スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・イズ・ビューティフル

Category : 徒然映画

ライフ・イズ・ビューティフル


監督:ロベルト・ベニーニ

キャスト:

ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ

ジュスティーノ・デュラーノ、セルジオ・ブストリック、マリサ・パレデス、ホルスト・ブッフホルツ

製作:1998年、イタリア


1939年、イタリア。本屋の開業を夢見てアレッツォへと向かうユダヤ系イタリア人のグイドは、旅先で小学校の教師ドーラと出会う。アレッツォでは叔父のジオの計らいで、ホテルの給仕係として働き始めるグイド。そんなある日、またドーラと出会いグイドは恋に落ちる。婚約していたドーラだったが、猛アタックをかけるグイドに真実の愛を感じ、次第にグイドに惹かれ始める。そして、2人は駆け落ち同然に結婚した。


数年後、無事本屋も開業し、最愛の一人息子ジョズエにも恵まれ、幸せな家庭を築いていた2人だったが、時はムッソリーニによるファシズム政権下。ユダヤ人迫害の狂気がグイドの家族にも襲い掛かろうとしていた。


Comment:

ロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演をこなした珠玉のラブストーリー。


グイドの自由奔放な言動に時に笑い、時に感動し涙を誘います。


前半はグイドとドーラの出会いから結婚するまでをユーモラスに描いています。ロベルト・ベニーニの畳み掛ける台詞回しが面白いですね。あれほど喋っていても嫌味にならず、むしろ爽快な気分にさせてくれます。彼の言葉には、人を楽しませる躍動感と愛を与える幸福感があるからなのでしょうね。


また、1つ1つの細かな笑いも実はすべてが伏線となり、ドーラの心を射止める手助けをしています。


そして、2人は結婚。息子ジョズエにも恵まれ、幸せな家庭を築いていましたが、グイドとジョズエがユダヤ人の強制収容所へと連行されてしまいます。


そこで、ユダヤ人ではないドーラのとった行動に愛と勇気を感じました。


そして、グイドにも愛と勇気を感じました。どんなに恐ろしい過酷な状況に置かれても、グイドは弱音を一つも吐かずに明るく振舞います。それはすべて何も知らない息子ジョズエのためでした。


グイドはジョズエにある1つの嘘を付きます。


その嘘はジョズエを寂しくさせないためだけでなく、グイド自身の勇気も奮い立たせているかのようでした。そしてグイドはドーラへの愛もひと時も忘れていませんでした。1人で戦うドーラはどんなに励まされたことでしょう。


後半のユダヤ人迫害という社会的な要素が強い中でも、愛の物語が続いていました。


やがて戦争も終わりを告げます。強制収容所では最後の内戦が勃発。グイドはジョズエを隠してドーラを探しに向かいます。


そして・・・。


グイドは最後までジョズエを楽しませることだけを考えていました。それはジョズエに明るい子に育って欲しい。父親の苦しむ姿、弱い姿を見せたくないという気持ちの表れだったのではないでしょうか。


おそらく、大きくなったジョズエは自分の置かれた立場を知り、嘆き悲しむことでしょう。しかし、収容所で暮らした父親との生活は決して悲しいものではなかったと思います。


「ライフ・イズ・ビューティフル」・・・美しい人生がそこにありました。


そして、グイドが付いた嘘は真実になりました。それもジョズエが悲しまないように、グイドが幸せとともに運んできたようでした。


ユダヤ人迫害という狂気を題材にしながらも、愛を最大のテーマに掲げたこの作品。残酷なシーンはほとんどなく、歴史を知るのと同時に家族愛も教えられます。たくさんの人に観てもらいたい作品ですが、特に家族で観ることをお奨めしたい作品です。



第71回アカデミー賞 主演男優賞(ロベルト・ベニーニ)、外国語映画賞、音楽賞(オリジナルドラマ)

第51回カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ



★★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

本当に素晴らしいです!

この作品は、まず音楽から知りました。あの耳に残る素晴らしいメロディ。
作品を観た時、あくまでもジョズエを困らせない(?)ように「これはゲームだ」といい続けるグイドに、「苦しいウソだな…」と悲しくなりました。
でもとうとう最後までウソを突き通したグイドは素晴らしいパパだと思います。ジョズエはきっと、素晴らしい人間になることでしょう。
で、これはロベルト・ベニーニ本人の体験だそうですね!?もっともロベルトの本当の父親は無事に戦争から帰ってきたそうですが。
そうか、ジョズエが成長するとロベルトに…。なんとなく納得できますね。

わたくし的にはアカデミー賞で「外国語作品賞」程度の受賞ではなく、アカデミー作品賞にしてあげたかったです。
もう少し子どもが大きくなったら、一緒に観たい戦争映画のひとつです。


>ぬーさんへ

ロベルト・ベニーニの実体験だったのですね。
だとしたら、彼の明るさは父親譲りなのでしょうね。

アカデミー作品賞にしたい気持ち・・・わかります。

音楽も良かったですね。
「人生は、奇跡の詩」でも音楽が耳に残りました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライフ イズ ビューティフル

【La vita ? bella】 ロベルト・ベニーニカントク・脚本・主演のイタリア映画。 ナチスに強制収監させられたユダヤ人親子の物語を独自の視点で描いた作品です。 この映画は大好き。 物語は陽気で詩が大好きなユダヤ人男
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。