スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコーの巣の上で

Category : 徒然映画

カッコーの巣の上で


監督:ミロス・フォアマン

キャスト:

ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプソン

ダニー・デヴィート、ウィリアム・レッドフィールド、シドニー・ラシック、デロス・V・スミス・ジュニア

クリストファー・ロイド、ウィリアム・デュエル、ヴィンセント・スキャヴェリ、スキャットマン・クローザース

製作:1975年、アメリカ


1963年。アメリカ、オレゴン州。州立精神病院に1人の男がやって来た。男の名はマクマーフィ。暴行罪で5回逮捕。今回は淫行罪で逮捕され更生農場施設で働くも労働を嫌うマクマーフィは、精神を病んだと偽って鑑定を受けるために送致されてきた。


しばらく入院するマクマーフィとともに生活する急性患者たち。


母親に強迫観念を持つビリー。

いつもニヤついているマーティニ。

騒ぎ大きくしてしまうチェズウィック。

自暴自棄になるハーディング。

好戦的な態度をとるエイバー。

いつもタバコを吸っているフレドリクソン。

フレドリクソンの傍にいるシーフェルト。

本を手放さないスカンロン。


そして、ろうあのインディアン、チーフをはじめとする9人の慢性患者たち。


しかし、病院では婦長ラチェッドの絶対命令による専制的な管理体制が確立されていた。


Comment:

精神病院を舞台に自由への尊厳を力強く描いた人間ドラマ。


圧倒的な存在感を示すマクマーフィ役のジャック・ニコルソンをはじめとしたキャストたちの演技に圧巻という言葉しか見つかりませんでした。


今まですべてを病院に任せてきた8人の急性患者たち。しかし、マクマーフィの人間味溢れる行動と何事にも負けない強い精神力を目の当たりにして次第にマクマーフィを慕うようになります。


婦長ラチェエッドとのディスカッション。マクマーフィがワールドシリーズを観たいから通常の日課を止めようと提起します。はじめは賛同しなかった急性患者たちもマクマーフィを支持していきます。


しかし、婦長ラチェッドは慢性患者9人が支持していないので提案を却下してしまいます。マクマーフィはもはやワールドシリーズなどどうでも良かったのでしょうね。ただ婦長に一泡吹かせたい。負けたくない一心だったと思います。慢性患者1人1人に指示を求めます。もちろん、重症である彼らにマクマーフィの言っていることなど伝わりませんでした。


しかし・・・。


バスケットボールのシーンが伏線だったわけですね。でも、その伏線すら単なる序章でしかないのですが・・・。


チーフはマクマーフィを一目置かれる男だと言いました。そして自分の父もそうであったと・・・。チーフはマクマーフィに愛され尊敬されていた偉大な父の姿を重ねていたのかもしれませんね。しかしチーフの父は酒に溺れ最後には「始末」されてしまいました。


そして、マクマーフィもチーフの父のように「始末」されたも同然でした。ただ唯一異なるのは、マクマーフィは決して自分から逃げることはしませんでした。ビリーの危機を察してもあのまま逃げることができたはずでした。病院に来る前のマクマーフィならおそらく逃げていたことでしょう。


しかし、マクマーフィの心には病院の生活の中で、人を思う気持ち、助け合う気持ち、何事にも立ち向かう気持ちが、いつのまにか芽生えていたのではないでしょうか。


そして、その姿を見届けたチーフが親友となったマクマーフィにしてやれることはあれしかなかったのでしょうね。


病院には1つたりとも自由はありませんでした。しかし、懸命に自由を取り戻そうとしたマクマーフィ。チーフだけでなく8人の急性患者にもその想いは伝わったはずです。あの果てしない水平線を見て、広大な海を泳ぐ魚を見て伝わらないはずはないと信じたいです。


