スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハサミを持って突っ走る

Category : 徒然映画

ハサミを持って突っ走る


監督:ライアン・マーフィー

キャスト:

ジョセフ・クロス、アネット・ベニング、アレック・ボールドウィン、ブライアン・コックス

グウィネス・パルトロー、エヴァン・レイチェル・ウッド、ジル・クレイバーグ、ジョセフ・ファイン

製作:2006年、アメリカ


1972年。少年オーガステンはニューヨーク誌への掲載を夢見る詩人の母ディアドラの良き理解者。ディアドラの新作を初めに聞く度に勇気付けていた。しかし、ニューヨーク誌への投稿は失敗。単独の朗読会も客は1人きりという散々な結果だった・・・。


1978年。13歳になったオーガステン。ディアドラは相変わらず詩に熱中していたが、詩は怒りをぶつける内容になっていた。さらに、夫ノーマンとの仲も悪化。精神分析医のフィンチを頼りにセラピーを受けるが離婚してしまう。


しかし、このフィンチとの出会いによって、オーガステンとディアドラの運命は大きく変わろうとしていた。


Comment:

原作者オーガステン・バロウズの自叙伝の映画化作品。


オーガステン・バロウズの幼少時代は波乱万丈な人生でした。両親の離婚から始まり、フィンチの提案によってディアドラはオーガステンをフィンチの養子として預けてしまいます。


ディアドラは精神的に参っていたのでしょうね。でもフィンチによって治るどころかますますひどくなっていったように思えます。フィンチには金銭トラブルの疑惑があり、患者から多額の治療費を受け取っていました。初めは良い人にみえたのですけどね。


この作品全体のすべての負の元凶はフィンチでした。


でもフィンチ自身は悪いとは少しも思っていません。むしろ患者のために良いことをしていると思っています。そんなフィンチの家族もまた変わった人たちでした。


フィンチを敬愛し、フィンチもまた一番頼りにしている長女ホープ。フィンチと同じように彼女も変わった人です。

趣味が電気ショック療法を使ったお医者さんごっこだという次女ナタリー。でも彼女が一番まともな人物です。

そして、ドックフードを食べる妻アグネス。変わり者に見えて実は・・・。


こんな家族の下へ養子に出されたオーガステンがまともでいられるはずがありませんでした。


ゲイであると告白してフィンチの患者でゲイのニールと付き合ったり、ナタリーと一緒に家の天井を壊したり・・・。


ディアドラもまた状況が悪化するばかり。詩を教えている女性ファーンと只ならぬ関係になったり、またまたフィンチによって黒人の少女ドロシーを養子に迎えたり・・・。


誰一人としてまともな人物が登場しないこの状況・・・いったいどうなるのかと思っていたら・・・。


手を差し伸べる人物が意外なところから出てきました。彼女はオーガステンの母親になりたかったのかもしれませんね。


以前観た「イカとクジラ」と雰囲気が似ている作品でしたが、この作品はきちんと結論を提示しているのでスッキリしました。


ラストには主な登場人物のその後なども描かれていて、オーガステンを演じたジョセフ・クロスと原作者オーガステン本人のツーショットも登場します。


役者もディアドラ役のアネット・ベニングの鬼気迫る変貌振りや、ホープ役のグウィネス・パルトローの変人振りが見事でしたね。


原題「RUNNING WITH SCISSORS」をそのまま邦題にした「ハサミを持って突っ走る」。


少年オーガステンが自ら切り開いた人生を表現しているのかもしれませんね。



★★★★☆☆☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

まだ読みません

比較的新しい作品なんですね。レビュー読みたい気もしますが、観ると決めてる作品は観るまでは誰のも読まない(迷ってるときは読む)ことにしているので、観た後読ませていただきますね。


無題

この映画はレンタルショップに行くと必ず目に止まります。
タイトルからして最初はドタバタコメディなのかと思ってました(^^;
以外に有名な俳優たちが出てるんですね~。
ちょっと気になる作品です。


>saryaさんへ

どんなレビューになるのか楽しみにしています。

他のブログを見ると結構酷評を受けているので・・・^_^;


>Toy'sさんへ

この作品はコメディと思って観てしまうと
きっと物足りなくなるのではないかと・・・^_^;

少年が1人立ちするまでのドラマとして
観ると良いかと思います。

役者が豪華ですよね。
アネット・ベニングは本当に凄かったです。


今さらですが

やっと観ました。酷評を受けるのもわからなくもないのですが、個人的には割りあい好きな作品です。
私もひでさんと同じく、コメディというよりドラマだなと感じました。近所のTSUTAYAではコメディの棚にあったので、ちょっと納得いきません。きっとTSUTAYAの店員は観ていないに違いない(笑)


>saryaさんへ

そうなんですよねぇ。
コメディとして観るからダメなのかもしれませんね。

私もたまにTUTAYAに行きますが、
ジャンル分けで陳列されていると判りづらかったりする場合もあるんですよねぇ。

他のレンタル店のように
監督別や役者別で陳列している棚もあれば良いのですが・・・。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ハサミを持って突っ走る』'06・米

あらすじ詩人を夢見る情緒不安定な母と酒びたりの父という問題多き家庭に育った少年オーガステン。両親の離婚で母に引き取られた彼は、12歳のある日突然母のかかりつけの精神科医、フィンチの家庭に預けられることになる。両親に捨てられたことを苦悩するオーガステンだ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。