スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、帰る

Category : 徒然映画

父、帰る


Comment:

十数年ぶりに帰ってきた父と父との思い出など無い2人の息子の1週間を描いた人間ドラマ。


何て言ったら良いのか・・・。虚無感・・・。後悔・・・。何だろう・・・切なく悲しい物語でした。


幼い頃から母と祖母に育てられた兄アンドレイと弟イワン。父が居なくても逞しく育った2人の前に突然、記憶に無い父が帰ってきました。


写真でしか知らない父の姿に喜ぶアンドレイ。しかし、イワンは猜疑心の強い目で「その人」を見ていました。


初めての食事。アンドレイとイワンは、母から水で薄めたワインを渡され、家族みんなで祝杯をあげます。


でも、その場には「一家団欒」という雰囲気はありません。そんな中、父が2人の息子と旅行に行くと言い出します。1泊の小旅行で近くの滝で魚釣りやキャンプをしようと計画します。これにはイワンも喜びます。


そして、翌日。父と2人の息子は旅立ちますが・・・。


アンドレイとイワンは、この旅行で様々なトラブルに出会います。


それでも、終始、アンドレイは父に憧れ、イワンは反抗します。この2人の正反対な性格は、今までアンドレイはイワンの父親代わりもしていたのかなぁとか、イワンは近所の子供たちからいじめられても父がいないから助けてもらえなかったことへのイヤミやワガママが出てしまっているのかなぁと想像してしまいます。


しかし、イワンの父に反抗する態度は尋常ではありませんでした。


父を父と呼ばず、仇のように睨むイワンの目。


そんな父とイワンを間を取り持とうするアンドレイ。何て良い兄なんだと思う反面、協調性があり過ぎて人に流されてしまうタイプなのかなぁと見受けられる場面もありました。


反抗してまで我を通そうとするイワン。

協調性を大事にするアンドレイ。


これが父が居ない生活の中で自然と身に付けた2人の生き方なのかもしれませんね。


そして、父は感情を表に出さずに2人の息子に命令し、親の威厳を保とうします。時には暴力を振るうことも・・・。


イワン役のイワン・ドブロヌラヴォフの演技が秀逸です。彼の演技力でこの作品の重厚さが倍増したように感じます。


父役のコンスタンチン・ラヴロネンコも謎めいた父親像を好演しています。


アンドレイ役のウラジーミル・ガーリンも素晴しいです。終盤のストーリーは、イワンだけではとても耐えられなかったでしょうね。アンドレイが居たからイワンも正気を保てたと思います。弟を守ろうとする兄の想いが演技から伝わってきます。


三者三様。絶妙かつ危険なバランスでストーリーも終盤へと進みます。


そして、衝撃のラスト。


父は何のために帰ってきたのでしょうか。

父は何のために小旅行を計画したのでしょうか。

父は子供たちを愛していたのでしょうか。


そして、父が掘り起こした箱の中身はいったい何だったのでしょうか。


父は何となく裏の商売をしていそうな気配があったので、稼いだ大金が入っていたのか・・・。

それとも、まだ赤ん坊の頃のアンドレイとイワンの写真が入っていたのか・・・。


何も知らないアンドレイとイワン。


彼らの今後の苦痛を考えると、とても明るい未来があるとは思えないところが悲しいです・・・。


しかし、明らかにこの1週間でアンドレイとイワンは逞しくなったと思います。これからも母や祖母を悲しませないように逞しく生き抜いて欲しいですね。



★★★★★★★☆☆



Title:

VOZVRASHCHENIYE


Country:

Russia (2003)


Cast:

(Andrey)VLADIMIR GARIN

(Ivan)IVAN DOBRONRAVOV

(Father)KONSTANTIN LAVRONENKO

(Mother)NATALYA VDOVINA


Director:

ANDREI ZVYAGINTSEV


Awards:

Venice Film Festival 2003

(Golden Lion)ANDREI ZVYAGINTSEV

(Luigi De Laurentiis Award)ANDREI ZVYAGINTSEV



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

箱の中身

なんだろう?ってすごく気になりましたが
ひでさんの記事を読ませもらって、あ~そうか
2人の息子の写真って、良いかも~って思いました。そう思いたいなぁ。
あの映像の美しさと寂寥感と相まって、すごく
印象に残る映画となりました。
父親の行動に疑問を感じるところもありましたが
むやみやたらに怒ってるわけでもなかったので
その点救われたと言うか、間違ったことを言ってたわけじゃないし、あれはしつけか?とも思ったり。でも、これまでがこれまでですもんね~。
急に帰ってきてあれじゃぁなかなか息子たちも
納得できなかったでしょう。
撮影後、あの湖でお兄ちゃん役のウラジーミル・ガーリンが亡くなったというのを知って、なんだか妙な気持ちがしました。


こんにちは

この作品は未見です。
父親になってから、父と子を描いた作品を発見すると気になってしかたがないのですが、
「ある子供」「息子のまなざし」と共に、
なかなかレンタルできない作品です。
何故か自分でも分からないのですが、きっと自分の中で親子がハッピーエンドになる作品を求めているからなのかも知れません。
でも、どれも見たい作品なので、気合いが入ったら観てみようと思います。


>メルさんへ

イワンが父と接し辛かったように
父も息子たちとどのように接すれば良いのか
戸惑っていたのかもしれませんね。

箱の中身は観た人によって
違うものになるのでしょうね。
私はBadとGoodと考えてみましたが・・・(^_^;

ウラジーミル・ガーリンが亡くなったのですか・・・。
これからって時に・・・ショックですね。


>Toy'sさんへ

父親であるToy'sさんのレビューを
ぜひ読んでみたいです。

父親でない私の場合は
息子の立場に立って観ていたような気がします。

決してハッピーエンドではないのですが、
バッドエンドでもないような・・・。う~ん(^_^;

気合いが入ったら観てくださいね。


心にひっかかる作品

ひでさん、こんにちは!
最近ひでさんがUPされている作品は、
観てない作品ばかりで・・・(^_^;

この「父、帰る」は、何とも言えないラストのせいで、
虚無感が漂いましたね・・・
私もひでさんと同じ疑問が残りました。

これは、あの父親に共感できる人は少ないんじゃないでしょうか。
だから、私も子供の立場で観ましたよ。
最終的には短い父親との時間を通して、
子供達はひとまわり成長したんだと思いますが。


>YANさんへ

この作品のラストは確かに虚無感が漂ってましたね。

父親ももっと語りかけてあげればなぁ。
はじめて会った父と子の距離は
あまりに長過ぎたのでしょうか・・・。

でも、心に残る作品だと思います。
ロシア作品は意外と秀逸な作品が多いかも。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「父、帰る」

ロシアの片田舎。2人の兄弟、アンドレイとイワンは母とつつましくも 幸せに暮らしていた。父親は12年前に家を出て行ったきり音信不通。 兄弟は写真でしか父の顔を知らなかった。 そんなある夏の日、父が突然家に帰ってきた。 寡黙な父はこれまでのことを何も語ろうとはせ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。