スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーク・トゥ・ハー

Category : 徒然映画

トーク・トゥ・ハー


監督:ペドロ・アルモドバル

キャスト:ハビエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ、レオノール・ワトリング、ロサリオ・フローレス

製作:2002年、スペイン


バレリーナのアリシアは交通事故に遭い昏睡状態に陥る。以降4年間、意識が戻らないでいた。その間、看護士の男ベニグノは献身的に介護する。しかしベニグノは介護する前からアリシアと出会い、そして恋心を抱いていた。


ジャーナリストの男マルコは、マスコミに注目されている女闘牛士リディアにインタービューを直接申し込んだことがきっかけになり、リディアと愛し合うようになる。ところが、リディアは競技中の事故で昏睡状態になってしまう。


リディアはアリシアと同じ病院に入院する。一向に目覚めないリディアを心配するマルコだったが、他の病室で同じ境遇にあるアリシアを看護するベニグノに共感し、マルコとベニグノは深い友情で結ばれる。


しかし、ベニグノの介護はいつしか異常な愛へと変化していった・・・。


Comment:

昏睡状態に陥った愛する人への異なる接し方、介護を追った感動ストーリー。


ベニグノは、献身的に介護することが愛することと考えていたのかなぁ。

幼少期での母親の介護がそのような考えを与えてしまったのかもしれませんね。


アリシアの妊娠の相手はやっぱりベニグノだったのでしょうか。

その辺りは、途中突如切り替わるサイレントムービーにヒントがあるようにも思えます。


でも、もしアリシアが目覚めたときに、そばにベニグノがいたらアリシアはどう思ったでしょう。

ほとんどストーカー状態だったベニグノを決して愛してはいなかったと思うのですが・・・。


事件のタイミングが違っていたらと思うと、また違うストーリーが生まれそうで、そんなふうに考えることがこの作品の楽しみ方かもしれません。


闘牛士は男だけの世界だと思っていましたが女闘牛士もいることをはじめて知りました。

これがまたかっこいいです。


マルコとアリシアの偶然の出会い・・・ちょっと切ないハッピーエンド・ラブストーリーです。



第75回アカデミー賞 脚本賞

第60回ゴールデン・グローブ 外国語映画賞

第28回LA批評家協会賞 監督賞



★★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

ちょっと複雑な感想

一言では言い表せない作品ですね

ベニグの愛は理解できませんが
アルモドバル監督の感性はすごいと思いました


>Dさんへ

そうですね。
ベニグノを理解するのは難しいですね。

マルコとベニグノ。
愛する女性が昏睡状態である同じ境遇でも
その女性が介護する男性を愛していたのかが問題ですね。

幼少の頃から「愛する」と「介護する」を同義に考えていたベニグノだから
仕方ないのかもしれませんが・・・。

この異常な愛情表現を嫌味なく
やさしく表現したアルモドバル監督・・・すごいですね。


これ好きです

ひでさん、こんにちは!
レッド・ドラゴンのお隣にあったのを見つけました。

ベニグノの愛は異常な愛だと思うんですが、
あの献身的な態度を見ると、簡単には切り捨てられませんね。
ひでさんの言うように、嫌味はありませんが、
私には優しい作品とは思えず、衝撃が突き刺さってきました。
不思議な作品ですが、かなり好きです★

ところで、私のTBはほとんど届いてないようですね(^_^;


>YANさんへ

異常な愛であるはずなのに、
それほど衝撃度がなかったんですよねぇ。
それを「やさしい」と表現してみたのですが・・・。

ペドロ・アルモドバル監督作品は
男性と女性とで受け止め方が大きく変わるかもしれませんね(^-^)

今までのTBですが、届いていませんでした(T_T)
なぜでしょう???
お時間があったら、またチャレンジしてみてくださいね。

今回のTBは届いていました(^-^)v


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トーク・トゥ・ハー

日活 トーク・トゥ・ハー リミテッド・エディション スペイン 2002年 レオノール・ワトリング、?ハヴィエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ、ロサリオ・フローレス、ジェラルディン・チャップリン 【ストーリー】 交通事故で昏睡状態の美しいバレリー

トーク・トゥ・ハー

監督:ペドロ・アルモドバル         製作:2002年スペイン 出演:*ハビエル・カマラ *レオノール・ワトリング      ...

トーク・トゥ・ハー

深い眠りの底でも、女は女であり続ける。
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。