スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾディアック

Category : 徒然映画

ゾディアック


監督:デヴィッド・フィンチャー

キャスト:

ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニー・Jr

アンソニー・エドワーズ、ブライアン・コックス、イライアス・コティーズ、クロエ・セヴィニー

製作:2006年、アメリカ


1969年7月4日。アメリカ、カリフォルニア州バレーホ。ドライブ中の若いカップルが何者かに襲われた。女性は死亡。男性は瀕死の重傷を負った。


その1ヶ月後。大手新聞社、サンフランシスコ・クロニクル社に1通の手紙が届く。その手紙にはカップル襲撃事件において警察しか知らない情報が書かれていた。さらに、暗号めいた文章も同封され、その暗号文を新聞で公開しないと大量殺人を決行すると脅迫していた。


後に、この犯行声明文と事件の容疑者は、自らを「ゾディアック」と名乗る・・・。


クロニクル社の重役たちは警察に通報。デイブ刑事とウィリアム刑事がゾディアックを追う。そして、クロニクル社の風刺漫画家ロバートと記者ポールも独自の捜査を始めた・・・。


Comment:

実際に起きた「ゾディアック・キラー事件」を忠実に再現したサスペンス。


アメリカ犯罪史に名を残す連続殺人事件ということですが、恥ずかしながらまったく知りませんでした。この犯罪はメディアを利用した巧みな情報操作と警察の縄張り争いが捜査を長引かせた要因なのでしょうね。


居所さえ掴めないゾディアックから電話が掛かり、その会話をテレビで生中継するなんて前代未聞ですよね。


でも今の時代だったら、携帯電話やインターネットが普及していますから、被害者もすぐに通報できますし(生きていたらの話ですが・・・)、警察も迅速な行動と情報のやり取りが可能になるでしょうね。ゾディアックは時代も味方に付けていたのかもしれませんね。


このゾディアックを逮捕しようと奔走する刑事デイブ。しかし、事件が起きた地域が点々としているため、各管轄警察署同士で情報の連携が必要なはずなのに、手柄を我が物にという人物が多すぎたため、捜査が発展していきません。さらに、ゾディアックの情報操作により疑わしき人物の通報が何千件と寄せられ対処しきれない始末。せっかく浮かび上がった容疑者も筆跡鑑定で外されてしまいます。この筆跡鑑定もおそらく昔と今では鑑定方法も違うのでしょうね。


すべてが水の泡となり虚無感に襲われるデイブ。相棒のウィリアムも担当から外され、たった1人で捜査を再開していきます。


そんな中、別の男がゾディアックに挑み続けていました。名はロバート。ゾディアックが初めて犯行声明文を送った新聞社で挿絵用の風刺漫画を担当していました。暗号を解くことに興味を抱き、いつしか1人でゾディアックの正体を突き止めようと、仕事を放り出し家庭を省みず、事件全体の謎と解明にのめり込んでいきます。


この作品は、殺人事件としてのサスペンスだけではなく、デイブやロバート、クロニクル社の記者ポールなど、ゾディアックによって人生を狂わされた人たちのドラマにも焦点を当てて描いています。


監督はデヴィッド・フィンチャー。「エイリアン3」、「セブン」、「ゲーム」、「ファイト・クラブ」、「パニック・ルーム」などヒット作が多いですね。どの作品にもシャープな印象が映像になって表現されているように思います。この作品でも無駄な映像、過剰な映像を削ぎ落とし鋭いイメージが作品全体の印象として残りました。


はたして、ゾディアックは逮捕されるのか。そして、ゾディアックの正体とは?


捜査に必要なのは、迅速かつ正確な情報伝達と高度な鑑識技術。管轄に捉われない協調性。そして、何よりも短期間で解決することが重要であると物語っているようでした。


サスペンスの中に人間ドラマを織り交ぜたことによって、2時間30分を超える長い上映時間になっても、シャープな映像とストーリーでロバートと同じようにゾディアックにのめり込んでしまいました。



★★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

とにかく怖い

映画館の帰りの夜道を歩きたくないくらい最高に怖かったです。ゾディアックって名前を聞いただけでドキドキしてしまいます。
けれど、このゾディアックという連続殺人鬼が、その特異性から大衆の関心を惹き付け、社会現象のようになってしまったのが一番怖いことかもしれません。


>saryaさんへ

怖かったですねぇ。
特に黒装束を纏った湖での犯行が・・・思い出すだけで怖い・・・。

メディアの情報操作と世論の関心を巧みに使った知能犯でしたね。
目に見えないものほど怖いものはないということなのかもしれませんね。


そうでした・・

サスペンスの部分ももちろんありましたが
主人公3人の人間ドラマでもありましたよね~。
結局は謎が解けないってわかってて見たわけですが、3人の人間ドラマにより深く惹かれました。

映像も派手な銃撃戦とかなかったのに
すごくインパクトのあるものがたくさんあって
さすがフィンチャー監督だな、と思いました。

そうそう、テレビ中継するなんて、たまげちゃいました~!こんな風にしたからこそ劇場型・・と余計に言われたり思われたりしたんでしょうね~。
視聴者の興味を引くネタがあまりにもありすぎましたし、恐怖心も掻き立てられたでしょうし。
日本では、ここまでの犯罪は今の所ないですよね。あって欲しくないけど。

TBさせていただきましたm(_ _)m


>メルさんへ

サスペンスの中に人間ドラマを織り交ぜて
重厚な作品に仕上っていましたね。

フィンチャー監督の洗練された映像美が好きです。

このような犯罪は、
情報の伝達が遅い昔だからできたのでしょうね。

TBありがとうございました。

でも、なぜか最近
メルさんのブログでTBできないんですよね。
しばらくしたら、TB返ししますね(^_^)v


監督の名前と顔

やっと分かりました。ひでさん、こんにちは!
でもほとんど作品を観たことがない監督もいて、
私はまだまだ映画好きとは言えないなあと思いました。。。

このデヴッド・フィンチャー監督の作品を、
私は一番多く観ているようです。
確かにヒット作が多いですからね。シャープさも好きです。

ゾディアック事件からして、興味をそそられる内容でした。
サスペンスと人間ドラマが絡んでいて良かったんですが、
さすがに2時間半は、ちょっと長かったです(^_^;


>YANさんへ

デヴィッド・フィンチャー監督作品は
観ているのにレビューしていなくて・・・(^_^;

これは特集レビューにて再見しなければ!

この作品はちょっと長かったですが、
疲れることはなかったかなぁと記憶しています。

キャストも良かったですね(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゾディアック」

ゾディアック 特別版ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 1969年7月4日、カリフォルニアでドライブ中のカップルが銃撃され女性は絶命したと警察に通報が入る。 通報者は最後に“犯人は俺だ”と言い残していた。約1ヶ月後、サンフランシスコ・クロニクル紙に手

ゾディアック

監督:デヴィッド・フィンチャー 製作:2006年 アメリカ 出演:*ジェイク・ギレンホール *ロバート・ダウニーJr.         ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。