ただ彼らには心の奥底に根付いてしまった恐怖があり、8人のカッコーたちは巣から羽ばたくことすらできず、ビリーにおいてはその恐怖に打ち勝つことすらできませんでした。


唯一、巣から羽ばたくことができたチーフ。彼の大きな背中と広大な自然に自由を感じました。



第48回アカデミー賞 作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞

第33回ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)、男優賞(ドラマ)、女優賞(ドラマ)、監督賞、脚本賞、新人男優賞

第1回LA批評家協会賞 作品賞

第41回NY批評家協会賞 男優賞

※主演男優賞、男優賞(ドラマ)、男優賞はジャック・ニコルソン

※主演女優賞、女優賞(ドラマ)はルイーズ・フレッチャー

※新人男優賞はブラッド・ドゥーリフ



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

ニコォルソォン!!

この頃のジャック・ニコルソンが一番好きですねぇ、
コレとか「シャイニング」とか「チャイナタウン」とか。
オーラが凄いですよね。

…だから「アバウト・シュミット」で枯れたお爺ちゃんを
演じてるのを見て、なんだかとっても哀しくなりました…(:_;)


凄い衝撃を受けました

この作品を観終えた後はしばらく動く事ができませんでした。
とても衝撃的で沢山の問題提議や人間としての生き方など深く考えさせられる映画だったと思います。

カッコーの巣から羽ばたく事ができたチーフの姿が唯一の救いでした。

精神病院という狭い空間での話しですが、
そこに現代社会の縮図が見えたような気がします。


>馬面冠者さんへ

エネルギッシュな演技が印象に残りました。
「シャイニング」もキレまくっていましたね・・・(^_^;

10代の頃はキレまくった怖い男というイメージしかなかったので
あまり彼の出演作品は観ていませんでした。

30代になってようやく彼の良さが判りはじめてきたような気がします。


>Toy'sさんへ

同感です。また、人としての生き方を強く考えさせられたのも
すべてのキャストたちが迫真の演技をしたためなのでしょうね。

現代社会の縮図。もし、それがカッコーの巣であれば、
私はその巣から飛び立ているのか・・・考えさせられます。


まさしく「圧巻」

これは凄い作品でしたね~キャストの演技、脚本、演出どれを取っても絶品です。
「自由」を与えたであろうラストが切なかったです。
間違いなく傑作ですね。
トラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

ラストが印象に残りますよねぇ。

あとはやっぱりジャック・ニコルソンの
圧倒的な存在感と演技力ですかね。

メッセージ性の強い作品でした(^-^)


無題

あぁ、凄く参考になります。
今日観たんです、この「カッコーの巣の上で」。

ラチェッドはあまりに冷酷だけど、マクマーフィーが首を絞めたくなる気持ちも分からんでもないけれど、妙に人間味があって・・・

殺人なんて決して許されないけれど、やっぱりチーフはああするしかなかった気がします。
生きている方が、地獄ですもの。

ひでさんの「カッコーは巣から羽ばたくことすら出来ない」という表現がとても素敵です^^


>arixsさんへ

衝撃的な作品でしたね。

チーフの行為は決して許されるものではありませんでしたが、
「命の尊厳」の意味を強く提起していたシーンでしたね。

コメントありがとうございました(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「カッコーの巣の上で」

「カッコーの巣の上で」 ?? One Flew Over The Cuckoo's Nest ???? 1975年/アメリカ ? 監督:ミロシュ・フォアマン ? 原作:ケン・ケーシー ? 脚本:ローレンス・ホウベン、ボー・ゴールドマン  出演:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー

カッコーの巣の上で

製作:マイケル・ダグラス、ソール・ゲインツ 監督:ミロス・フォアマン 原作者:ケン・ケーシー 脚本:ローレンス ホーベン 、ボー ゴールドマン 撮影:ハスケル・ウェクスラー 音楽:ジャック・ニッチ 出演者:ジャック・ニコルソン 、ルイーズ・フレッチャー 、ウィ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。