スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

Category : 徒然映画

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


Comment:

無実の罪で最愛の妻と離れ離れにされた男の復讐劇。


ティム・バートン監督&ジョニー・デップによるミュージカル作品です。


19世紀のイギリス。フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカーは、美しく貞淑な妻ルーシーと幸せに暮らしていました。しかし、ターピン判事に見初められてしまったルーシー。ターピン判事はベンジャミンを無実の罪で終身刑にしてしまいます。


15年後。


一隻の船から降り立つ一人の男。ベンジャミン・バーカーの名を捨てスウィーニー・トッドとして理髪店に戻ってきた男は、銀細工の柄の剃刀を武器に、同じ建物でパイ屋を経営する未亡人ラベットの助けを借りながらターピン判事への復讐を誓うのでした。


さすがミュージカルだけあって、ここまでの導入部のほとんどのシーンで、キャストたちが歌い、音楽が流れています。


世界観はダークなイメージで、黒を基調としたモノトーンが復讐というテーマをより強調しています。


スウィーニーとラベットはターピン判事を理髪店におびき出そうと、王室の理髪師ピレリと対戦して名を挙げます。そして、審判となったターピンの部下バムフォードが、スウィーニーの理髪店へ判事を招待することを約束します。


しかし、いつまで経っても来店しない判事。すると、判事ではなくピレリが小間使いのトビーを連れてやって来ました。ピレリはスウィーニーの正体を知っていたのです。判事に知られることを恐れたスウィーニーは・・・。


ここからサブタイトルにもなっている「悪魔の理髪師」へと変貌していきます。


死体を片付けることを思案するスウィーニー。

パイの食材を購入するもの大変なほど財政難なラベット。


2人はお互いの利害が一致する悪魔の所業を考え付いてしまいます。ここまでのスウィーニーは、ターピン判事の悪行に制裁を与えるヒーローのような存在だと思っていたのですが・・・。


逆にヒーローはスウィーニーと同じ船に乗り合わせた船乗りのアンソニーでした。頼りない感じでしたけどね(^_^;


アンソニーはターピン判事の屋敷で育てられたベンジャミンとスージーの娘ジョアナに惚れてしまい、ターピン判事に脅されてしまいます。それでも、恋は醒めることなくアンソニーはジョアナを救い出そうとしますが・・・。


この作品で特に印象に残ったのが、スウィーニーとラベットのメイクでした。


真っ黒な隈に色白な肌。


このメイクを施されたのがこの2人だけだったことに、意図的な何かを感じずにはいられませんでした。しかし、ラストのトビーの顔にも2人と同じようなメイクが施されたように見えました。


スウィーニーはターピンにスージーを奪われた恨みを・・・。

ラベットは愛していたスウィーニーと結ばれたいためにスージーに・・・。

そして、トビーは愛するラベットを守り切れずに・・・。


このメイクは、復讐から生まれた悪魔の象徴だったのではないでしょうか。


スウィーニー役にはジョニー・デップ。ここ数年は個性的なキャラクターの役が多いですね。そろそろ、現代に生きる男性の役も演じて欲しいですね。この作品でゴールデン・グローブ男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞しています。意外だったのですが、大きな賞を受賞したのは今回が初めてだったのですね。


ラベット役にはヘレナ・ボナム=カーター。ティム・バートン監督と結婚されていたのですね。まったく知りませんでした。ちょっとビックリ。


ラスト。ストーリー的には、あの後をもう少し描いて欲しかったかなぁ。何だかアンソニーとジョアナが取り残されたようで・・・(^_^;


でも、世界観や色のイメージがストーリーと重なって、スウィーニーとラベットの悲劇を美しくそして残酷に描いています。



★★★★★★☆☆☆



Title:

SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET


Country:

USA/UK (2007)


Cast:

(Sweeney Todd)JOHNNY DEPP

(Mrs. Lovett)HELENA BONHAM CARTER

(Judge Turpin)ALAN RICKMAN

(Beadle)TIMOTHY SPALL

(Pirelli)SACHA BARON COHEN

(Anthony)JAMIE CAMPBELL BOWER

(Beggar Woman)LAURA MICHELLE KELLY

(Johanna)JAYNE WISENER

(Toby)ED SANDERS


Director:

TIM BURTON


Awards:

Academy Awards, USA 2008

(Oscar(Best Achievement in Art Direction))DANTE FERRETTI

(Oscar(Best Achievement in Art Direction))FRANCESCA LO SCHIAVO


Golden Globes, USA 2008

(Golden Globe(Best Motion Picture - Musical or Comedy))

