スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クィーン

Category : 徒然映画

クィーン


監督:スティーヴン・フリアーズ

キャスト:

ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル

シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、ティム・マクマラン

製作:2006年、イギリス/フランス/イタリア


1997年8月31日。フランス、パリ。チャールズ皇太子と離婚したダイアナ元妃が事故死した。この突然の訃報は全世界に報道され、著名人が次々とコメントを発表していた。


しかし、英国王室は既に王室の人間ではないダイアナ元妃に対し声明文を発表する態度を見せなかった。そのことをマスコミが批判し国民の感情を逆撫でしていく。


時を同じくして、首相となったトニー・ブレアは王室と国民との和解に奔走する。


そして、「クィーン」ことエリザベス女王が動き出した。


Comment:

ダイアナ元妃の事故死をめぐり、英国王室の内情を暴いた衝撃作。


メディアに登場する王室や政治家しか知ることができない一般の私たちにとって、この作品に登場するエリザベス女王やブレア首相がはたして本人と同じ気持ちであったのか。それは知る由もないことです。


でも、この作品を通じて、王室の古いしきたりと現代との対応や王室と国民との感情のギャップの違いに、責任を背負うエリザベス女王やブレア首相がどれだけ苦悩していたのかが判りました。


凛と構えるエリザベス女王。国のため、王室のため、そして国民のために生きてきたクィーン。しかし、ダイアナ元妃への声明文を発表しなかっただけで、国民から批判され、次第に王室への反感も買ってしまいます。


批判する国民の代表者として、この作品ではブレア首相の妻シェリー・ブレアが登場しています。しかし、この作品を観たらシェリー・ブレアの印象が悪くなるのではないでしょうか。本人はよく承諾したものです。


反感感情が高まる中、何とか和解への道を切り開こうとするブレア首相。妻シェリーと違い、こちらは好印象です。現在は首相ではありませんが、彼の支持率がアップしそうなほどです。


エリザベス女王の涙は何を意味していたのでしょうか。ダイアナの死?母親を亡くした孫たちへの気持ち?


私は今まで愛してきた国民に反感を買われたときに襲われた孤独感のような気がしました。狩の標的になっていたシカを逃がしたエリザベス女王。その行為はまるで自分の弱い心を追い払うかのようでした。しかし、その心は追い払うことができずに、変わり果てた姿で再び対面します。逃げることができない自分の立場と責任・・・。


そして、ブレア首相の提案でエリザベス女王は危険を覚悟の上で国民の前に姿を表します。


エリザベス女王役にはヘレン・ミレン。容姿が似ているだけでなく、高貴な身のこなしと雰囲気が、まさに「クィーン」そのものでした。


さらに、ヘレン・ミレンのエリザベス女王だけが似ているのかと思っていたら、ブレア首相役のマイケル・シーンやチャールズ皇太子役のアレックス・ジェニングスも特徴をよく掴んでいました。視覚的な要素からも、この作品に入り込み易いのではないでしょうか。


ストーリーはそれほど大きな展開はありませんが、ヘレン・ミレンの演技は一見の価値アリです。


上に立つものほど、弱い自分を見せず責任を背負いその重圧とも闘っている・・・そのような人間を私たちは肌で感じ支持しているのでしょうね。



第79回アカデミー賞 主演女優賞(ヘレン・ミレン)

第63回ヴェネチア国際映画祭 女優賞(ヘレン・ミレン)、金オゼッラ賞(脚本)

第64回ゴールデン・グローブ 女優賞(ドラマ)(ヘレン・ミレン)、脚本賞

第32回LA批評家協会賞 女優賞(ヘレン・ミレン)、助演男優賞(マイケル・シーン)、脚本賞、音楽賞

第73回NY批評家協会賞 女優賞(ヘレン・ミレン)、脚本賞



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

ヘレン・ミレンはすごい!

もともと好きな女優さんです

ほんとうに見事な演技
あのシカのシーンは胸が詰まりました

それにしても・・本当にキャスティングがばっちりで、皆似ていましたね♪
ブレア首相はアンダーワールドの彼ですものねぇ~ビックリです


>Dさんへ

やはりあのシカのシーンが印象に残りますよね。
クィーンの気持ちを抽象的に描いていたと思います。

ヘレン・ミレンが見事でした。
ブレア首相役のマイケル・シーンも良かったですね。
「アンダーワールド」は未見なので調べてみたら、
印象がまったく違うのでビックリしました。
「ブラッド・ダイヤモンド」にもチョイ役で出演していたのですね。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クィーン

クィーン<スペシャルエディション> ¥2,612 The Queen イギリス/フランス/イタリア 2006年 ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、ティ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。