スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルベール <帰郷>

Category : 徒然映画

ボルベール <帰郷>


監督:ペドロ・アルモドバル

キャスト:

ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス

ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアベ

製作:2006年、スペイン


スペイン、ラ・マンチャ。村の女性たちが一同に墓の掃除をしている。その中で、両親の墓を掃除しているライムンダと姉ソーレ。そして、その風習を不思議がるライムンダの娘パウラ。


マドリッドからやって来た3人は叔母パウラの見舞いにも立ち寄る。既に目は見えず、物覚えも悪くなった叔母はライムンダのことしか覚えていない様子だった。しかし、帰り際にライムンダとソーレのために大好きなウエハースが作ってあったことに不審に思いながら帰途に着く。


ライムンダとパウラが家に帰ると、夫パコから仕事をクビになったことを知らされる。激怒するライムンダ。2人の愛は既に冷めていた。


そんなある日。娘パウラが雨の中、傘もささずに仕事から帰るライムンダをバス停で待っていた。何があったのかと問いただすライムンダ。家に帰ると、そこには包丁で刺され、既に息絶えていたパコが倒れていた。


Comment:

母と娘の絆。そして、三世代の女性たちの愛を情熱的に描いた人間ドラマ。


ペドロ・アルモドバル監督の「女三部作」の最終章。すこぶる良いです。


「オール・アバウト・マイ・マザー」での異なる世代の女性たちへの賛歌。

「トーク・トゥ・ハー」での屈折した愛情の中に眠る真実の愛。


それらを、見事にまとめた集大成のような作品でした。


パコは娘パウラに襲いかかろうとしたところを、パウラに刺されてしまいます。父親を殺してしまったパウラ。事情を知ったライムンダはパウラを安心させるように、自分が殺したと、そしてパウラには何もしていないと思いなさいと庇います。


時を同じくして、先日見舞った叔母パウラの訃報の知らせが届きます。仲の良かった叔母の死に悲しむライムンダでしたが、パコの後始末のため、葬儀に出席することができず、姉ソーレのみ参列することになります。


そこで、ソーレが聞いた1つの噂。叔母パウラがなぜ今まで1人で生活できたのか。それは、ライムンダとソーレの母イレネが幽霊となり看護していたから・・・。


その噂は村中に広まり、実際にイレネを見たという人までいました。


それもそのはず。イレネは幽霊ではなく、実は生きていて、今まで叔母の家に隠れて暮らしていました。そして、叔母の死によって、隠れることが難しくなり、イレネはソーレの車のトランクに隠れて村を出るのですが・・・。


ほとんどの登場人物は女性ばかり。男性は最低な男。それでも不思議と「女性のための映画」とは感じませんでした。それは、「母親」、「親子」というテーマに重きを置いていたからでしょうね。


イレネはライムンダとの再会に躊躇していました。幼い頃はイレネに甘えてばかりいたライムンダでしたが、10歳の頃からイレネを避けるようになり、パコと村を出てしまいます。そして、ライムンダは娘パウラに最大級の愛情を注ぎます。もちろん娘だからなのですが・・・しかし。


それには理由がありました。


その理由を知ったとき、ライムンダという女性の真の逞しさ、悲しさ、そして、母イレネ、娘パウラへの愛情の深さを知ったような気がしました。


ライムンダ役にはペネロペ・クルス。賞賛に値する演技を披露しているのではないでしょうか。一皮剥けた感があります。美しさはもちろんなのですが、「人間味」という深い味わいも加わっていたと思います。この役のために、体重を増やしただけでなく、「付け尻」もして演じたそうです。逞しく生きてきたライムンダがスレンダーな体型であるはずがありませんからね。


イレネの秘密。ライムンダの秘密。そして2人の再会。


2人のわだかまりが解けたときが、2人にとっての「ボルベール <帰郷>」だったのでしょうね。


ライムンダが情感タップリに歌うタンゴの名曲「ボルベール <帰郷>」がすべてを物語り、そして心に響きます。



第59回カンヌ国際映画祭 女優賞(6人の女優たち)、脚本賞



★★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

あらっ。

ボルベールつながり?かぶりましたね(笑)

ペネロペ・クルスはいい演技でしたね。本当に、人間味が感じられました。もともとほっそいペネロペなので、これくらいふっくらしたほうが色っぽくて私は好きです。お尻大きいな~とは思ったのですが、付け尻してたのは知りませんでした!


