スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経衰弱ぎりぎりの女たち

Category : 徒然映画

神経衰弱ぎりぎりの女たち


Comment:

女優ペパの人生を変える2日間の大騒動。


タイトルの「神経衰弱」とは、トランプゲームのことかと思っていたのですが、とんでもない!!本当に「神経衰弱ぎりぎりの女たち」がてんやわんやの大騒ぎを巻き起こします。


ペパは同じ俳優のイバンと同棲中。現在は同じ作品の吹き替え声優をしていました。しかし、イバンはその仕事を最後に留守番電話に伝言を残し姿を消してしまいます。


動揺するペパ。すれ違いで仕事場に現れたペパは、既に吹き込まれたイバンの声を聞きながらセリフを吹き込みます。そして、涙を流し倒れてしまいます。


イバンとの思い出を断ち切るためにペパは、2人で住んでいたペントハウスを売りに出します。


それでもペパは、もう一度イバンに会いたいと必死に行方を捜します。


・・・あることを伝えるために。


ペパはイバンがどこにいるのか、当てがありました。それは、20年前のイバンの恋人ルシア。イバンとの間に産まれた息子カルロスもすでに成人になっていますが、未だルシアはイバンのことを愛していました。その愛情は異常とも呼べるものでした。


ルシアの登場に、2人の女の対決を予感させます。コワッ。


それにしても、なぜイバンにそれほどの魅力があったのでしょうね?そこが不思議なのですが、何とイバンは新しい女、ルシアの弁護士パウリナとも付き合い始めていたのです。


ペドロ・アルモドバル監督作品に登場する男たちは、みんな女たらしで浮気者ばかりのような気がする・・・(^_^;


さらに、恋人がテロリストだったと知り、自分も警察に追われてしまうのではと心配するペパの親友カンデラ。偶然にもペパのペントハウスを見に来たルシアの息子カルロスと恋人マリサも大騒動に拍車をかけます。この当たりのドタバタぶりはペドロ・アルモドバル監督ならではですね。私はもう慣れました(^_^;


ペパ役にはカルメン・マウラ。他の作品と同様に、周りの人に振り回されて疲れてしまう女性を好演?しています。でも、なぜかそこが魅力的だったりするのですが・・・。


ルシア役にはフリエタ・セラーノ。彼女も監督作品の常連ですね。でも、やっぱり怖いです(T_T)


カルロス&マリサ役にはアントニオ・バンデラスとロッシ・デ・パルマ。2人も監督作品に数多く出演しています。

当たり前ですが、ハリウッド進出前のアントニオ・バンデラスは若いなぁ。細いです。

ロッシ・デ・パルマ。一度見たら忘れないであろう強烈な個性を持つお顔立ちですな(^_^;


ストーリー終盤。すべての登場人物が騒動を巻き起こし、そして、ペパのペントハウスに集結します。ここからがこの作品の最大の見せ場になっていきます。


でも、バイクとタクシーのカーチェイスはちょっと苦笑い。もし、あれがフリエタ・セラーノ本人だったら驚きですけどね。


そして、イバンのいる空港にペパ、そして拳銃を手にしたルシアが揃います。


はたして、ペパがとった行動は・・・?


その日までの経験、さらに、その時の感情やタイミングによって、人は人生を大きく変えてしまうことがあります。


ペパとイバンが再会するタイミングが異なれば、また違ったラストを迎えていたことでしょうね。でも、このラストがペパにとって一番幸せなのかも。マリサに真実を語るペパの表情から新たな人生を生きる喜びが伝わってきました。



★★★★★★★☆☆



Title:

MUJERES AL BORDE DE UN ATAQUE DE NERVIOS


Country:

Spain (1988)


Cast:

(Pepa)CARMEN MAURA

(Carlos)ANTONIO BANDERAS

(Lucia)JULIETA SERRANO

(Candela)MARIA BARRANCO

(Marisa)ROSSY DE PALMA

(Paulina Morales)KITI MANVER

(Taxista)GUILLERMO MONTESINOS

(Ivan)FERNANDO GUILLEN


Director:

PEDRO ALMODOVAR


Awards:

Venice Film Festival 1988

(Golden Osella (Best Screenplay))PEDRO ALMODOVAR


New York Film Critics Circle Awards 1988

(NYFCC (Award Best Foreign Language Film))



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

ドンピシャ!

フッフッフ…( ̄▽+ ̄*)
多分ひでさんが次にレビューをUPされるのは
今日でこの作品だろうと踏んでた私は、昨夜コレを観たんですよ♪(^_^)v

空港のフリエタ・セラーノ、怖かったですねぇ(((( ;°Д°))))
詳しい感想は自分の所で明日書きますが、コレ結構好きです♪


>馬面冠者さんへ

バレてましたか(^_^;
あのフリエタ・セラーノに追いかけられたらと思うと・・・コワッ。
ストーリーもしっかりしていて面白かったですね。

レビューを楽しみにしています(^-^)


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。