スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の秘密の花

Category : 徒然映画

私の秘密の花


Comment:

女流作家の自立と愛を描いた作品。


今まで、奇抜でハジけた作品の多かった監督作品ですが、ここにきてしっとりした円熟味がプラスされたような印象を受けます。


レオは一切素性を明かさない「アマンダ・グリス」というペンネームで人気の女流作家でした。しかし、最近はスランプ気味。次回作を中々書けずじまいでした。


レオには悩みがありました。


それは、夫パコとの夫婦関係。パコは軍人で、常に海外へ赴任してばかり。すれ違いの日々で、たまに会ってもケンカ別れしてしまいます。レオは、このままでは2人の愛が冷めてしまうのではと不安でたまりません。以前、パコからプレゼントされ、今はきつくて履けないブーツを無理やり履いてしまい、脱げずに取り乱してしまうほどでした。


そんなレオを心配する親友のベティは、脳死患者の親族に臓器移植を承諾させるためのセミナーを仕切る心理学者。度々、レオの悩みを聞いて励まします。ベティは、レオに他の仕事を勧めます。それは、文芸批評。ベティは、エル・パイス社で働く知り合いのアンヘルを紹介します。


早速、エル・パイス社へ赴くレオ。しかし、そこでアンヘルから頼まれた批評は「アマンダ・グリス」の書籍だったのです。


と、ここまでが導入部。ここで、気になったのがベティの仕事。これは「オール・アバウト・マイ・マザー」の主人公マヌエラに通じますね。


この作品は、今後製作される「女三部作」を予感させるシーンがこの後にも多々ありました。


「アマンダ・グリス」として契約している出版社に来たレオは担当のアリシアから、今まで出版してきた書籍を絶賛されます。


その書籍の内容が何と「ボルベール <帰郷>」と瓜二つ。「ボルベール <帰郷>」のストーリー原案は、ペドロ・アルモドバル監督の頭の中に10年前からあったということなのですね。すごいなぁ。この作品を観てから「ボルベール <帰郷>」を観た人はどのように感じたことでしょう。


しかし、中々次回作を出さないレオは、アリシアとトマスに契約違反していると責められてしまいます。レオはベティに相談しようとベティの家へ向かいます。


そして、相談しようとしたとき、1本の電話が。何とパコからでした。なぜベティの家にパコから電話が・・・。


ベティはレオと電話を代わり、パコは近々家に戻ると伝えます。大喜びのレオ。使用人のブランカにパエリアを作らせて自分は出迎えるドレスを選んでいます。赤色のドレスを着てパコ迎えるレオ。あれ?ブランカに「この服はどう?」と言っていたときは、黄色のドレスを着ていなかったけ?この辺りに愛する男性を待つ女性の心理が窺えます。


レオの衣装は「マックス・マーラ」。イタリアの有名婦人服ブランド。都会で生きる女性たちのためのアクティブかつ女性らしさを忘れないデザイン。レオ役のマリサ・パレデスが着こなす服はどれも中々普段着れないような服ばかりですが、「自立した女性」をイメージさせます。でも、緑のジャケットに赤のコートを着こなすのは男性の私から見ても難しいと思うのですが・・・女性の目からはどのように映るのでしょうかねぇ。


しかし、またレオはパコと衝突してしまいます。そして、ついにパコの秘密を知ることに・・・。


さらに、レオが執筆した作品が、なぜか、まったく知らない人によって出版されてしまう事件も発生してしまいます。


はたして、レオが安らげる場所はどこに・・・。


監督作品の常連、レオの母ハシンタ役にチュス・ランプレアベと妹ロサ役にロッシ・デ・パルマが重くなりそうなストーリーの緩和剤として作品に面白味を与えます。俗に言う「大阪のオバチャン」ですな(^_^;


レオの故郷アルマグロに住むレース編みの女たちの歌にも癒されます。


そして、アンヘル役のフアン・エチャノヴェが恋するオジサンを好演。


ラストは監督作品にはめずらしく、やさしい温もりが感じられるこの作品。大人の恋物語に仕上がっています。



★★★★★★★★☆☆



Title:

FLOR DE MI SECRETO, LA


Country:

Spain/France (1995)


Cast:

(Leo Macias)MARISA PAREDES

(Angel)JUAN ECHANOVE

(Betty)CARMEN ELIAS

(Rosa)ROSSY DE PALMA

(Madre de Leo)CHUS LAMPREAVE

(Manuela)KITI MANVER

(Antonio)JOAQUIN CORTES

(Blanca)MANUELA VARGAS

(Paco)IMANOL ARIAS

(Alicia)GLORIA MUNOZ

(Tomas)JUAN JOSE OTEGUI


Director:

PEDRO ALMODOVAR



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。