スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミザリー

Category : 徒然映画

ミザリー


Comment:

人気作家の男性が体験するナンバーワンのファンと称する女性との恐怖を描いたサイコ・ホラー。


この作品でハリウッド・スターの仲間入りを果たしたキャシー・ベイツの迫真の演技に息を呑みます。


「ミザリー・シリーズ」で人気の作家ポール・シェルダンは、新たな作品を創造したいため、「ミザリー・シリーズ」を完結させることを決意し、コロラドにあるロッジで原稿を書き終えます。


未題の原稿を手にして、ロッジを後にするポール。しかし、吹雪の中、車を走らせた結果、ポールは運転を誤ってしまい崖から車ごと転落してしまいます。


そこへポールを助ける1人の女性。


2日後、目覚めたポールは、アニー・ウィルクスと名乗るその女性から手当てを受けていました。


吹雪の中、病院にも行けず、電話も不通になってしまったということで、自宅で看病していたアニーは元看護婦ということもあり、ポールを手厚く看病します。


さらにアニーはポールのナンバーワンのファンと自称し、「ミザリー・シリーズ」を何度も読破していることを告げます。ポールは看病のお礼に書き上げた未題の「ミザリー・シリーズ」の原稿を読んでもいいことを告げます。


喜ぶアニーでしたが、途中、批判しながら半狂乱になったり、不審な面が見え隠れしていきます。


そして、アニーは知ってしまいます。


この原稿が「ミザリー・シリーズ」の完結本であることを・・・。

そして、大好きな主人公ミザリーは死んでしまうことを・・・。


じわりじわりと来る恐怖。

アニーの突然の変貌。


両足を複雑骨折してしまい身動きが取れないポールの恐怖感と同じくらいに戦慄が走ります。アニーを映す角度がポールの目線だから尚更です。


アニー役のキャシー・ベイツの顔の表情がとにかく怖いです。穏やかに話していたと思うと、突然キレまくります。キャシー・ベイツの演技力でこの作品は一級のホラーに仕上がっています。


ポール役のジェームズ・カーンも逃げられない苛立ちや諦め、アニーへの嫌悪や恐怖など、複雑な思いが入り混じった表情を見事に演じています。


そして、何と言ってもあの「足潰しの刑」。


心臓が止まるほどの恐怖。アニーの何の躊躇も無い行動にまた戦慄が走ります。


絶体絶命のポールでしたが、保安官の老人バスターがようやくアニーに不信感を抱き始めます。妻バージニアを助手にして、のんびりと捜索していましたが、真相に着実に近づいていきます。


バスター役にはリチャード・ファーンズワース。「ストレイト・ストーリー」のあのおじいちゃんでしたか。アニーとポールとは対極をなすほのぼのとした夫婦を好演しています。


監督はロブ・ライナー。「ミザリー」の原作者スティーヴン・キングの「スタンド・バイ・ミー」もロブ・ライナー監督によって映画化されていますね。人生や恋愛をテーマにした作品が多い監督作品の中で「ミザリー」は異色の作品です。


ラスト。目が離せない展開なりますが、特典映像で監督はアニーとポールのラストシーンはラブ・シーンであると語っています。確かに、ラストシーンほど2人が激しくぶつかり合い、重なることはありませんでしたけどね(^_^;


アニーにとってはラブ・シーンかもしれませんが、ポールにとってはPTSDになるほどの恐怖体験であったことに間違いないはずです。


スプラッター的な要素を極力抑えながらも、男一人、女一人、そして逃げられない密室という設定と、役者の表情や撮影手法だけで、戦慄するほどの恐怖を体感できる希少な作品です。



★★★★★★★★



Title:

MISERY


Country:

USA (1990)


Cast:

(Paul Sheldon)JAMES CAAN

(Annie Wilkes)KATHY BATES

(Buster)RICHARD FARNSWORTH

(Virginia)FRANCES STERNHAGEN

(Marcia Sindell)LAUREN BACALL


Director:

ROB REINER


Awards:

Academy Awards, USA 1991

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))KATHY BATES


Golden Globes, USA 1991

(Golden Globe(Best Performance by an Actress in a Motion Picture - Drama))KATHY BATES



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

冬と雪と恐怖と

これ、タイトルを聞いただけで寒くなります~。
毎日猛暑なのでちょっといいかも~。
原作もめちゃくちゃ怖かったし~。
だからわたくしはS・キング氏の作品が大好きなんです。
でも怖すぎて2度と観たくない、読みたくないです~。


ミ゛ーサ゛ーリ゛ー

ホラーが超苦手な私が観た数少ないホラーです。
レビューを読んで改めて、ほー、こんな内容だったかーと思いました。ただただ怖かった思い出しかありません。キャシー・ベイツの表情がもうやばかったですね。
私ももう二度と見れないです。やっぱり怖い)゚0゚(


>ぬーさんへ

久しぶりに観ましたが、
やっぱり怖かったです(T_T)

猛暑の一時の清涼剤になりました(^_^;


>saryaさんへ

キャシー・ベイツの表情がホラーそのものですよね(^_^;

今回、改めて観て、
ポールの状況の怖さも十分伝わってきて
さらに、怖さ倍増でした(T_T)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。