スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・アット・ハート

Category : 徒然映画

ワイルド・アット・ハート


監督:デヴィッド・リンチ

キャスト:

ニコラス・ケイジ、ローラ・ダーン

ウィレム・デフォー、イザベラ・ロッセリーニ、J・E・フリーマン、ハリー・ディーン・スタントン、ダイアン・ラッド

製作:1990年、アメリカ


ワイルドなハートを持つ男セイラー・リプリーと恋人のルーラ。2人の目の前に黒人の男ボブ・レイ・レモンがナイフを手にし、ルーラと別れろと脅迫とも呼べる警告をしてきた。しかし、セイラーは正当防衛として逆にボブを殺してしまう。ボブの背後にはルーラを溺愛する母マリエッタ・フォーチューンがいた。


22ヶ月と18日後。ピーディー刑務所から出所したセイラーを待つルーラ。2人はそのまま誰にも邪魔されないカリフォルニアへと逃避行する。


しかし、マリエッタは探偵ジョニー・ファラガットや殺し屋マルセロ・サントスにセイラーを殺し、ルーラを取り戻すようにと依頼していた。


Comment:

迫り来る追手を振り切りながら、2人の激しい愛を確かめ合い、真実の愛を見つけるまでのバイオレンス・ラブ・ストーリー。


セイラーはまさにワイルドなハートを持つ男。立ちはだかる物があれば壊して通るような男です。そんなセイラーですが、ルーラへの愛はピュアそのもの。一片の曇りも無い愛を捧げています。でもその愛し方がまたワイルドなのですが・・・。


セイラー役にはニコラス・ケイジ。若いです。あんなに足が上がるのですね。また彼が歌うエルヴィス・プレスリーの曲がセイラーのイメージにピッタリです。


「一番好きな曲「ラブミー・テンダー」は結婚する相手にしか歌わない。」


まさにワイルド。ルーラとの会話は歯が浮くようなキザなセリフのオンパレードです。


ワイルドなセイラーを熱烈に愛するルーラ。彼女もまたワイルド。彼女の目にはセイラーしか見えていないかのようでした。


ルーラ役にはローラ・ダーン。「ブルーベルベット」のサンディとは間逆な役柄を演じています。セクシーにキレまくっています。


そんな2人に母マリエッタが殺し屋を差し向けます。しかし、殺し屋マルセロ・サントスは、セイラーを殺すと同時に探偵ジョニー・ファラガットも殺すという条件を提示します。ジョニーはマリエッタの恋人でした。断るマリエッタでしたが不安になりジョニーの後を追いかけます。その予感は見事的中し、マルセロは「Mr.となかい」に殺しをさらに依頼。「Mr.となかい」は2組の殺し屋をジョニーとセイラーに差し向けます。


セイラーに差し向けた殺し屋ボビー・ペルーとペルティダ役には、ウィレム・デフォーとイザベラ・ロッセリーニ。悪役がハマり過ぎるウィレム・デフォー。イザベラ・ロッセリーニはローラ・ダーンと同様に「ブルーベルベット」とは違う魅力を放っています。


はたして、セイラーの運命は?そしてルーラとの愛は?


ラストに登場する善い魔女はチープな感じでしたが、車のボンネットの上で抱きしめ合うセイラーとルーラ。


そして・・・。


一番の見せ所はラストシーンですね。とにかくセイラーがカッコいいです。


デヴィッド・リンチ監督作品の中で、最もバイオレンスかつエネルギッシュな愛に満ち満ちた作品でした。



第43回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

こんばんは

ひでさんのデビッド・リンチ特集を読んで、
ふと自分も以外とリンチ映画を観てたんだなぁ
なんて再確認してしまいました(^^
この作品もビデオ化(←時代が(汗))された時に
観ました。
ぶっ飛んだ映画でしたね。
俳優も濃いメンバーばかりですし。
ラストに出てくる魔女ってたしか
吊り下げる糸みたいなのが見えてませんでしたっけ?
デビッド・リンチらしい独特の雰囲気ですが、
とてもテンションが高いのが以外でした。


>Toy'sさんへ

ぶっ飛び加減が最高でした。
すべてのキャストも個性が際立っていましたね。
デヴィッド・リンチ監督と
ニコラス・ケイジという組み合わせも意外とよかったです。

あの魔女役は「ツイン・ピークス」で
ローマ・パーマーを演じたシェリル・リーでしたね。
魔女の登場シーンは・・・オイオイって感じでした。

それでもカンヌでパルム・ドール。さすがです。


この記事を

読ませていただいて、あ~、これは見たい!と
思って見ました~(^▽^)V
というわけで、ひでさんのお陰でこんなに
楽しむ事ができたので、TB&コメントを・・と
思っていたんですが、ひでさんのほうに先に
コメントしていただいて、恐縮至極でございます(^^;;) ありがとうございました~♪

ほんとにひでさんのお陰!!!
面白かったです~♪すっごく楽しめちゃいました!

ニコラス・ケイジ、ほんと若かったですね~♪
髪の毛はらり・・というシーンも多々ありましたが
あれもこの時期だったら地毛でいけんたんでしょうね(笑)
蛇皮のジャケットが彼にも、そしてこの映画にも似合ってました^^
ローラ・ダーンも良かったですし、私の場合^^
デフォーが良かったし、全体的にすごく気に入っちゃった映画となりました♪
ひでさん、紹介ありがとうございましたm(_ _)m


>メルさんへ

あれ?丁度メルさんのブログに
失敗したTBをしていたところでした。
リアルタイムで話しているみたいですね。

ニコラス・ケイジの髪の毛は
かわいそうなのでレビューでは触れずにおいたのですが・・・。
やっぱり、気になってしまいますよね・・・^_^;
でも、カッコ良かったし、歌もセクシーでしたね。

ブシェミ。デフォー。
メルさんはハンサムさんより
クセのある人が好みなのかな?


こんばんわ

この映画観ました!
デビットリンチのロードムービーになるんですかねぇこれ。
完全に理解はできなくても、魅力を感じる映画でした。


>かずきち(株)さんへ

逃避行型!?ロード・ムービーでしたね(^_^;
リンチ監督の作品の中では結構好きな作品です。
コメントありがとうございました(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ワイルド・アット・ハート」

ワイルド・アット・ハートユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る アメリカ南部。ワイルドなハートを持て余す若いセーラー(ニコラス・ケイジ)とルーラ(ローラ・ダーン)は、 2人の愛を妨げようとする全てものから逃れてカルフォルニアへの旅に出
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。