スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンニバル

Category : 徒然映画


ハンニバル


過去ログ:2006年4月14日(金)

監督:リドリー・スコット

キャスト:アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア


バッファロー・ビル事件から10年後。FBI特別捜査官クラリス・スターリングは、今やチームの指揮を執るほどのキャリアを持っていた。が、麻薬ディーラーを逮捕する作戦で現地の警察と衝突。作戦は失敗するだけに留まらず、麻薬ディーラー側との激しい銃撃戦となり、双方に多数の死者が出る惨事となってしまった。そしてクラリスはFBI内部から査察を受け窮地に立たされる。しかしこの査察には政財界をも動かす大富豪メイスン・ヴァージャーが糸を引いていたのだ。一方、イタリアのフィレンツェの図書館では、失踪した司書の代わりとしてフェル博士が雇われる。このフェル博士こそバッファロー・ビル事件の折、脱走したハンニバル・レクターその人であった。10年間、沈黙を続けていたレクター博士がついに動き出す。


Comment:

バッファロー・ビル事件(「羊たちの沈黙」)では、外界にクラリス、地下にレクター博士という立場であったが、この作品では立場が逆。クラリスはFBIの地下でレクターの情報を収集し、レクター博士は外界で普通?に暮らしている。でも個人的にはやはりレクター博士は、地下の牢獄で不適な笑みをしている方がより怖い気がした。しかし、ヴァージャーとイタリアの刑事パッツィによって2人は運命の再会を果たす。そして、ラストの晩餐・・・グロすぎるぅ~。正直、観たくなかった。その後、展開されるレクター博士VSクラリス。レクター博士の選択はどんな思いからなのか。


One More:

「アンソニー・ホプキンス=ハンニバル・レクター」は、「渥美清=寅さん」レベルのはまり役。

怖いけどどこか品のある立ち居振る舞いが、フィレンツェの街によく似合っています。


クラリス役は、ジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアへ。う~ん、どうなの?と半信半疑でしたが、見事に演じていたのではないでしょうか。2人ともどことなく雰囲気は似ていますよね。


メイスン・ヴァージャー役には、ゲイリー・オールドマン。が、もう彼だとはわかりません。どこかイッちゃっている役が本当に多いですね。


監督のリドリー・スコットといえば「エイリアン」。気持ち悪さとグロさは「ハンニバル」も負けていません。でも、あの晩餐は本当に映像にしてもよかったのですかねぇ。とにかく「グロさ」だけが印象に残ってしまい、「羊たちの沈黙」のような「精神的な恐怖」はあまり感じられませんでした。残念。


あ、あとパッツィ役のジャンカルロ・ジンニーニが渋くてカッコいい!



追記:
製作:2001年、アメリカ



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

クラリスを

違う役者が演じる・・
そこに?を感じつつ観たのですが
仰るとおり、いい感じでした

この作品・・ラストを思い出すとゾッとします(泣)


>Dさんへ

ジュリアン・ムーア、頑張ってましたね。
クラリスのイメージは損なっていなかったと思います。

ただラストの晩餐は・・・食事しながら観れませんね・・・^_^;


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。