スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッチポイント

Category : 徒然映画

マッチポイント


監督:ウディ・アレン

キャスト:

ジョナサン・リス=マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン

エミリー・モーティマー、マシュー・グード、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン

製作:2005年、イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ


ロンドンにある特別会員制のテニスクラブで働くことになった元プロテニスプレーヤーのクリス・ウィルトンは、クラブ会員であるヒューイット家の息子トムと親しくなる。トムの妹クロエとも知り合い、やがて2人は付き合うようになる。


そんなある日、トムの別荘に招待されたクリスは1人の美しい女性に見惚れてしまう。名はノラ・ライス。女優になるためにロンドンへやって来たアメリカ人でトムの婚約者でもあった。


その日からノラのことが忘れられないクリスは、トムとクロエの目を盗みノラと会うようになり、やがて2人は結ばれてしまう。ますますノラの魅力に惹き込まれていくクリスだが、クロエとの裕福な暮らしも捨て切れずにいた。


そして、事件が起こった・・・。


Comment:

上流社会を夢見た野心家な男の運命を描いたラブ・サスペンス。


ウディ・アレン監督と言えばニューヨークですが、舞台をロンドンに移して、いつものお洒落なイメージとは異なる気品漂うイメージに作品を仕上げています。


クリスは決して裕福な家庭で育ったわけでないアイルランド人でした。プロテニスプレーヤーだったこともあり、イギリスの上流社会も垣間見たこともあったのでしょう。彼の野心という炎は、トムと出会う前から燃え滾っていたようでした。


しかし、クリスはその野心を剥き出しにするのではなく、テニスのプレーと同様に堅実に固めていくのでした。


トムの妹クロエと付き合うようになり、クロエの口添えからクロエの父の会社へ入社しやがて結婚。親族になったクリスには重役のポストが与えられます。


すべてがクリスの思い描いた通りになりました。ただ1つを除いて・・・。


ノラ・ライス。彼女の魅力に魅せられたクリスは堅実さも何もありませんでした。ただ本能の赴くままノラとの情事を重ねていきます。


一方、ノラもクリスと同じような境遇にいました。すべてが失敗続きだったアメリカの故郷コロラドから逃げるようにロンドンへ来ていたノラ。その魅惑的な美貌でパーティに同席していたトムと恋仲になり交際6ヶ月で婚約するまでになりました。しかし、トムの母にアメリカ人という理由で嫌われ続け、ついに婚約は破棄されてしまいます。


そして、再び出会ったクリスと愛し合うようになります。


ノラは自ら魔性の女になるような女性ではありませんでした。周りの人たちがその魅力から彼女を魔性の女と決め付けていたのだと思います。


一途にクリスを愛すようになるノラ。クリスもノラを心から愛するようになりますが・・・。


愛する女性と暮らすも先が見えない人生。

愛していない女性と暮らすも地位と財産がある人生。


クリスの人生のマッチポイントとなるショットは、ネットに当たってしまいました。はたして、相手コートに入って勝つのか、それとも自分のコートに入って負けるのか・・・。


クリス役にはジョナサン・リス=マイヤーズ。若手有望株の1人ですね。大作の出演も多いみたいです。この作品は彼が主役だったのですね。てっきりスカーレット・ヨハンソンが主役かと思っていました。


そして、ノラ役のスカーレット・ヨハンソン。最高にセクシーです。彼女からは作られたものでない自然な魅力が溢れているように思います。初登場シーンの白のワンピース姿なんてたまらなくセクシーです。クリスでなくても見惚れてしまいます。


また、女性を美しく撮るウディ・アレン監督によってスカーレット・ヨハンソンはさらに魅力的に映るのでしょうね。


ストーリーも先が読めない展開で楽しめるこの作品。クリスの勝負の行方は・・・。


運も実力のうちとでも言えば良いのでしょうか。試合には勝ったが、気持ちは負けていた・・・そして、引退。クリスのテニス人生がそのままクリスの人生へとリンクしているかのような結末でした。



★★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

これは

面白かったです~♪
イギリス上流階級の生活も見れたし
運・不運って生きて行く上に結構重要だったり
するのかな~・・と考えちゃったり、身の丈に
合った生活をするほうが、幸せなんだろうな、と
つくづく思いました。
私は今の生活でOK(笑)
背伸びし過ぎるとろくなことがなさそうですね?!(^^ゞ
向上心は大切だと思いますが^^

TBさせていただきましたm(_ _)m


>メルさんへ

ウディ・アレンはこのような作品も作れるのですね。
斬新なラストでした。

何事もタイミングって重要ですよね。

きっと、クリスは「愛したい」タイプなのでしょうね。
「愛されたい」タイプであればクロエとの生活で満たされたでしょうね。

私がもしクリスの立場だったら・・・うぅ~悩むぅ~
^_^;


主人公はクリス

スカーレットジョハンセンは見た中ではロストイントランスレーションが良かったです。マッチポイントは彼女が看板で大分宣伝されてましたが、なんだか尻切れトンボみたいな消え方で意外でした。なんだ、やっぱり主人公はクリスだったのね・・と。


>sarahoctavianさんへ

「ロストイントランスレーション」は未見なんですよねぇ。
今度観てみようかなぁ。

スカーレット・ヨハンソンが主役だと思って観ると
ラストは呆気にとられるかもしれませんね(^_^;

でも、面白かったです(^-^)


幸運はもうない

愛する美しい女性との人生、地位と財産のある人生、
その両方とも目の前にぶらさがっていたら、
両手を伸ばしたくなるもんですよね~(^▽^;)
しかも運が味方してトントン拍子だったし、
ブレーキが効かなくなってしまいましたね。

でも、人間としての一線を越えた以上は、もう終わりでしょう。
人生のマッチポイントはそこまでだったと思いました。


>YANさんへ

自分の野心や欲望に
正直な男だったのかもしれませんね。

勝負には勝っていましたが
内容的は負けていたのでしょうね。

あまり観たことのないラストの展開が面白かったです。


私も同じく…

私も同じくスカヨハ中心にストーリー展開するのかと思ってました(笑)
ジョナサン・リス=マイヤーズ好演でしたね~
こんなに巧い俳優さんだったのかと、嬉しい発見でした^^
運に翻弄される人々を描いて、ラストの展開も唸ってしまいました。
ウディ監督お見事でしたね^^
こちらからもトラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

ジョナサン・リス=マイヤーズが意外と好演していましたね。
ウディ・アレン監督の手腕もお見事でした。
「それでも恋するバルセロナ」は未見なので
そちらも楽しみです。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッチポイント」

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る イギリス、ロンドン。元プロテニス・プレイヤーのアイルランド人青年クリス (ジョナサン・リス・マイヤーズ)は会員制テニスクラブのコーチとして働き始める。 英国の上流階

マッチポイント

== マッチポイント(2005) == [[attached(1,center)]] 【MATCH POINT】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] イギリス、ロンドン。 元プロテニス・プレイヤーのアイ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。