スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアスプレー

Category : 徒然映画

ヘアスプレー


Comment:

歌あり、ダンスあり、笑いありのミュージカル・ドラマ。


とにかく楽しかったの一言です。


舞台は1960年代のボルチモア。まだ、人種差別が色濃く残っていた時代。


そんなボルチモアに住む女子学生トレーシーは最新の流行を追いかけては真似をし、歌とダンスと恋に夢中などこにでもいる女の子。でも、たった1つだけ違うことは、彼女は「ビッグ・サイズ」だったのです。


でも、そんなことは気にせずポジティブに生きるトレーシー。オープニングから始まるトレーシーの歌とダンス、そして屈託のない笑顔で逆にみんなに幸せを与えているようにも感じます。


トレーシーの夢は、テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演すること。


歌とダンスで盛り上がるこの番組は、トレーシーにとって夢の番組でした。親友のペニーを家に連れてきては2人で番組を観ながら踊っています。


すると、そこへ「ゴミみたいな音楽!脳ミソが粘土になる!」とトレーシーたちに注意する人物が・・・。


出ました!トレーシーの母エドナです。


自宅でランドリー店を営むエドナは、十数年、家から出ずにこもりきり。そのためか、トレーシーよりも「ビッグ・サイズ」なママさんです。


このエドナ役にジョン・トラボルタ。最高です。登場しただけで笑ってしまいました。


そんな、ある日。「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーに空きが出ることになり、急遽、オーディションが開催されます。


もちろん、一気に夢に近づくトレーシーはオーディションに参加しようとしますが・・・。


この辺りのシーンでは親子愛が語られていますね。トレーシーの父ウィルバー役のクリストファー・ウォーケンがこれまた良い!トレーシーの良き理解者を好演しています。


トレーシーが「コーニー・コリンズ・ショー」に出演したいもう1つの理由が憧れの人気ダンサー、リンクに会えることでした。


しかし、恋のライバルになるアンバーが登場し、さらにアンバーの母で番組の責任者、さらに、黒人を差別するベルマが暗躍し、トレーシーを窮地に陥れます。


ベルマ役にはミシェル・ファイファー。悪役が板に付いて来ていますね(^_^;


そして、番組では提供スポンサー主催の「ミス・ヘアスプレー」も開催します。


はたして、栄冠は誰の手に・・・。


と、ここまでが楽しいメイン・ストーリーですが、実はそれだけではなく、「人種差別」についての強いメッセージ性を含んだ作品でもありました。


「コーニー・コリンズ・ショー」では通常放送は白人のみ出演し、週1日だけ「ブラック・デイ」と称し、黒人だけで構成する番組を放送します。さらに、「ブラック・デイ」でのメインDJメイベルですら、ベルマから差別的な扱いを受けてしまいます。


そしてメイベルとトレーシーが出会うことで、とんでもない事態になってしまいます。


メイベル役にはクイーン・ラティファ。彼女の歌が素晴らしいです。


そして、ラスト。「ミス・ヘアスプレー」が生放送で開催します。


もう、幸福感で満たされた空気が伝わってきます。キャスト総出演ですね。ジョン・トラボルタのダンス。リズム感が素晴らしいです。よくあの格好で踊れるなぁと感心してしまいます。


終盤になってトレーシーがちょっと目立たなくなってしまったかなぁと感じましたが、ラストのラストで魅せました。外見ではなく溢れんばかりの「心の魅力」で射止めたのでしょうね。


トレーシー役にはニッキー・ブロンスキー。彼女なくしてこの作品は完成しなかったことでしょう。それほどのハマり役だったと思います。


夢。恋。そして、未来。若さの持つエネルギーって素晴らしいなぁ。


この作品を観て幸せになれない人はいないのでは?と思えるほどの「アメリカ」らしい楽しい作品でした。



★★★★★★★★



Title:

HAIRSPRAY


Country:

USA/UK (2007)


Cast:

(Edna Turnblad)JOHN TRAVOLTA

(Velma Von Tussle)MICHELLE PFEIFFER

(Wilbur Turnblad)CHRISTOPHER WALKEN

(Penny Pingleton)AMANDA BYNES

(Corny Collins)JAMES MARSDEN

(Motormouth Maybelle)QUEEN LATIFAH

(Amber Von Tussle)BRITTANY SNOW

(Link Larkin)ZAC EFRON

(Seaweed)ELIJAH KELLEY

(Prudy Pingleton)ALLISON JANNEY

(Tracy Turnblad)NIKKI BLONSKY

(Little Inez)TAYLOR PARKS


Director:

ADAM SHANKMAN



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

本当に

楽しくて、見てるこちらを喜ばせてくれて
前向きにもさせてくれて、いい映画見たなぁ、と
思いました♪
それに出演者のみんなが良かったですよね~!
ひでさんが書いてらっしゃるように、ニッキー・ブロンスキーなしではこの映画はなかったかな、って思ったし、トラボルタもウォーケンもクイーン・ラティファも、みんなそれぞれが自分のパートをものすごく上手く演じてて、素晴らしかったですよね~!
そうそう、しっかり人種差別についても描いてありましたね~。でも、ラティファの歌と、この映画の明るさと、みんなの前向きさで、その題材も重すぎずにさらっと・・だったので、余計に良かったし、ある意味そっちの方が印象に残ったりするので、上手い具合に描いてあったなぁ、と思いました。
TB&コメント、どうもありがとうございました~♪


>メルさんへ

仰るとおり、「人種差別」という重い問題でも
皆、前向きだったのが良かったですね。

トレーシーもアンバーに体型でいじめられていましたね。
その辺りから「差別=いじめ」として置き換えると日本が抱えるいじめ問題のテーマとして考えることもできるもしれませんね。

何にせよ、トレーシーのようにいじめられてもへこたれず
あのスマイルを絶やさなければ、夢は叶うし、憧れの人とも・・・。
ネガティブよりポジティブ!!ですね(^_^)v


ミュージカル

ひでさん、こんにちは!
ひょっとして、ミュージカルをご覧になるのは
珍しいのでは? 違ったかな?
これは、歌が多くても、ダンスでノリノリだったし、
とにかく全体のムードがパワフルでポジティヴで、
たとえミュージカルが苦手だとしても楽しめる内容でした。

ただ、楽しいだけで終わらず、
人種差別や見た目の差別偏見も描いていて、
どう対処するかもスンナリ納得できるような、
いい作品でしたよね~ これは観て良かったです!


>YANさんへ

まぁ、積極的には観ませんね(^_^;
でも、嫌いではないですよ。

あのポジティブさは
さすがアメリカ!って感じでしたね。

きちんと伝えたいことは
丁寧に描かれていたところも良かったです。

私も観て良かったと思える楽しい作品でした。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヘアスプレー」

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1962年、米メリーランド州ボルチモア。ダンスとオシャレに夢中な16歳のトレーシー(ニッキー・ ブロンスキー)は、人気TV番組“コーニー・コリンズ・ショー
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。