スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪結いの亭主

Category : 徒然映画

髪結いの亭主


監督:パトリス・ルコント

キャスト:

ジャン・ロシュフォール、アンナ・ガリエナ、ヘンリー・ホッキング、アンヌ=マリー・ピザニ

製作:1990年、フランス


1947年6月。12歳の少年アントワーヌは床屋に行くことを日課にしている。理由はそこで働く理髪師の女性シェーファー。彼女が髪を洗うたびに僅かに触れる乳房。そして彼女の体臭がアントワーヌにとってこの上ない至極のひと時であった。そして、父に将来の夢を聞かれアントワーヌは答える。


「床屋さんの女性と結婚する。」


髪結いの亭主になることを夢見てアントワーヌは大人になり、運命の女性マチルドと出会う。


Comment:

小さな床屋を舞台に繰り広げられる理髪師の女性とその亭主の10年間の愛の軌跡を描いた作品。


12歳の少年アントワーヌ。大人の女性に憧れてしまう年頃ですね。でも理髪師のシェーファーは、わざとしか言いようのないほど胸を露出していましたね。シェーファーはアントワーヌがいつも来る目的を察して面白がっていたのでしょうね。


しかし、少年アントワーヌはただ大人の女性に憧れるのではなく理髪師の女性に憧れていました。ちょっとしたフェティシズムが入っています。


そして、その思いは大人になっても変わりませんでした。


大人になったアントワーヌ。年齢的には30代~40代くらいでしょうか。偶然一軒の床屋に目が留まります。窓越しに写る美しい女性。今まで描いていた理想の女性がそこにいました。早速、床屋に入り散髪を依頼しますが、その女性に予約があると断られてしまいます。しかし、諦めきれないアントワーヌは30分後の予約を入れ立ち去ります。もちろん、その女性から目が離せなくなったアントワーヌは壁越しに隠れて覗き見続けます。そこで意外なことが起こりました。


予約があると言ったその女性の店に誰も現れないのです。


不審に思ったアントワーヌ。いや、不審どころかアントワーヌにとっては「自分に気があるのでは?」とポジティブに考えてしまいます。


30分後、再び店にやって来たアントワーヌ。ついにその女性に髪を切ってもらいます。ますます妄想を膨らませるアントワーヌ。そして、店を出るときにその女性に告白します。


「結婚してくれませんか。」


突然のプロポーズ。初対面でしかも名前すら知らない女性に。アントワーヌにとっては理髪師であれば他のことはどうでもいいのでしょうね。さすがフェティシスト。


そして、3週間後。再び床屋にやって来たアントワーヌ。もちろん髪は伸びてないのですが、散髪を依頼します。そこでまたも意外なことが起こりました。


なんとその理髪師の女性がプロポーズを受け入れたのです。


そして、やっとお互いに名前を知るのです。順序が逆ですよね。女性の名はマチルド。若く美しいマチルドの過去は謎に満ちていましたが、過去のことは話さないことを条件に2人の結婚生活が始まります。


2人の愛の巣は床屋であり、他には何も要りませんでした。子供も2人にとっては邪魔な存在。訪れる客の子供が2人にとっての子供でした。そして、常連客や夫婦喧嘩を起こす客などから刺激を受けながら2人は愛を確かめ会いますが・・・。


ストーリーをそのままストレートに受け取れば、戻るはずもないマチルドをひたすら待ち続けるアントワーヌ。悲しいストーリーのはずなのですが、もしかしたら、マチルドとの愛の生活はすべてアントワーヌの妄想で、実際はまだ独身、もしくは、髪結いの亭主になったがその相手は理想の女性には程遠く、尻に敷かれているのでは?などと思ってしまいました。


そのように思ったのは、アントワーヌが随所でみせるアラブの音楽に乗せた奇妙な踊りがあまりにコミカルで、悲しいストーリーを相殺しているからかもしれません。


独自に編み出した踊りとフェティシズム。アントワーヌには創造する力がありました。


アントワーヌ役にはジャン・ロシュフォール。彼の踊りは必見です(笑)。パトリス・ルコント作品では「列車に乗った男」でも味のある男を演じています。


マチルド役にはアンナ・ガリエナ。こんな美しい理髪師がいたら私も通ってしまうかも・・・。いや、逆に緊張してしまいそうです・・・。


「仕立て屋の恋」に続けて観たパトリス・ルコント監督作品。より官能的に、よりコミカルに描いた作品でした。



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

大好きな作品です^^

初めて観たルコント作品で、これでルコントにハマりました~^^
んもぅ大好きな作品です(^ー^)
こちらからもトラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

この作品は何度観ても面白いかも。
それくらい大好きな作品になりました(^-^)

TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

髪結いの亭主

脚本:パトリス・ルコント 監督:パトリス・ルコント 出演者:ジャン・ロシュフォール 、アンナ・ガリエナ 、トマ ロシュフォール 、ロラン・ベルタン 、モーリス シュヴィ 製作年:1990年 評価:★★★★ <marquee bgcolor=silver><font color&#6
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。