スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッド・エデュケーション

Category : 徒然映画

バッド・エデュケーション


Comment:

ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的物語。


同性愛者としてカミングアウトしている監督の半自伝的物語。さらに、主要キャストが男性のみ。すべてが「番外」ともいえる作品でした。しかし、それでも「女性に対する願望」や「愛する人への情熱」など、今までの監督作品に通ずるテーマも少なからず描かれています。


でも、どこまでが自伝なのか・・・少年時代の話かなぁ。自伝的物語と言っても、主軸はサスペンス。ドキュメンタリーが苦手な人でも普通に観れる作品・・・かな?


1980年、マドリード。スランプ中の映画監督エンリケ・ゴデは、新聞の記事を読みながらネタ探しをしています。そこへ、突然訪れた旧友イグナシオ。少年時代以来の久しぶりの再会に喜ぶエンリケ。イグナシオは自ら書き上げた自伝的な脚本をエンリケに売り込みに来ました。そして、執拗に主人公サハラを芸名アンヘル・アンドラーデとして演じたいと懇願します。


1人になり、原稿を読み始めるエンリケ。そして、彼の脳裏に映画の世界と自分の少年時代が重なっていきます。


少年時代。エンリケとイグナシオは神学校の寄宿舎で過ごしていました。イグナシオはマノロ神父に天性の美声を聞かせ、褒め称えられます。しかし、マノロ神父はイグナシオに生徒以上の感情を抱いていました。


一方、イグナシオもエンリケと出会い友達以上の感情を互いに抱き始めます。しかし、2人の関係がマノロ神父に知られてしまい・・・。


映画の世界。主人公サハラ(イグナシオ)はドラッグ・クイーン。彼女のショーに1人の男性が客として入ってきます。その男性に好意を抱くサハラ。男性もその気のようで、2人はショーの後ホテルへ。サハラは友人パキートとともに、その男から金目のものを盗もうとしていました。しかし、財布の中身を見たときサハラは驚きます。その男はエンリケだったのです。


サハラは少年時代に起きた事件を思い出し、パキートとともにマノロ神父のいる神学校へ向かうのですが・・・。


そして、現在。原稿を読み終えたエンリケは、イグナシオにサハラ役は君には合わないと告げます。動揺するイグナシオはエンリケの別荘にまで付いて行きます。そこで、エンリケはイグナシオに対し不信感を募らせます。


目の前にいる男は、本当にあのイグナシオなのかと・・・。


少年時代、映画の世界、そして、現在。


3つの世界が別個の存在として描かれているわけではなく、密接に交わりながらストーリーが1つになっていく。その展開が自然で違和感なく進みます。脚本が秀逸なのでしょうね。


イグナシオ役にはガエル・ガルシア・ベルナル。謎の多い美青年イグナシオを魅力的に、映画の世界のサハラを妖艶に演じています。謎の多い役なので、あまり多くは語りませんが、髭面からスッキリした顔立ち、ガッチリした体格からシェイプアップした体格、そして、男性からドラッグ・クイーンまで、さまざまな彼を観ることができます。


エンリケ役にはフェレ・マルティネス。彼の視線が何とも妖しいです(^_^;

エンリケがペドロ・アルモドバル監督の経験から生まれた人物なのでしょうか。


他には「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラやレオノール・ワトリングも出演。特に、ドラッグ・クイーン、パキート役のハビエル・カマラが強烈でした(^_^;


イグナシオの謎を知っても決して感情を激しく表に出さなかったエンリケには、目の前にいるイグナシオより、少年時代の思い出とあの原稿の中だけに本物のイグナシオが映っていたのかもしれませんね。


イグナシオを善い方向へと導いてくれる人は残念ながら1人もいませんでした。そして、イグナシオが引き摺っていた「悪」は身近にいた弟フアンに連鎖し影響を及ぼしてしまいます。


「バッド・エデュケーション」。


それは、フアンがイグナシオの人生から身に付けてしまった「復讐の名を借りた野心」なのかもしれませんね。


ラストに流れるナレーションのエンリケのその後がペドロ・アルモドバル監督の決意のようにも感じられました。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

MALA EDUCACION, LA


Country:

Spain (2004)


Cast:

(Angel/Juan/Zahara)GAEL GARCIA BERNAL

(Enrique Goded)FELE MARTINEZ

(Padre Manolo)DANIEL GIMENEZ CACHO

(Sr. Manuel Berenguer)LLUIS HOMAR

(Padre Jose)FRANCISCO MAESTRE

(Ignacio)FRANCISCO BOIRA

(Martin)JUAN FERNANDEZ

(Ignacio)NACHO PEREZ

(Enrique)RAUL GARCIA FORNEIRO

(Paca/Paquito)JAVIER CAMARA

(Enrique Serrano)ALBERTO FERREIRO

(Monica)LEONOR WATLING


Director:

PEDRO ALMODOVAR


Awards:

New York Film Critics Circle Awards 2004

(NYFCC Award(Best Foreign Language Film))



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

サハラ大好き!

わたくし、この作品がガエルの作品の中で一番好きなのですが(サハラを演じているところが特に好き!)ラストだけはどうしても…納得いかないんですよね~。
それまでが素晴らしい出来なので、尻つぼみのイメージがぬぐえなくて。
何度も観返していますが、そのたびにそう思います。


>ぬーさんへ

ガエル・ガルシア・ベルナルファンにはたまらない作品でしょうね。

サハラ役も妖艶でした。

ラストの尻つぼみ。
わからなくもないですが、
かといって、ハッピーエンドにもできませんしね。
微妙なところです(^_^;


こちらにも

ひでさんは毎月、特集を組んで記事を書いてるんですね。
本物の映画好きなんですね~しかもかなり詳しい!

このアルモドバル監督作品も相当数鑑賞してらっしゃる。
私なんて足元にも及びません。

この作品は、私にはとにかく
アブノーマルな世界にしか映りませんでした。
ひでさんは、特にこだわることなく、
人間ドラマとして捉えているようですね。

ガエルくんは好きなんだけど、この作品の世界には
ちょっとたじろぎました。


>YANさんへ

ペドロ・アルモドバル監督作品を
この作品から観始めると
印象が大きく異なるかもしれませんね。

この作品は他の監督作品と比べるとかなり異質ですからね。

ガエル君は女性の支持が多いですね。
おススメはしませんが、
ガエル君主演の「キング 罪の王」はもっとたじろきますよ(^_^;

特集レビューを楽しんで頂きありがとうございます。
飽きっぽい性格なので、特集を企画すれば
ブログも継続できるのではと思い始めてみました(^_^;
コメントを頂けると励みになります。
次回もお楽しみに(^-^)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。