スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンズ・ラビリンス

Category : 徒然映画

パンズ・ラビリンス


Comment:

1人の少女に与えられた過酷な試練を描いたダーク・ファンタジー。


まさか、こんなにも重い作品だとは思ってもみませんでした。


ファンタジー作品でこれほど惹き付けられたのは「ロード・オブ・ザ・リング」以来でしょうか。


1944年、スペイン。独裁政治による内戦が絶えない中、山奥の製粉所を拠点に指揮するビダル大尉の元へ向かう一行がいました。臨月を向かえ体調が優れないビダルの妻カルメンと娘オフェリア。大好きな父を内戦で亡くし、ビダルとの再婚を快く思わないオフェリアの唯一の楽しみは絵本と読むことでした。


そして、オフェリアの前に出現する魔法の王国の住人たち。しかし、王女が人間界に逃げてしまい、現在は魔法の王国の扉が閉まっています。


扉の番人、迷宮の守護神パンは、オフェリアにあなたこそが王女の生まれ変わりだと伝えます。そして、オフェリアは3つの試練を与えられ、王女であることを証明するのですが・・・。


大好きだった父を亡くし、母は好きになれない男に寄り添ってしまう・・・。

友達もなく、最前線の拠点に連れて行かれてしまうオフェリア。


幸せを見出せない現実の世界・・・。


オフェリアにとっては、魔法の王国の王女としての未来に光を感じることができたのでしょうね。オフェリアは、与えれた試練に立ち向かいます。


現実の世界では、ビダル大尉に立ち向かうゲリラに情報を提供するビダルの使用人メルセデスと医師フェレイロが奔走します。しかし、フェレイロはゲリラのリーダーでメルセデスの弟ペドロに忠告します。


「負け戦になる。メルセデスと逃げなさい。」


それでもペドロは、ビダルに立ち向かいます。ゲリラとビダル率いる政府軍の戦いは凄惨を極めます。特にビダルは容赦ありませんでした。人の業とは思えません。


退却することもできたゲリラ側でしたが、それでも屈することなくビダルに立ち向かいます。


しかし、オフェリアは・・・。


母カルメンからは、弟が誕生したら姉になる。もう子供ではないのよ。と再三、叱られますが、オフェリアはまだまだ親に甘えたい子供だったのでしょう。ゲリラの大人たちのように現実から目を背けずに立ち向かう勇気がなかった、あったとしても、あの状況下ではどうすることも、もちろん逃げることもできなかったのでしょうね。


唯一、逃げることができる場所は、魔法の世界だけでした。


魔法の世界は空想上の世界・・・オフェリアだけの世界だったのでしょうか。


オフェリア役のイバナ・バケロが大人でもない子供でもない微妙な時期の少女を繊細に演じています。


監督はギレルモ・デル・トロ。ホラー映画を数多く撮っている監督だけあって、魔法の世界のパン、ペイルマンなど、可愛らしいとは程遠いクリーチャーたちが登場します。あのおぞましいクリーチャーたちはオフェリアが現実の世界で受けた負の要素が反映されているようにも感じました。


ダーク・ファンタジー。おとぎ話は、実は残酷で悲しい物語が多いものです。


この作品は現代のおとぎ話・・・幸福と不幸が表裏一体になっています。


ラストシーンでのオフェリアの微笑みが幸福でもあり、不幸でもあり・・・胸が痛むものの、おとぎ話のように後世に残したい作品ですね。



★★★★★★★★★



Title:

LABERINTO DEL FAUNO, EL


Country:

Mexico/Spain/USA (2006)


Cast:

(Ofelia)IVANA BAQUERO

(Captain Vidal)SERGI LOPEZ

(Mercedes)MARIBEL VERDU

(Fauno/Pale Man)DOUG JONES

(Carmen Vidal)ARIADNA GIL

(Doctor)ALEX ANGULO

(Garces)MANOLO SOLO

(Serrano)CESAR VEA

(Pedro)ROGER CASAMAJOR


Director:

GUILLERMO DEL TORO


Awards:

Academy Awards, USA 2007

(Oscar(Best Achievement in Art Direction))EUGENIO CABALLERO

(Oscar(Best Achievement in Art Direction))PILAR REVUELTA

(Oscar(Best Achievement in Cinematography))GUILLERMO NAVARRO

(Oscar(Best Achievement in Makeup))DAVID MARTI

(Oscar(Best Achievement in Makeup))MONTSE RIBE


Los Angeles Film Critics Association Awards 2006

(LAFCA Award(Best Production Design))EUGENIO CABALLERO


National Society of Film Critics Awards, USA 2007

(NSFC Award(Best Film))


