スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート

Category : 徒然映画

チョコレート


Comment:

看守の男と死刑囚の妻の出会いを描いた作品。


甘いラブ・ストーリーかと思いきや、結構重い作品でした。


行きつけのレストランでいつもの「チョコレート・アイスクリーム」を注文しているハンク・グロトウスキは、州刑務所の看守として働いていました。ハンクの家は年老いた父バックと息子ソニーの3人暮らし。父の姿を見て育ったハンクは、同じ看守となり、そして息子ソニーも看守として働き始めたばかりでした。


厳格な父バックは人種差別主義者でもあり、その教えを受けてきたハンクは家に近づく黒人少年たちに向かって容赦無くライフルを発砲して威嚇します。それを見たソニーは少年たちを庇います。


父ハンクと息子ソニーには心の溝がありました。


そして、州刑務所。死刑囚ローレンス・マスグローヴの死刑を執行することになったハンクとソニーでしたが、ソニーは途中で気持ち悪くなり務めを放棄してしまいます。


激怒するハンク。その感情は帰宅しても変わりませんでした。しかし、ソニーも溜まりに溜まった感情を爆発させてしまいます。


そして・・・。


もうこれは完全にハンクの父バックが元凶でしょうね。理不尽な人種差別だけでなく男尊女卑の発言も多々あり・・・。彼は人を信じるということができない人物だったのでしょうね。息子や孫に自分の思想を押し付けて自分の正しさを証明したかっただけなのかもしれません。


そんな父でも愛していたハンクだから今まで父と同居していたのでしょう。ハンクは元々、根は優しい人物だったのではと思います。それを作中では「チョコレート・アイスクリーム」で表現していたのではないでしょうか。


そんなハンクを愛するソニーは至極当然だったのかもしれませんね。どんなに悪態をつかれようとも父と同じ職場で働くなんて尊敬していなければできないことだと思います。


しかし、ソニーの想いに気付くのが遅すぎたハンク・・・。


一方、死刑囚ローレンス・マスグローヴの刑の執行の数日前。ローレンスの妻レティシアと息子タイレルが刑務所へ最期の面会に来ていました。しかし、なぜかレティシアは冷めた表情でローレンスを見つめています。


車はもうボロボロでオーバーヒートしそう。

家も家賃を払えず追い出されそう。


11年も面会に来て疲れてしまった。


それがレティシアのローレンスへの最期の言葉でした。最期の別れでも、ローレンスがレティシアに手を差し伸べようとするも、それを拒否してしまうレティシア。


そして、死刑の執行日。自宅でタイレルとテレビを観ているレティシアは、肥満気味のタイレルが隠れてチョコバーを食べていたことを知り暴力を振るいます。


ここまでは、まったく共感するところがないレティシアでしたが、後にすべては愛するが故の言動だということが彼女の表情から伝わってきます。


さらに、レティシアには不幸が待ち受けていました。ある雨の日。帰宅途中でタイレルが車に轢かれてしまうのです。


雨の中、助けてと泣き叫ぶレティシア。


そこへ、1台の車が停まります。車に乗っていたのはハンクでした。


と、ここまでがハンクとレティシアが出会うまで長い導入部です。「チョコレート」という邦題と黒人女性であるレティシアという設定から人種差別が大きなテーマになっていくのかなぁと感じ始めたのがこの辺りですね。


また、人種差別主義者の家庭で生まれ育ったハンクがレティシアと出会うことで、どのように変わっていくのかも興味を持ながら観続けました。


そして、観終わった後、この作品は人種差別よりも大きなテーマがあったのではと気付かされます。


それは、裏切りや嘘をすべて赦し信じる心を持ち続けることができるのか。そして、そこに大きな愛が生まれるのかということでした。


ソニーは父からの悪態から耐えながらも父を愛していました。

しかし、とうとう耐えることができませんでした。


ハンクはソニーから期待を裏切られてばかりで信じてあげることができませんでした。


そして、レティシアは・・・。


ローレンスへの愛を隠しながら冷めた対応をしていたのは、旅立つローレンスに未練を与えないための彼女なりの愛し方だったのではないでしょうか。タイレルに対してもアメリカの黒人男性として立派に育って欲しいという愛情の裏返しからでした。