(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Motion Picture - Musical or Comedy))JOHNNY DEPP



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

すみません、語ります。

この作品で一番最初に感じたのは、トッドがなぜ今のような運命になってしまったのかをアンソニーに歌って聞かせる、回顧の場面がありますよね?あれがあまりに簡単すぎて不満でした。
しかしミュージカルというものは、音楽と演技がぴったりと合って、見事な展開をみせるので、ミセス・ラベットのゴキブリつぶしシーンはあまりにもリズミカルだったため、笑ってしまいました。
同じくピレリの床屋でも。

ジョニーは確かにここ数年現代モノをやっていないですねぇ。一番最近のは『シークレット・ウィンドウ』かな?あのお話も大好きです!

わたくしもアンソニー&ジョアナ、トビーの将来が不安です。幸せになって欲しいと思いますね~。


お久しぶりです

ご無沙汰しております。
仕事の方もなんとか先が見えてきたので、
やっとコメントできる時間が出来るようになりました(^^

この作品はティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演ということで、とても期待して観ました。
ティム・バートン監督らしいダークな映像と物語は何も言う事はないのですが、
やっぱり題材が殺人鬼なだけに、ダークなまま終わっちゃいましたね。
もうちょっとファンタジーっぽいというか、希望があっても良かったかなぁって思います。
それにしてもジョニー・デップはミュージカルでも全然イケてますね(^^
素晴らしい歌声だったと思います。


>ぬーさんへ

オープニングから歌・歌・歌でしたからね。
たしかにアッサリし過ぎたかもしれませんね。

でも、音楽、特にジョニー&ヘレナの歌声が良かったです。

あのパイは食べたくないですけどね(^_^;

ジョアナはアンソニーによって
心が開いてくれればと思うのですが、
トビーはどうなってしまうのでしょう・・・。

復讐心より愛する気持ちを大切にして欲しかったですね。


>Toy'sさんへ

お疲れ様です!!!!
仕事も先が見えてくるとホッと安心できますよね。
Toy'sさんのレビューが読める日を
首をなが~~~くして待っています(^-^)

スウィーニー。終始ダークでしたね。
せめてトビーに希望の光をと思ってしまいました。

ジョニー&ヘレナの歌声は素晴しかったですね。
芸術性の高い作品でした。


こんにちは

ミュージカルという事で、ストーリー的には
少々物足りなさを感じましたが
バートン監督独特な、暗いけれどもコミカルな
ビジュアル的面白さがサイコーでした。

ジョニー・デップも大ファンなんですが
意外に賞に恵まれなかったのは、
やはり変わった役ばかり演じているからかもしれませんね。
ひでさんがおっしゃるように、そろそろ
現代に生きる、普通の男を演じてほしいなぁ~。
奇抜な役は、ちょっと見飽きた感もありますしね。
普通の役でも、十分存在感&演技力があると思いますし。


>エイガリアンさんへ

作品のダークなイメージの中で描く
小さなコミカルさが隠し味になっていましたね。

ジョニー・デップには、
そろそろ現代に生きる男性役も演じて欲しいですよね。
どんな役を演じるのか・・・それだけでも楽しみですね(^-^)


またお邪魔します

ひでさん、こんにちは!
この作品は、ひでさんの言う通り、
ダークで残酷な雰囲気がありましたが、
コミカルさや歌で、かなり中和されてましたね。

あの隈メイクは、悪の心の象徴だったと私も思います。
それだけに少年トビーがあんなになって、行く末が心配ですよね。

ジョニーは普通の役より奇抜な役のほうが魅力的に見えますが、
たまには普通の役もいいかな。
そちらのほうが逆に難しかったりしますよね。

ところで、ひでさんのブログ、リンクさせてもらっていいですか?
よろしくお願いします!


>YANさんへ

コメント&TB大歓迎です(^-^)

あのメイクはやっぱり悪の象徴をイメージしていますよね。
仰るとおり、トビーのその後が心配です。

ジョニー・デップは奇抜な役ばかりで
普通の役ができなくなってしまうかも!?

彼のコメディ作品とかっていかがでしょう?
想像できませんね(^-^)

リンクも大歓迎です。

って言いますか、私、
既にYANさんのブログをリンクしてしまいました。
断りもなく失礼致しました。

これからも宜しくお願いします(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

監督:ティム・バートン  製作:2007年 アメリカ 出演:*ジョニー・デップ *ヘレナ・ボナム=カーター *アラン・リックマン  ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。