New York Film Critics Circle Awards 2006

(NYFCC Award(Best Cinematographer))GUILLERMO NAVARRO



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

思い出しても…

美しい場面と、恐ろしい場面が今も目に焼きついています。印象は十分でした。
わたくしは「戦争映画とファンタジー映画が好きな方」にはオススメしています。
んが、やっぱり重いですね~。
ホント、重いです。涙が出ます。ううう。(ノ_-。)


>ぬーさんへ

重かったですねぇ(T_T)

ファンタジー作品と言えども
子供たちにはキツそうですよね。

この作品は、大人たちが観る作品。
そして、「おとぎ話」のように、
子供たちに話して聞かせるのが
オススメかなぁなんて思いました(^-^)


観ました

ひでさん、こんばんは!
私も「ダーク・ファンタジー」という言葉と
こちらにもあるポスター写真から、
こんなに過酷で重い作品だとは思ってなかったです。
私も泣けました~

あれは、やっぱりオフェリアの空想の世界なんでしょうか。。。
ほとんどの方はそういう解釈ですね。
でも最後には輝く王国で幸せになったと信じたいですね~

戦争の恐ろしさや独裁主義の残忍さがよく出ていた作品だったと思います。


>YANさんへ

私もこんな酷い作品だとは思っていませんでした。

その分、オフェリアの印象も強く残り、
衝撃を受けたのだと思います。

悲しいですが、やっぱり、あれは空想上の世界だと・・・。
輝く王国で幸せになったこと思いながらのラストに涙です(T_T)


表裏一体

まさしく表裏一体でしたねぇ。
思った以上にダークな作品でした。
ラストのオフェリアの微笑みが忘れられません。
悲劇と取るか救われたと取るかは、観た人次第でしょうけど、その両方の感覚になってしまい、涙が止まらなくなりました。
作品としては素晴らしいものでしたね。
こちらからもトラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

日本のピカピカのDVDパッケージを観ると
可愛らしいファンタジー作品かなぁと思いますよねぇ。

あのダークさ衝撃的でした。

ストーリーも秀逸でしたね。
その後、ヴィクトル・エリセ監督の
「ミツバチのささやき」を観たのですが、
「パンズ・ラビリンス」はこの作品に通じるものがあります。おススメです。

コメント&TBありがとうございました。


こんばんは♪

少女が主人公なのに大人向けのダークなファンタジーで切なくて、非常に重かったですね(>_<)

あまりに過酷な状況すぎて、空想の世界を必要としたということなんでしょうかね。

肉厚なモンスターたちが最近の映画にはない
新鮮さと不気味さでゾクゾクしちゃいました(^_^;)

ラストのシーンはおっしゃる通り、印象的でしたね。


>tapomushi12さんへ

DVDパッケージからは想像もできないほど
ダークな世界でしたね。
>肉厚なモンスターたちが最近の映画にはない
>新鮮さと不気味さでゾクゾクしちゃいました(^_^;)
ホント不気味でしたよねぇ。
監督の「ヘルボーイ」とかは未見なので
今度レンタルしようかなぁと思っています。

コメント&TBありがとうございました。


素晴らしい文章でした

私もこの映画を見ました
久々に気になって検索したところ
ここにたどり着きました

あなたの
素晴らしい 文章に 感動しました

突然失礼しました

m(_ _*)m


>太郎さんへ

はじめまして。ひでといいます。

太郎さんのコメントに私も感動です。
たいへん嬉しく思います。

この作品は、少女の悲しみが痛いほど伝わりましたが、
ただ悲しいだけでなく、小さな光も照らしている素晴らしい作品でした。

ギレルモ・デル・トロ監督の映像美も作品のイメージを強調していましたね。

また観たい作品です。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンズ・ラビリンス

&#61;&#61; パンズ・ラビリンス(2006) &#61;&#61; [[attached(1,center)]] 【EL LABERINTO DEL FAUNO】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] 1944年のスペイン。 内戦終結後もフ

『パンズ・ラビリンス』を観たぞ?!

『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです&gt;&gt;『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERINTODELFAUNO    PAN&#39;SLABYRINTHジャンル: ファンタジー/
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。