スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インベージョン

Category : 徒然映画

インベージョン


Comment:

ジャック・フィニイ原作の1955年の古典SF小説「盗まれた街」の4回目の映画化作品。


時代ごとに脚色は異なるとは思いますが、見応えのある作品でした。


スペースシャトルの墜落事故が起きます。


現場にはスペースシャトルの破片が散乱しますが、その破片には未知の生物が付着していました。


その生物は人間の血液に混じり、その人の人格を変え、さらに他の人間に感染していきます。


この作品が他のSFホラー作品と異なるのは、感染した人間がゾンビやエイリアンのように凶暴にならず、今までと同じように生活していること。逆に、争いごとがなく、国家間の紛争も終結。世界中の人たちが望んでいた平和な世の中になっていきます。


しかし、その平和な世の中は、人格のない世界。偽りの平和でした。


バツイチの精神科医のキャロルは最愛の息子オリバーを、元夫タッカーに預けます。しかし、タッカーはすでに感染していました。キャロルは街の人々の様子がおかしいこと。そして、友人の医師ベンやガレアーノとともに、未知の生物による感染が原因であることを突き止めます。


キャロルはオリバーを助けに向かいますが・・・。


派手な展開はほとんどありません。しかし、街が次第に変わっていく様子。誰が感染者なのか。そして、感情を押し殺し感染者として振舞わなければならない恐怖に息を呑みます。


また、未知の生物に感染しても助かる方法がありました。それは、眠らないこと。


「ガマン大会」の様相を呈していますが眠ったら最後。人格が変わり本当の自分では無くなってしまいます。


キャロルは、オリバーを助けるためにベンの家へと向かいますが、感染していたベンに返り討ちに合い、感染予備軍になってしまいます。


キャロルの睡魔との闘いも見所の1つですね。


キャロル役には二コール・キッドマン。オリバーを助けたいがために、感情を押し殺しながら敵地へ乗り込む気丈な母親を好演しています。やっぱり美人ですねぇ。華があります。


ベン役にはダニエル・クレイグ。キャロルと比べると落ち着いて対処していた、悪く言えば無用心で能天気なベンでしたが、「あぁ、やっぱりね。」っていう展開になりました(^_^;


監督はオリヴァー・ヒルシュビーゲル。「es」を観たことがありますが、この作品も「es」と同様に人の心理を鋭く追求した作品に仕上がっています。


「人間が争わなくなったら、それは人間ではない。」


この作品のメッセージとも言えるセリフです。人は誰しも平和を望んでいるはずです。しかし、現実には戦争、紛争、犯罪が絶えません。


国家間の利害関係。過剰な愛国心や信教心。人種や貧富による差別。さまざまな要因が戦争へと導いてしまいます。


この作品で描かれた世界は、その要因がすべて無くなった平和な世界。でもその世界に違和感を感じました。


「争う=戦争」ではなく「争う=競い合う」。お互いに刺激を受けながら切磋琢磨することで、人が世界が良い方向へと進めば良いのですが・・・。


現実に起こりえるかもしれないというSFホラーの恐怖とともに、いろいろと考えさせられる作品でした。



★★★★★★☆☆☆



Title:

THE INVASION


Country:

USA/Australia (2007)


Cast:

(Carol Bennell)NICOLE KIDMAN

(Ben Driscoll)DANIEL CRAIG

(Tucker Kaufman)JEREMY NORTHAM

(Oliver)JACKSON BOND


Director:

OLIVER HIRSCHBIEGEL



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


人気blogランキングへ



スポンサーサイト

Comment

無題

「感情がなくなった人」「争わなくなった人」というのに、とても興味を持ちました。
ぜひ借りてみたいと思います☆
素敵な映画を教えてくださって、ありがとうございました。


>りんさんへ

普通にSFホラーとしても楽しめると思います。
派手さはありませんが・・・(^_^;

レビューを楽しみにしています(^_^)v


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インベージョン

「戦わなくなったら,人間は人間でなくなる。」この映画のエンディングに語られる台詞
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。