こんばんは

ひでさんの評価はかなり高いですね(^^
この作品、実は今レンタル中でまだ観ていないのですが、
今日返却しなければなりません(T。T)
ここ最近忙しすぎて、レンタルしても観れない作品が多くてヘコみぎみです(^^;
もう一度レンタルして観ようと思います。
観ましたら、またコメントしますね(^^


集大成のような・・

って、ほんとそうでした。
いい作品でしたよね~♪
母・娘の物語でもありましたが、親子がテーマでしたね。

そうそう、おっしゃる通りペネロペはこれまでに
ないような役で、一皮剥けた感がしました。
”>美しさはもちろんなのですが、「人間味」という深い味わいも加わっていたと思います”
まさしくそうでした。

おぉ!付け尻の話は初めてしりました~!
そうだったんですね~!!!
そんなことしなくても私のお尻、分けてあげたのに~!(笑)


>saryaさんへ

同じ時期のレビューでしたね。

この作品で、私の中のペネロペ・クルスの評価がグンとアップしました。
ペネロペ・クルスは、
ハリウッド作品よりスペイン作品が合っていますね。


>Toy'sさんへ

ちょっと、評価高すぎでしたかねぇ?
でも、それぐらいペネロペ・クルスの演技が素晴らしかったです。

レンタルしたのに観ずに返却するのはヘコみますよね(^_^;

お暇になったら、またレンタルしてくださいね。
レビューを楽しみにしています。


>メルさんへ

この作品は母と娘の話でしたが、
親との関係を見つめ直す作品だったように思いました。

久しく会っていない親と子でも再会するだけで、
安心し、すべてを許し合えるものだと感じました。

ペネロペ・クルスの人間味溢れる演技が
作品にも生命力を与えていたように思います。

>そんなことしなくても私のお尻、分けてあげたのに~!(笑)
私のメタボっているお腹の脂肪も分けてあげたいです(^_^;


やっと観れました

ひでさんの好評価通りの素晴らしい作品でした。
“女性賛歌”だけではなく、人生をどれだけ濃厚に生きるかという
“人生賛歌”を謳い上げた作品だったと思います。
ペネロペ・クルスの演技もとても素晴らしかったです。
そしてペドロ・アルモドバル監督作品の中で一番好きな作品になりました。

TBさせて頂きますね。


>Toy'sさんへ

「人生讃歌」。その通りですね。
生きていたからこそ、母と娘が出会えたわけですしね。

互いのわだかまりも解けて良かったなぁと思いました。

ペネロペ・クルスは最高の演技をしたと思います。
登場人物だけでなく作品にも人間味を与えていたようでした。


アルモドバル作品続きました

ひでさん、こんにちは!
最近はあまり映画をご覧になって無いのでしょうか?

「トーク・トゥ・ハー」は少し毛色が違うと感じたけど、
(これ↑も好きなんですが)
「オール・・・」と本作は女(人間)の強さと愛を描いた
素晴らしい作品でとても気に入りました。
本作のほうが親子の絆が絡んでいて、一般受けする話になってましたね。

>2人のわだかまりが解けたときが、2人にとっての「ボルベール
私もそう思ったし、そこに感動があって良いシーンになってました~

それにしても、スペインの女性はエネルギッシュですよね!

>YANさんへ

映画はたまに観ているのですが、
観た後、疲れて寝てしまいます^^
師走ですからね。
仕事も忙しく、
レビューする気力も残っていない状態が続いています。
劇場で観た映画はすぐアップするようにがんばります!

「ボルベール」はアルモドバル監督作品の中で一番大好きな作品です。

>スペインの女性はエネルギッシュですよね!
おっしゃる通りですね。
あの元気を今の私にわけてもらいたいくらいです^^
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ボルベール<帰郷>」

ボルベール コレクターズ・エディションギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コボ)を養うため、せわしなく働くライムンダ(ペネロペ・クルズ)。 明るくたくましい彼女にも、10代の頃確執のあった母がそのまま父と

ボルベール<帰郷>

ママ、話したいことがヤマほどあるの。 ボルベール<帰郷> 原題: VOLVER 製作年:2006年 製作国:スペイン 120分 監督:ペドロ・アル...

ボルベール<帰郷>

涙あり、笑いあり。 そして生きるエネルギーが溢れている! 活力と大きな愛がもらえる良い映画です★ 監督:ペドロ・アルモドバル 製作:2006年 スペイン 出演:*ペネロペ・クルス *カルメン...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。