スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

Category : 徒然映画

博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか


監督:スタンリー・キューブリック

キャスト:

ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン、スリム・ピケンズ

キーナン・ウィン、ピーター・ブル、トレイシー・リード、ジェームズ・アール・ジョーンズ

製作:1964年、イギリス/アメリカ


アメリカにあるバープルソン空軍基地。司令官のリッパー将軍の副官として赴任してきたマンドレーク英国空軍大佐に「R作戦」の命令が下された。


「R作戦」とは、ソ連からの攻撃に対する報復作戦。水爆をソ連本土へと投下する作戦だった。


困惑するマンドレーク大佐だが命令に従い、ソ連本土の領域を旋回するB52にR作戦の決行を伝達する。


しかし、ソ連からの攻撃を受けておらず、リッパー将軍の独断で下した命令だったのだ。


Comment:

核兵器を持つ愚かさ、また、核兵器を使用する人間の愚かさをブラック・ユーモアたっぷりに描いた作品。


レンタル店で手に取ったときに見た異様なタイトルの長さに惹き付けられて、そのままレンタルしてしまいました。


巨匠スタンリー・キューブリックの戦争映画というと「フルメタル・ジャケット」を思い出しますが、この作品は「フルメタル・ジャケット」とは間逆のニュアンスで、皮肉タップリに人間の愚かさを描いています。


「R作戦」をB52を指揮するコング少佐へと命令してしまったマンドレーク大佐は、リッパー将軍の狂気によるものだと判り、何とかソ連への水爆投下を阻止しようと、「R作戦」の退却を命令する暗号をリッパー将軍から聞き出そうとします。


それと同時に「R作戦」が実行されたことが判ったアメリカ政府は国防総省の作戦室に大統領以下、上官を集めて会議を始めます。


この会議に出席したタージドソン将軍が、度々笑いを誘います。・・・不謹慎ですけどね(^_^;


緊迫した会議の中で、愛人兼秘書のスコットと電話をしたり、大統領が呼び寄せたソ連大使と取っ組み合いしたり・・・。終いには、B52をソ連軍が止める術など持っているわけがない、絶対に水爆を投下できることを自慢げに説明してしまいます。・・・世界が終わってしまうのにね(^_^;


ソ連には、攻撃を受けると自動的に作動する「皆殺し」装置なるものがあるそうで、何とかしてアメリカ大統領はソ連の首相と電話を取り合いながら解決の糸口を見つけようとするのですが・・・。


「博士の異常な愛情」というのに、いつまで経っても博士が登場しないので心配してしまいました。中盤以降、やっと登場してきます。いかにもマッドサイエンティストのような博士。このサブタイトルの「私」とは博士のことなのでしょうね。ラストの彼は、自分の提案を語りながら悦に入っているようにも見えました。


国防総省にいなかったマンドレーク大佐やコング少佐は平和のため、国のために頑張ったのに、国のトップたちがこれではね・・・(^_^;


博士役にはピーター・セラーズ。何とピーター・セラーズは他にもマンドレーク大佐とアメリカ大統領という主要な登場人物の2人も演じ、一人三役をこなしています。それぞれにまったく異なる性格と容姿を持ち、同一人物だとはまったくわかりませんでした。


ラストシーンで流れる「また会いましょう」・・・この歌とともに映し出される光景をスタンリー・キューブリック監督は観客に見せたかったのでしょうね。


馬鹿げた兵器。愚かな人間。博士が提案した作戦は実行に移されたのでしょうか。いや、私は1人も助からなかったと思います。「また会いましょう」とは、愚かな人間を排除して、また新たな人間が誕生するまで「また会いましょう」と神さまが歌っているのだと思いました。


ちなみに、この作品が始まる前に、合衆国空軍が「こんなことは決してない」と前置きしています。しかし、突然狂気を持つ人間がいたら・・・。そして、その人が国のトップで水爆の発射スイッチを押してしまったら・・・。


この作品は、世界における最悪のシナリオをシミュレーションした映画なのかもしれませんね。



第30回NY批評家協会賞 監督賞



★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

キューブリック

キューブリック作品大好きです!が、
…コレは未見なんですよねぇ、観たら絶対好きな
作品であることは間違いないのに。
…買っちゃいます、か。。。。


>馬面冠者さんへ

世界が終わってしまうというのに
何なんだこの危機感の無さは!!
と、ツッコミを入れながら笑ってしまいました(^_^;

でも、現実にあったらと思うと怖い作品です。


ブラックだけど最高!

これは面白かったですね~。
愚かな人間をとことん笑い飛ばしたキューブリック、最高です。
昨日殆ど同じ設定で描かれたルメットの『未知への飛行』を観ました。
こちらはシリアスバージョンとでも言いましょうか。
同じ題材を扱ってここまで違うものが出来るんだと驚愕しました。
TBさせてくださいね。


>pu-koさんへ

まさかラストがああなるとは思いませんでした。
さすがキューブリック監督ですね。
ルメット監督作品は未見なので、非常に興味があります。
ルメット監督作品はいずれリストを作りたいと思っていたので、
いいきっかけになるかも。探してみます。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

博士の異常な愛情 -または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか-

=== 関連映画祭り6本目! === 『{{{時計じかけのオレンジ}}}』からの関連で 今日はもう一本キューブリックいってみまーす。 {{{ 1964年(イギリス/アメリカ) 監督・脚本:スタンリー・キューブリック 出演:ピーター・セラーズ/ジョー
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。