スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在の耐えられない軽さ

Category : 徒然映画

存在の耐えられない軽さ


Comment:

1968年のプラハを舞台に激動の時代の中で繰り広げられるラブ・ストーリー。


内容盛り沢山の作品でした。


それもそのはず。上映時間173分の大作。知らずに観ていたので、鑑賞後はちょっとバテ気味でした(^_^;


天才脳外科医トマシュは、決して深い恋愛には発展させずに、多くの女性と付き合うプレイボーイ。そんな彼が出張先でテレーザと出会います。


テレーザも他の女性と同様にトマシュの誘いに応じてしまいますが、テレーザはトマシュを追いかけるようにプラハにやって来てトマシュと同棲するようになります。


多くの女性と付き合ってきたトマシュでしたが、今まで誰一人として、自分の家に泊めることはありませんでした。


でも、テレーザだけは泊めることにしました。


確かに、今まで付き合っていた看護士や一番の理解者である画家のサビーナとは雰囲気が異なります。トマシュが初めて深く付き合おうと決めた女性がテレーザでした。


しかし、テレーザも女性。同棲を始めても他の女性と付き合っているトマシュに嫉妬してしまいます。


トマシュは根っからのプレイボーイでした(^_^;


そして、2人の仲に亀裂が生じ始めた頃、突如、ソ連軍の軍事介入が始まります。


ただのラブ・ストーリーと思いきや、意外と社会派のこの作品。


写真家として活動し始めたテレーザの視点から、凄惨なプラハの光景を伝えています。


ソ連軍の非道を世に伝えようと写真を撮り続けるテレーザ。


共産主義の辛辣に皮肉ったコラムを出版していたトマシュ。


2人ともソ連軍から狙われてしまうのですが・・・。


トマシュ役にはダニエル・デイ・ルイス。今や2度のオスカーに輝いた名俳優ですね。そんな彼の若かりし頃の作品です。「眺めのいい部屋」と「マイ・レフトフット」のみ観たことがあるのですが、この2作品とはまったく異なる役柄を演じていたので、驚きと新鮮さがありました。役の幅が広いですね。


テレーザ役にはジュリエット・ビノシュ。今は母親役の多い彼女ですが、この作品のジュリエット・ビノシュは容姿から仕種まで、まぁカワイイです(*^_^*)


トマシュと初めて出会い、待ち合わせの場所にやって来るシーン・・・トマシュでなくてもイチコロです。


テレーザと正反対なサビーナ役のレナ・オリンも圧倒的な存在感を放っています。大人の雰囲気(=フェロモン)が画面から匂ってきます(^_^;


サビーナはトマシュを愛していたはずなのになぁと思うのですが・・・やはり、そこは大人の女性なのでしょうか。


一途に愛することを願うテレーザの愛は重く、愛することに執着しないトマシュの愛は軽い。故にテレーザはトマシュの存在に耐えられなくなります。


はたして、2人の愛の結末は・・・。


なぜ、あのラストにしたのかが少し疑問に感じるものの、あのラストでトマシュは他の女性に見向きもできなくなるのかなぁ。テレーザにとってはこれからも2人で仲良く暮らせることに幸せを感じているのではないでしょうか。


でも、一番感じたことは・・・・・・やっぱり、上映時間が長かったかなぁ(T_T)



★★★★★★☆☆☆☆



Title:

THE UNBEARABLE LIGHTNESS OF BEING


Country:

USA (1988)


Cast:

(Tomas)DANIEL DAY-LEWIS

(Tereza)JULIETTE BINOCHE

(Sabina)LENA OLIN

(Franz)DEREK DE LINT

(The Ambassador)ERLAND JOSEPHSON

(Pavel)PAVEL LANDOVSKY

(Chief Surgeon)DONALD MOFFAT

(Interior Ministry Official)DANIEL OLBRYCHSKI

(The Engineer)STELLAN SKARSGARD


Director:

PHILIP KAUFMAN



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

こんにちは

この作品は昔っから気になっているんですが、
上映時間の長さと淡々とした物語っぽいイメージがあって、なかなか手が出ない作品です(^^;
ダニエル・デイ・ルイスは本当に素晴らしい役者さんですよね。
どんな作品でも、そのキャラクターを自分のものにしてしまいますよね。
レナ・オリンは「蜘蛛女」(でしたっけ?)の強烈なイメージから、怖い女性としか見れません(笑)
今度気合いを入れて、この作品にチャレンジしてみようと思います。


>Toy'sさんへ

>上映時間の長さと淡々とした物語っぽいイメージがあって
はい。その通りでございます(T_T)

夜中。上映時間を知らずに観始めてしまい、
いつまで経っても終わらず、途中でリタイアしてしまいました(T_T)

レナ・オリン。あの眼光が怖いですよね(^_^;
DVDパッケージの画像で四つん這いになっている女性はもちろん彼女。
ヒロインのジュリエット・ビノシュを差し置いて
パッケージにドーンと掲載されるとは・・・さすがです(^_^;


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。