに憧れてたロバート。しかし、その憧れはマスコミによって造られた虚像でした。それでもジェシーに憧れ、ジェシーの過去の記事を大切にしていたロバートは、ジェシーという存在を超えようとしていたのでしょうか。


造られた虚像によって人生を狂わされたロバートが悲しくも感じられました。


それは、チャーリーや他の手下たち、そして、ジェシー本人にも言えることかも知れませんね。


激しい展開がないストーリーと切ない音楽によって、彼らのどうすることもできない空虚な生活と無常な世界を浮き彫りにしているようでした。



★★★★★★☆☆☆



Title:

THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD


Country:

USA (2007)


Cast:

(Jesse James)BRAD PITT

(Zee James)MARY-LOUISE PARKER

(Mary James)BROOKLYNN PROULX

(Tim James)DUSTIN BOLLINGER

(Robert Ford)CASEY AFFLECK

(Charley Ford)SAM ROCKWELL

(Wood Hite)JEREMY RENNER

(Frank James)SAM SHEPARD

(Ed Miller)GARRET DILLAHUNT

(Dick Liddil)PAUL SCHNEIDER

(Martha Bolton)ALISON ELLIOTT

(Ida)LAUREN CALVERT

(Sarah Hite)KAILIN SEE

(Major George Hite)TOM ALDREDGE

(Albert Ford)JESSE FRECHETTE

(Wilbur Ford)PAT HEALY

(Henry Craig)MICHAEL PARKS

(Sheriff Timberlake)TED LEVINE

(Dorothy Evans)ZOOEY DESCHANEL

(Edward O'Kelly)MICHAEL COPEMAN


Director:

ANDREW DOMINIK


Awards:

Venice Film Festival 2007

(Volpi Cup(Best Actor))BRAD PITT



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

無題

ロバートが明らかな主役となった残り30分ほどが、一番すんなりこの物語に入っていけた感じがしました。
民衆の英雄だったジェシーという部分が、この映画では全く描かれてなかったので(ナレーションで補われてましたが)、彼のことを知らずに見てしまった私は、感情移入できなかったのが大きかったかな、と(^^ゞ
でも、おっしゃる通り空虚な生活と無常な世界は良く出てましたね~。


>メルさんへ

ジェシーの人物像が描かれていなかったのは残念でしたね。
私もはじめのうちはストーリーに入り込めなかったです。

手下たちが彼を恐れ始めたあたりから
ジェシーの恐さが伝わってきました。

ブラッド・ピットの抑えた演技が
ストーリーの世界観と合っていましたね。


無題

“造られた虚像によって人生を狂わされたロバートが悲しくも感じられました”
↑名文ですね!本当に、そう思います。
ロバートは若さゆえ、まばゆいカリスマ性を放つジェシーの、真の姿が見えていなかったのだろうと。

160分という長丁場でなければ、もっと良かったのですが・・・(^^;)途中で疲れてしまいました。


>saryaさんへ

ヒーローに憧れ、
自分もヒーローになりたいと思う気持ちは
決して間違ってはいないのですが、
ロバートはジェシーに余りにも近づき過ぎてしまいましたね。

上映時間・・・確かに長かったですね(^_^;


知らない~

それでもやっぱりジェシー・ジェームズは日本では有名ではありませんよね?
え?知らないのはわたくしだけ!?
日本でなら誰に存在感が似ている人物なのかなぁ?
ロバートみたいな人物は…ジョン・レノンを殺したチャップマンみたいな人?(日本人じゃないし~)


>ぬーさんへ

大丈夫です。私も知りませんでした(^_^;
でもアメリカ国民もジェシーを間近に見た人なんて
ほんの一握りだったのではないでしょうか。

ほとんどがマスコミによって知る情報のみ。

ジェシーのことを知らなくても
彼のカリスマ性と内に秘めた狂気が
周りにいたロバートやチャーリーから伝わってきました。

日本でジェシーと同じような人物・・・う~ん。
犯罪史に名を連ね、
かつ、異常なまでのカリスマ性を持った人物となると
三島由紀夫とかになるのでしょうか・・・ちょっと違いますかね(^_^;


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ジェシー・ジェームズの暗殺」

南北戦争後、仲間を率いて強盗や殺人など無法の限りを尽くしたジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)。 南部州民からは抵抗の象徴として次第に英雄視されていく。そして、最初の強盗から15年あまりが 過ぎた1881年、長い逃亡生活で神経をすり減らすジェシーだったが、兄
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。