スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバー23

Category : 徒然映画

ナンバー23


Comment:

「23」の呪いにとり憑かれた男の恐怖と隠された謎を暴くミステリー。


シリアス・モードのジム・キャリーが魅せます。


動物管理局で働くウォルターはなぜか浮かない顔。捕獲を依頼された捨て犬にも咬まれて逃げられてしまいます。


ウォルターの誕生日。妻アガサとの待ち合わせ場所に遅れると、アガサは本屋で一冊の本を読んでいました。


本のタイトルは「The Number 23」。


アガサは、ウォルターにその本をプレゼントします。そして、その日からウォルターは本を読み続けていくうちに「23」の呪いにとり憑かれてしまうのですが・・・。


現実と本の世界を重ねながら、ウォルターに迫る恐怖を描いたこの作品。


妄想を含まらせて自らを追い込んでしまうあたり、クリスチャン・ベイルが主演した「マシニスト」とイメージが似ています。


「23」が不吉な数字だったとは・・・。ちょっと、こじつけもあったような気もしますが(^_^;


「マシニスト」と異なる点は、主人公一人で解決するのではなく、家族一丸となって謎を暴こうとする点でしょうか。このようなサイコ的な作品は子供などは逃がすのがセオリーだと思うのですが、この作品では息子のロビンが実に行動的。発言力もあり、ウォルターと父と子の固い絆も描かれています。


妻アガサにも謎めいた部分があり、そこも見所の1つですね。


本の世界の主人公フィンガリングは探偵。自殺願望のブロンドの女を説得する依頼を受けますが、このブロンドの女に「23」の呪いがとり憑いていました。そして、説得は失敗に終わり、その呪いはフィンガリングへととり憑いてしまいます。さらに、その呪いはフィンガリングが愛するファブリツィアを殺すように仕向けるのですが・・・。


本を読むウォルターはフィンガリングと自分が似ていることに気付きます。だとしたら、ファブリツィアがアガサだということ。


つまり、自分はそのうち最愛の妻であるアガサを殺してしまうということ・・・。


ウォルターはこの本の著者であるトップシー・クレッツを探し出し真相を究明しようとしますが・・・。


ウォルター役にはジム・キャリー。ロビン・ウィリアムズ然り。トム・ハンクス然り。コメディを演じれる役者はやはり演技が上手いなぁとつくづく思います。彼がコメディ俳優だということを忘れるくらいに苦悩し、恐怖するウォルターを熱演しています。


アガサ役にはヴァージニア・マドセン。ミステリアスなアガサを好演しています。


ラスト。すべての謎は解き明かされます。家族の大きな愛情も描かれていて納得できる展開でした。しかし、「23」の呪いはどうなったのでしょう。ウォルターにのみ呪いがとり憑いていたのなら、呪いなどそもそもなかったのだと考えられるのですが、著者だと思われていたシリウス・リアリーもウォルターと同じように呪いにとり憑かれていたように思うのですが・・・。


「23」の呪いは本当の存在するのか・・・。ラストシーンのウォルターの表情が何とも意味深でした。



★★★★★★☆☆☆☆



Title:

THE NUMBER 23


Country:

USA (2007)


Cast:

(Walter Sparrow/Fingerling)JIM CARREY

(Agatha Sparrow/Fabrizia)VIRGINIA MADSEN

(Robin Sparrow)LOGAN LERMAN

(Isaac French/Dr. Miles Phoenix)DANNY HUSTON

(Suicide Blonde/Mrs. Dobkins/Young Fingerling's Mother)LYNN COLLINS

(Laura Tollins)RHONA MITRA


Director:

JOEL SCHUMACHER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

ジム・キャリー

劇場鑑賞を迷っているうちに逃した作品です。やっぱり面白そうですね。
『エターナル・サンシャイン』で、私の中ですっかり印象が変わったジム・キャリー。これでも新たな一面を見せてくれるのでしょうか。観るのが楽しみです。


>saryaさんへ

ジム・キャリーは本当に演技がうまいなぁと思います。

でも、この作品・・・結構、不評なようでして・・・(^_^;

私は好きなんですが・・・。

あまり、過大評価せずにご覧になってくださいね(^_^;


つい最近23

という映画を見ました。私が推してるアウグスト・ディールのデビュー作というのでレンタルしたんですよ。ここでも主人公は23という魔の数字に取り付かれている。テロ事件の記事を調べてみると、その日付や住所や年齢などに23が浮かび上がり・・・とかね。私にはこじつけにしか思えなかったなぁ(この話では”誇大妄想にとりつかれる男”という設定を強調するためかと見受けました。実話らしいけど)。
数字23とイルミナティとの関係の本があるそうですね?ダン・ブラウンも書いてました?


>sarahoctavianさんへ

スイマセン。本は読んでいないので分からないです(T_T)
それではダメダメなので、
ちょっとだけですが、調べてみました(^_^;

元々「23」という数字は、ロバート・アントン・ウィルソン作の
「イルミナティ三部作」に描かれているそうですね。

で、「ダ・ヴィンチ・コード」のダン・ブラウンや
「ナンバー23」のファーンリー・フィリップスらが
彼の作品をモチーフにしたのだとか。

「23」のハンス=クリスティアン・シュミットも
「23」の魅力にとりつかれた1人なのかもしれませんね。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。