スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き雲

Category : 徒然映画

浮き雲


Comment:

アキ・カウリスマキ監督の「敗者三部作」の1作目。


レンタル店でようやく見つけたこの作品。久々にVHSで鑑賞しました。


「敗者三部作」の名に恥じない?敗者っぷりです(^_^;


レストラン「ドゥグロヴニク」の給仕長イロナは38歳。支配人に代わり、まとめ役としてみんなから信頼を得ています。イロナの夫ラウリは路面電車の運転手。2人の暮らしはごく平凡なものでした。


しかし、ラウリがリストラされてしまってから、2人の人生の歯車が狂いだします。


2人でデートに出かけても、イラつくラウリ。不審に思うイロナはラウリを問い詰めます。ラウリはイロナにリストラされたことを言っていなかったのです。その期間1ヶ月。ラウリは、失業手当も受けずに再就職先を探そうと決意しますが、ことごとく失敗。頼りになるのはイロナだけでした。


しかし、イロナにも不幸が訪れます。


レストランが融資を受けていた銀行が代わり、銀行員がローンの完済にやって来たのです。とても払えないと支配人のスヨホルム。亡き夫から受け継いだレストランの38年の歴史に幕を閉じます。


そして、イロナも無職になってしまうのですが・・・。


まぁ、これでもかと不幸が襲いかかるイロナとラウリ。


同じく無職になってしまったレストランのクローク係メラルティンやシェフのラユネンは、飲んだくれて嘆いているだけでしたが、この2人は決して弱音を吐かず、常に前を見て歩いていました。


「敗者三部作」で共通して言えることは、敗者となる主人公たちが、自分のことを「敗者ではない」と思っていることが挙げられます。


それは、プライド?なのかもしれないし、単なる勘違い?鈍感?なのかもしれません。


でも、これって結構重要ですよね。自分で負けを認めたら、そこまでですから。


イロナとラウリを見ていると、リストラされてお金がない程度の不幸は不幸と言えないのでは?と思ってしまうほどでした。


イロナとラウリのこれほどまでの逞しさは、2人の愛もエネルギーになっているのでしょう。2人の会話は、アキ・カウリスマキ監督作品独特の言葉数が少なく、感情の強弱も少ないため、時折みせる2人の何気ないキスシーンが非常に印象に残り、2人の愛を深く表現しているかのようでした。


イロナ役にはカティ・オウティネン。アキ・カウリスマキ監督作品にはなくなてならない女優ですね。


アキ・カウリスマキ監督作品のもう1つの特徴とも言える音楽もオープニングから聞かせます。この作品ではジャズ調の曲が多いですが、イロナとラウリの人生と相まって中盤あたりから「演歌」のようにも聞こえてきました(^_^;


あと、お約束のワンちゃん(名前はピエタリ)も登場します。


ラスト。他の「敗者三部作」である「過去のない男」、「街のあかり」と比べると、大団円になるのでしょうね。それでも、イロナとラウリの2人(それと、ピエタリ)のラストシーンに、三部作に共通する素晴らしい人生が始まる予感と心の温もりを感じることができます。


真っ青な空に浮かぶ真っ白な雲を見上げたときのように、心が穏やかになれる作品でした。



★★★★★★★★



Title:

KAUAS PILVET KARKAAVAT


Country:

Finland (1996)


Cast:

(Ilona)KATI OUTINEN

(Lauri)KARI VAANANEN

(Rouva Sjoholm)ELINA SALO

(Melartin)SAKARI KUOSMANEN

(Lajunen)MARKKU PELTOLA

(Forsstrom)MATTI ONNISMAA

(Pietari)PIETARI


Director:

AKI KAURISMAKI



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

大好きな作品です

どんなに不幸でも前を向く
少しでも歩いてみる

空を見上げたらきっといつもと変わらない青い空かもしれない・・

そんな素敵なことを教えてくれる作品ですよね
本当に手元に置きたい作品です!!
Box欲しい~~~と思うのですが・・(汗)


レンタルショップにあったんですか!!

自分はいまだに見つかりません(^^;

やはり、とても良さそうな作品ですね。
これは、どしても観なくては。

どうしても観たいのでTUTAYA DISCASに申し込みたいと嫁さんに申し送りしてみたところ、
「いつも急に思い立ってレンタルしにいってるじゃん、予約は待ちきれないんじゃない?お金もかかるし」と一蹴りでした(^^;
現在、少ないお小遣いをちょっとづつ貯めながら、
買ってしまう計画を立てています(笑)


いいなぁ~

羨ましい~~~~!
レンタルショップにあったなんて・・くぅ~~うらやましすぎる。
私はいまだに見つけられず、買うのもなぁ~・・と
ちょっと躊躇しつつ、現在に至る・・です(^^ゞ

お約束のワンも登場するんですね~♪
記事を読ませてもらって、またもやどうしても
見たい気持ちがむくむくと・・です^^


>Dさんへ

「敗者三部作」の中では感情が
ストレートに伝わってきたように思います。

エンドロールの曲も最高でした(^-^)

BOX・・・高いですよね。悩みどころです(^_^;


>メルさんへ

今まで入ったことのないレンタル店にて見つけました。

ホント、奇跡に近い出会いでしたね。
即、そこの会員になってレンタルしてしまいました(^_^;

1作目にして三部作の集大成的な作品だと思います。
オススメです(^_^)v


>Toy'sさんへ

Toy'sさんのオススメ作品は
私にもジャストミートなので、感謝でいっぱいです。

Toy'sさん宅の大蔵省(=奥様)には却下されてしまいましたか(^_^;

こうなったら、BOXで購入してみては?


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浮き雲

アップリンク 真夜中の虹/浮き雲 フィンランド 1996年 カティ・オウティネン、カリ・ヴァーナネン、エリナ・サロ、サカリ・クオスマネン、 監督・脚本:アキ・カウリスマキ 『過去のない男』、『街のあかり』 【ストーリー】 老舗のレストランの給仕長を
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。