スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるスキャンダルの覚え書き

Category : 徒然映画

あるスキャンダルの覚え書き


監督:リチャード・エアー

キャスト:

ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット

ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン、ジュノ・テンプル、マックス・ルイス、アンヌ=マリー・ダフ

製作:2006年、イギリス


イギリス、ロンドン。郊外の中学校で歴史を教えるバーバラは定年間近。厳格な教師であるバーバラは生徒から煙たがれるばかりでなく、同僚の教師や校長からも敬遠されていた。


そんなある日、新任の美術教師が赴任してきた。名はシーバ。その美しい容姿からバーバラは人知れず興味を抱く。


そして、シーバの人に知られたくないあるスキャンダルを目撃するバーバラは、さらにシーバに固執していくのだった・・・。


Comment:

若く美しい女性の苦悩と孤独な年配女性の狂気を描いた心理サスペンス。


2大オスカー女優が真っ向から対決するこの作品。見応えがありました。


学校に1人はいそうな厳しい教師バーバラ。彼女には仲の良い友人や同僚もいない孤独の人でした。唯一愛していた猫も余命僅かの状態でした。そんな彼女は毎日日記をつけていましたが、ある時から内容が激変していきます。


そのきっかけは、シーバが赴任してきたときからでした。


透き通るような美しい女性シーバ。その美しさを飾らず明るく振舞うシーバに誰もが見惚れてしまいました。それはバーバラも例外ではありませんでしたが、彼女の場合は、その度合いが極端でした。


何とかシーバと仲良くなろうと何かと手助けするバーバラ。次第にシーバもバーバラを頼るようになります。


しかし、バーバラはシーバのスキャンダルを目撃してしまいます。


シーバは、歳の離れた夫リチャード、反抗期の長女ポリー、そしてダウン症の息子ベンとの4人家族。ポリーの恋の悩みの相談相手とベンの介護に疲れていてもリチャードには頼れない。さらに、親族からはしっかりした子とは思われていない。この状況が彼女に心理的な隙間を作って15歳の生徒スディーヴンとの情事へと迷い込んでいったかのようでした。


バーバラはシーバの境遇を知り、そこに付け込んでさらに家族を崩壊へと導いていきます。


すべてはシーバを自分のものにするために。


ほとんどストーカーのような行為だったバーバラでしたが、「愛情」というよりも「依存」という言葉が頭をよぎりました。


バーバラは自分がまだ若かったときに恋愛すらしなかったことで、シーバから「若さと美しさ」を依存しているようでした。

シーバも自分の辛い境遇から、スディーヴンから「自由」を依存し、それが偽りものと知るとバーバラから「安らぎ」を依存しているようでした。


シーバは表面的にも心が弱い人物でしたが、バーバラも心の奥底では弱い人物だったのかもしれません。その弱い自分を見せないように我が強くなり、自分と同じような弱い人物、さらには、取り戻せない若さと美しさを持つ女性に対してのみ興味を抱くようになったのかもしれませんね。バーバラはシーバと共有したいとも日記に綴っていました。シーバの中に自分の心の奥底を見たのかもしれませんね。


しかし、バーバラにとって自分を取り戻すにはあまりに年月が経ち過ぎていました・・・。


バーバラ役にはジュディ・デンチ。怖いです。彼女の存在感がこの作品のイメージといっても過言ではないでしょう。

シーバ役にはケイト・ブランシェット。シーバの変わりゆく姿を外見だけでなく内面も見事に演じています。


この作品は実際に起きた事件を基にした作品だそうです。バーバラのような人物が実際にいたのでしょうか・・・。


ストーリーもシチュエーションも全く異なりますが「ミザリー」を思い出してしまいました。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

こちらは読ませていただきました

この作品も観ていないのですが、原作は読みました。友人に貸したきり返ってきません・・・。

ちょっと大人のエロスもあるんだけど、やらしい感じじゃないんですよね。かといって清潔でもないけど。
バーバラのシーバへの感情は、ひでさんが書かれているとおり「愛情」ではなく「依存」、原作でもこの言葉がしっくりくると思います。ひどく孤独な人でした。こんな老婦にはなりたくないものです。


私も・・

「ミザリー」を思い出しちゃいました。
見てる最中「ミザリー」が頭をよぎって・・(^^;;)

ひでさんの記事を読ませてもらって、そうか
お互いに弱かったんだよねぇ~・・と気づきました。
類は友を呼ぶ・・じゃないけど、それに近い物がお互いにあったんですよね。
シーバにも隙があったというか、バーバラが彼女の”不満”を見抜いたからこその、後々のあの行為だったのか、、、と。

あ、そうそう、ひでさんが見抜いてらっしゃるように、私、クセのある人が好きです~(^^ゞ
ブシェミ、デフォー、あとビリー・ボブ・ソーントンとか、クリストファー・ウォーケンとか(^ー^* )フフ♪
もちろん普通に?素敵な人も好きですけどね(=^_^=) ヘヘヘ
別格で大・大・大好きなのは、ゲーリー・シニーズです♪^^(って、聞かれてないのに、いろいろ書いちゃってごめんなさい(^^;;) )


>saryaさんへ

視覚的というより心理的なエロスがありましたね。

原作は未読なのですが、
やはり「愛情」のようなイメージではないのですね。

だとしたら、この作品は原作のイメージを
忠実に再現した良質の作品なのでしょうね。


>メルさんへ

「ミザリー」な感じでしたよね。
それが心理的表現で迫って来るので、余計に怖かったです。

でもバーバラが強い人間に見えなかったんですよねぇ。
校長から過去のことを追求されたシーンは
強がっているように見えました。
また、そのようにみせるジュディ・デンチの演技が素晴らしいと思いました。

別格ゲーリー・シニーズ!!
「アルビノ・アリゲーター」の彼が一番印象に残っています。
私の中ではゲーリー・シニーズは演技派です(^_^)v

好みの役者さんたちは、みんな目力が強い人たちですね。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あるスキャンダルの覚え書き」

あるスキャンダルの覚え書き20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンこのアイテムの詳細を見る おもに労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外セントジョージ総合中等学校。ここで歴史を 教えるベテラン教師のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、厳格すぎ生徒

Unknown

ビル・ナイビル・ナイ(Bill Nighy、本名:William Francis Nighy、1949年12月12日 - )はイギリス出身の俳優。サリー (イングランド)|サリー出身。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。