スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレファント・マン

Category : 徒然映画

エレファント・マン


監督:デヴィッド・リンチ

キャスト:

ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンス、アン・バンクロフト

ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、ハンナ・ゴードン、フレディ・ジョーンズ、マイケル・エルフィック

製作:1980年、アメリカ/イギリス


19世紀末のイギリス。ロンドン病院の外科医フレデリック・トリーブスは、見世物小屋で「エレファント・マン」と呼ばれている奇形の人間に興味を覚える。医科大学で解剖学も教えているフレデリックにとっては、格好の研究対象であった。


後日、フレデリックは「エレファント・マン」の主人バイツからお金と引き換えに譲り受け、病院の特別病棟へと招き入れた。しかし、個人的な理由で特別病棟に入院させていることをカー・ゴム院長に見つかってしまい「エレファント・マン」と面会を求めてきた。何も話せなければ他の病院へと移さなければならない。フレデリックは「エレファント・マン」に言葉を教え始めた。


面会の日。「エレファント・マン」はフレデリックに助けてもらいながら、カー・ゴム院長との面会に臨むが、教えられた通りの会話しかできないことを院長に見破られてしまう。立ち去る院長を追いかけるフレデリック。と、そこへ教えてもいない聖書の一説が「エレファント・マン」の声から発せられた。


それは紛れも無く知識を有する証。人間と認められた「エレファント・マン」。本名ジョン・メリックの人生の始まりでもあった。


Comment:

実在した人物の数奇な運命を映画化した作品。


ジョンが流暢に話し出したシーンに目頭が熱くなりました。今まで、見世物小屋で人間としての扱いを受けていなかったジョン。彼は話せることを隠していました。もし、話してしまったら、それも1つの芸として晒し者にされてしまうと恐れていたのかもしれませんね。


ジョンはフレデリックと出会い、バイツのような人間ではないと感じたのでしょう。少しずつ打ち解けていきます。


フレデリックはジョンを自宅へと招待します。フレデリックの妻にやさしく接してもらうジョン。初めて女性からやさしくされたジョンは号泣します。フレデリックの妻はおそらく夫フレデリックから状況を聞いていたのでしょう。はじめは気丈に振舞っていたかのようでしたが、ジョンと語り合ううちに、その悲惨な運命に同情し彼女もまた号泣してしまいます。


ジョンはバイツや他の人間たちから虐げられても、清らかな心を持ち続けていたのです。それは1冊の聖書とそして美しい母親の写真があったからなのでしょうね。もし、母親と再会したときには、立派に育ったと紳士的な態度で会いたかったのかもしれませんね。


ロンドン病院の特別病棟に奇形の人間が入院していることは、すぐにロンドン中に広まりました。そして、ジョンは1人の女性と出会います。英国演劇界のトップスター、ケンドール夫人。彼女はジョンの良き理解者になりますが、この話を聞きつけた他の著名人たちも名を売るためにジョンに面会を求めます。


そして、フレデリックは自問自答します。自分もバイツと同じようにジョンを見世物にしているのではと・・・。


時を同じくして、病院の夜警の男がバイツと同じようにジョンを見世物してお金を稼いでいました。それを知ったフレデリックはその男に怒鳴りつけます。この一件でフレデリックはバイツと自分は違うと思ったことでしょう。


しかし、時すでに遅く、ジョンは病院から消えていました。夜警の男の客の中にバイツがいたのです。ジョンはまたバイツの「エレファント・マン」として生きることになってしまいました。


そして・・・。


この後に起きる奇跡。それは同情からなのかもしれません。しかし、ジョンの清らかな心が周りの人たちを突き動かしたのかもしれませんね。フレデリックの妻やケンドール夫人がそうであったように。


ジョンが初めて人前で叫んだ言葉は、今までの紳士的な態度とは異なり、奥底に隠した彼の悲痛な想いがそのまま言葉として発せられているようでした。心に突き刺さります。


ジョン役にはジョン・ハート。素顔はもちろん映りませんが、身体全体でジョン・メリックを演じていました。


フレデリック役にはアンソニー・ホプキンス。正義感のある若き外科医を好演しています。


デヴィッド・リンチ監督は、この作品を「イレイザーヘッド」に続いてモノクロ映像で製作しています。白と黒の2色のグラデーション。人間の光と闇を映し出しているかのようでした。



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

懐かしい・・

これ、公開時に劇場で見たんですが
若かったこともあり?!なんだか上っ面だけしか
見てなかったような気がします。
そういえば、アンソニー・ホプキンスも出てたっけ?ってくらい忘れてます(^^;;)
もう一回じっくりDVDで鑑賞したいです。


衝撃と感動

子供の頃に観た時は映画の内容というよりは、
その映像の衝撃だけが残っていましたが、
大人になり、また見返した時には、
この映画の深い物語に心揺さぶられました。
人間として生きてゆく上で重要な事を教えられたような気がします。


観ました

子供ながらに、見た目で判断されるという残酷さに涙した覚えがあります
その後、何度かこの作品を観ました
何度観ても、胸が苦しくなる作品です


私も…

ひでさんのブログ読んで、だいぶ細かいトコ忘れてしまってるなぁと気づきました。
ってかアレはアン・バンクロフトだったんですね(←忘れすぎ)

なにぶん最後に観てから十数年経ってるもんなぁ…。
私も近々もう一度鑑賞してみますね♪


>メルさんへ

劇場で観られたとはすごいですね。
私も子供の頃にテレビで観た記憶があるのですが、
ただ怖い映画としか印象になかったように思います。

アンソニー・ホプキンス。若いです。
レクター博士とは間逆の正義感溢れる外科医を演じていました。


>Toy'sさんへ

実在の人物を基にしたことが、
さらに衝撃的でしたね。

レビューする前に調べてみたのですが、
この作品のジョン・メリックの病状は少しの誇張もなく、
モデルの人物がまったく同じ症状だったことに驚きました。

人の心の闇の残酷さと光の暖かさをジョンから教えられた気がしました。


>Dさんへ

ジョンが紳士的な態度をとるたびに、
悲痛な叫びを隠しているように思えてきて胸がいたくなりました。

何だか現代のいじめ問題にも
通じるところがあるのかもと思い始めてきました。

若い世代の人たちにも観てもらいたい作品ですね。


>馬面冠者さんへ

アン・バンクロフトが演じた
ケンドール夫人はジョンの見た目にも怯えず、
人の心が判る素晴しい人物でした。

ケンドール夫人とジョンが
ロミオとジュリエットを朗読するシーンもまた感動しました。


自分も同じで

小さい頃に初めて映画館で観たのが、これでした。
しかし、皆さんも同じなんですね。

その頃は自分もただ怖い印象しかなかったんですが、大きくなって観るとまたいいですね。

本もそうですが、その時々で改めて見返すのも大切ですね。

違った印象のままで毛嫌いするのは勿体無いですね。


>yuuさんへ

映画館で観られたのですね。
子供の頃ならさぞかし怖かったことでしょうね(^_^;

仰るとおり、子供のころと大人になってからは
同じ作品なのに印象がこんなにも変わるのかと思いました。

人生経験を重ねることで
観えなかった部分や考え方も変わるのでしょうね。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。