自分の愛する気持ちを隠して生きてきたレティシアにとって、心を開いて愛することができたのがハンクだったのです。


レティシア役にはハリー・ベリー。逞しく生きながらも実は繊細なレティシアをまさに体当たりで演じています。


ハンク役にはビリー・ボブ・ソーントン。前半の荒々しさと後半の抑えた演技の強弱が印象に残ります。


また、前半のキーパーソンとなるソニー役にはヒース・レジャー。繊細な青年を好演しています。


終盤。バックからの人種差別を受けてもハンクからの愛を信じるレティシアでしたが、ハンクとローランドとの関係をついに知ってしまいます。


騙された。

裏切られた。


そして、ラスト。このような終わり方ですか・・・これは、どのようにも取れるラストですね。


放心状態のレティシア。


私はそれでもレティシアはハンクと共に生きていくというラストを願いたいですね。

翌朝、ハンクに連れられてあの店の看板を見せられたら、もう一度信じてみようと思うはずだから・・・。


甘くないビター味の「チョコレート」でした。



★★★★★★★☆☆



Title:

MONSTER'S BALL


Country:

USA/Canada (2001)


Cast:

(Hank Grotowski)BILLY BOB THORNTON

(Leticia Musgrove)HALLE BERRY

(Sonny Grotowski)HEATH LEDGER

(Buck Grotowski)PETER BOYLE

(Tyrell Musgrove)CORONJI CALHOUN

(Lawrence Musgrove)SEAN 'P. DIDDY' COMBS

(Lucille)TAYLOR SIMPSON

(Vera)AMBER RULES


Director:

MARC FORSTER


Awards:

Academy Awards, USA 2002

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))HALLE BERRY


Berlin International Film Festival 2002

(Silver Berlin Bear(Best Actress))HALLE BERRY



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

素晴らしかったです

これはショッキングで悲しくて、切ない物語でしたね。その要素はあったのですが、ラブストーリーより重要なテーマがあったような気がして。
邦題の『チョコレート』に違和感を覚えましたが、観終わったあとはそんなことより、すばらしいキャストの面々の演技に心酔しました。
でもけっこう前に観たので、ラストを忘れてしまいました。
また観たいな~と思います。


>ぬーさんへ

人種差別。親子関係。恋愛。
さまざまなテーマが盛り込まれていましたね。
そのどのテーマにも信じる心が描かれていたと思います。

タイトルですが、原題の「MONSTER'S BALL」と
まったく違いますよね(^_^;

ハリー・ベリー、ビリー・ボブ・ソーントンとも
素晴しかったです(^-^)


黒人女性初

ハル・ベリーがこの作品でオスカーを手にしたときの様子が、今でも思い出されます。体当たりの素晴らしい演技でしたね。

でも実は、あまり好きな作品ではないのです。序盤のビリー・ボブ・ソーントンのお尻が印象的過ぎて・・・。すいません、下品で。
でもそこで戦意喪失してしまった私です(^^;)
友人に感想を聞かれて真っ先に出た言葉が「ビリーのお尻がイヤ」でした。決してお尻フェチなわけではないのですが・・・・。ほんとすいません、下品で(><)


>saryaさんへ

ビリー・ボブ・ソーントンのお尻ですか(^_^;
これまたすごい理由ですね。

彼のお尻の何がそこまで戦意喪失させてしまったのか・・・気になりますね(^_^;


ラストが意味深

静かながら深い作品でしたね。

親子に流れる血は濃いということを感じます。
ビリボブは人種差別意識を捨てたかのように思われますが、果たしてそうだろうか。
実は彼の差別意識はもっと深いのではないか。
ハンク親子が同じことをするシーンが繰り返されるなびに、所詮彼らには同じ血が通っているのだと思わざるをえず、それだけにラストシーンにも余韻が残りましたね。
ハル・ベリーにしても情けない夫と同じ血が流れている息子の意志の弱さがたまらなく嫌で、心配でもあったのだと思いました。
邦題を「チョコレート」とした意味は今ひとつ分りませんでしたが、好きな作品でした。
TBさせてくださいね。


>PU-KOさんへ

仰るとおり、親から子へ引き継がれる負の要素が感じられましたね。
それをヒース演じる息子が身を呈して止めたことによって、ハンクが自分の過ちに気付かされたのかもしれませんね。

ハル・ベリーの方もそうかもしれませんね。嫌なのに心配してしまうもどかしさとでもいうのでしょうか。
そして、そのもどかしさから解放されたのと同時にそんな自分に嫌悪したり・・・。

そんな2人の心の葛藤をビリボブとハル・ベリーが見事に演じていたと思います。

邦題の「チョコレート」。
ストーリーとほとんど関係なかったですね(^_^;

※TBですが、届いていないようです。
他ブログからのTBは届いていないことがあるようでして・・・。
う~ん、困った。考えます。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。